« 義父が残してくれたもの | トップページ | 最近のあれこれ »

映画デート

20101023_n

土曜日はNと二人でデート。前々から二人っきえりの時間を作ってあげなくちゃと思って
いたのですが、ようやく実現。いくつか選択肢を与えた中から、映画館で「ポニョ」
(ちょうど今こちらで上映中なんです。)を観たいというので行くことに。

 

20101023_cinecitta1

向かったのはCinecittaというシネコン。2001年にオープンしたこの映画館は
19もの劇場があり、ドイツでは一番大きく、来館者数も多いそうです。
ジョージ・ルーカスが提唱するTHX対応型の劇場ということで音響も抜群。
とは言え、外観は旧市街の趣ある景色に調和させたのか、やや控え目な印象。

 

20101023_n_im_restaurant2

まずは腹ごしらえ。普段は、Lも一緒なので、なかなか落ち着いてNの話を聞くことも
出来ないのですが、この日は別。Nはご機嫌に、幼稚園の友達の話や、
単なるバカ話などを唐突に話してくれました。
自分でオレンジジュースを注文したと思えば、ちょっぴり恥ずかしがってみたり、
確実に成長しています。

 

20101023_cinecitta2

「ポニョ」は家にもDVDがあり、何十回と観ていますが、それでも、Nは同じところで
ゲラゲラ声を出して笑っていました。ポニョがリサの足の間をすり抜けたり、赤ちゃんに
顔をくっつけてグリグリする場面では、劇場内に響きわたるような笑い声をあげて。
ポニョが波にさらわれてしまう場面、魚の姿に戻ってしまう場面などでは、
怖がって膝の上に乗ってくるし、宗介がママを探す場面では、「Nちゃんのママはい
てくれて良かった。」なんて言ったり、まだまだ無邪気で可愛い子供です。

私にとってもドイツ語で鑑賞すると(こちらでは吹き替えが主流)お勉強になります。
ドイツ語だと、「バカ」が"Idiot"、「結構です。」が"Geh zur Seite(どいて)"
と訳されているなど、キツク聞こえてしまうのですが、ニュアンスの違いなのでしょうか。
また、本作では、宗介が母親のことを「リサ」と呼ぶのに対し、ドイツ語版では、
「ママ」と訳されていました。親を名前で呼ぶのは、抵抗感があったのでしょうか。

周りにはドイツ人の家族が6組ほど。彼らの反応も概ね良好といった感じ。
登場人物の表情が面白くて笑っていたり、笑いのツボが案外似ているかもと感じました。
ま、子供のあどけなさ、素直さ、面白さ、は万国共通ですからね。

 

20101023_rutschbahn

さて、映画のあとは、ちょっと体を動かしたくて、近くの公園でひと遊び。
金色に輝く木々のような、黄金の時間でした。
(疲れたのか愚図り始めて、お開き~、となるまでは。)

お留守番をしてくれた夫とLにも感謝。Lは一回も泣かなかったそうで、まったり男同士で
くつろいでいたようです。そんなことならまた近いうちにお願いしちゃいましょう。

 

20101023_bruecke

|

« 義父が残してくれたもの | トップページ | 最近のあれこれ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

いいな、いいな、母娘(おやこ)でデイトなんて・・。そのうち3世代のガールズトークも実現させましょう。

投稿: rosemary | 2010年10月29日 (金) 03時58分

rosemaryさん、そうですね、Lが生まれる前はよくデートしていたのですけれどね。貴重な時間です。3世代のガールズトークはLuzernのとき以来でしょうか。楽しみにしています。

投稿: ハイジ | 2010年11月 1日 (月) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/37406931

この記事へのトラックバック一覧です: 映画デート:

« 義父が残してくれたもの | トップページ | 最近のあれこれ »