« 音楽の都バイロイト | トップページ | つながり »

ドイツの最高峰ツークシュピッツェ

20101009_n_auf_dem_gipfel

旅行ネタが続いていますが、先週末は、ツークシュピッツェZugspitzeに行ってきました。
ツークシュピッツェと言えば、標高2962mのドイツで一番高い山。

 

20101009_kinder_2

友達家族と行ったのですが、まずは顔合わせ。  
これまで2、3回会ったことのあるメンバーですが、子供たちは最初は抑え気味。
エンジンがかかる頃には、競争はするわ、喧嘩もするわ、賑やかになるんですけどね。

 

20101009_bahn

山頂までは登山鉄道で。Lは身を乗り出して、やる気満々。やはり電車好き?
この登山鉄道、スイスでも見られるように、二本のレールの間にギザギザのレールが
敷いてあり、車両の歯車を噛み合わせて急勾配を進むようになっています。

 

20101009_zugspitze

終点で下車。山頂までは、さらにロープウェイに乗りますが、時間の都合で断念。
でも、ここからの眺めも十分素晴らしかったです。
所々に雪で覆われた岩肌が荒々しくも美しく、大自然に息を呑むひと時。

 

20101009_zugspitze3

岩をのぼったり、登山気分をちょっぴり味わう子供たち。

 

20101009_kinder_auf_der_zugspitze

子供たちはみんなコレクター。石集めに夢中。

 

20101009_fahne

バイエルン州のシンボルカラーである白と青の、メイポール。

 

20101009_babyzimmer

この日の宿は、キンダーホテル(子連れファミリー向けホテル)。
専属の公園やベビールーム、プールなどもあり、部屋にはオムツ用ゴミ箱や
ベビー音声モニターなどもあって、なかなか快適。

 

20101009_hotel_restaurant

夕食時。子供向けのメニューや貸し出してくれるお絵かき道具などは有難い限り。
欲を言えば、大人の料理がもう少し充実していたら良いけれど。

  

20101010_stockbett

部屋は二部屋に分かれていて、子供部屋には二段ベッドがありました。
絵本「リサのおうち」で滑り台付ベッドに触発されたのか、このところずっと
二段ベッドがいいなぁ、なんてことを言っていましたが、念願叶ったり。得意げです。
夜、落ちないか心配しましたが、杞憂でした。

  

20101010_rodelbahn

さて、次の日は、パパグループが4時間のハイキングに行く間、ママ&キッズグループは
別行動。まずは、Rodelbahnローデルバーン(台車に乗って下る滑り台。レバーでブレーキ
とアクセル操作が可能。)に初挑戦です。Nが乗りたいというので、しぶしぶ付き合った
のですが、これがなかなかスリリング。アドレナリン放出しまくりの朝でした。

  

20101010_nebel

その後、ロープウェイに乗り、標高2050mのOsterfelderkopfまで。
麓は霧が立ち込めていたのですが、雲海を突き抜けると、ロープウェイの乗客からも
「おー」という歓声が。

  

20101010_osterfelderkopf

太陽崇拝の傾向は、スイスでもドイツでも同じですね。

  

20101010_restaurant

レストランでも日光浴をする人、ビールをあおる人、みんなご機嫌です。

  

20101010_eis

ママグループと生主婦トークに明け暮れる間、子供たちにはご褒美のアイス。
無心に(変顔を気にせず)食べる姿が可愛いです。

  

20101010_rueckweg

その後、パパグループと合流し、日光浴を楽しんだ後に解散。四時間の長い帰途に
つきました。NはLが横で泣こうが、煮ようが焼こうが、爆睡でした。zzz

|

« 音楽の都バイロイト | トップページ | つながり »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/37240174

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの最高峰ツークシュピッツェ:

« 音楽の都バイロイト | トップページ | つながり »