« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

いざバーゼルへ!

20101120_rathaus

バーゼルに行きたいよ、と前々から言っていた娘。念願かなって、バーゼルへ週末旅行してきました。

  

続きを読む "いざバーゼルへ!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

女っぷり

20101103_nl

お姫様ブームが到来して久しいのですが、現在もピンク系・キラキラ系が好きだったり、ワルツなどがかかるとすまし顔で踊り出したり、マネキュアや子供タトゥーに目が輝いたり、相変わらずです。カメラ向けると瞬時にお姫様が憑依することも多々。

お洒落に関しては、ヘアバンドと冠をダブルで着けたり、オールピンクでドレスアップしたり、勘違いも甚だしいのですが、ま、家の中では好きなようにやらせています。

そうそう、この写真を撮るときは、鏡をジーッと見つめては、「ほっぺたが太って見える。」なんて言っていました。そんなことを気にするお年頃?なんて思いながら、Nの中に「女」が見え隠れするようになった気がします。私の化粧品の引き出しをあけては、「これは何のクリーム?」なんて聞いたり。「ママは笑っていなくても、ここにしわが出来てるよ。」なんて、法令線を指摘。いや~、まいりました。

それにしても、Nのガーリー振り、Lの言葉使いなどにどう影響するのでしょうねぇ。。。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

L、祝一歳

L_geburtstag

この子がお腹に宿って喜んだのもつかの間、そのあとは、出血や腹痛が続きました。心配で心配で昼も夜もおちおち寝ていられないといった妊娠初期。それを乗り切って、無事に生まれてくれたときは、一人目のときと同様、嬉しさで涙しました。

予定日より早く2440gで小さ目に生まれてきましたが、今や8.7kg(自宅計測)。お姉ちゃんの予定に振り回されたりしていますが、それでもちゃんとついてきてくれています。性格は、穏やかで、よく寝てよく食べ、手のかからない楽ちんな子。これまでは。最近は、歯が生えてくる痛みからか(すでに7本生えていますが。)、意思表示がはっきりとしてきたからか、叫んだり、嫌なことは嫌!と言わんばかり手をバタバタさせ顔を横に振ったりすることもあります。お姉ちゃんを噛んで泣かせたことも何回かありました。階段を登りきったり、激しい遊びで歓声をあげたり、やんちゃな面も見せ始めています。これからどう成長していくのでしょう。楽しみでもあり、怖くもあり。

一人目のときは、私自身が慣れない育児にがむしゃらになっていた節もありますが、二人目は多少余裕というか、お気楽な部分(怠け癖?)もあります。でも、ま、こんな子供との適度な距離がいいのかな、なんて思ったりもしつつも、初心を忘れるべからず、と言い聞かせています。とにかく、元気に健やかにたくましく育ってくれていることに感謝して。そして、支えてくれた家族・友達にも感謝して。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

看病

Blumen

Nの風邪が治ったと思ったら、次はL。そして私、と見事に風邪菌のリレー。症状は皆同じで、嘔吐と微熱。Nは数日、Lはなんと半日!で回復しましたが、私は年の功で全快までは一週間ほどかかるのでしょうか。。。でも、年末にかけて、バーゼル小旅行、友達の訪問、日本への里帰りが控えているので、今のうちに風邪をひいておいて逆に良かったのかも。

いっときは、本当に具合が悪く、トイレにも這っていくような状態。でも、少し回復して、天井を眺めていると、子供の頃の思い出がよみがえってきました。母がおかゆを食べさせてくれたり、プリンなどをリクエストするとすぐに買ってきてくれたり、手厚い看病を受けたこと。あの甘やかされ感が好きでした。

病気のときこそ、優しさが身に沁みます。言ってみれば、親の愛を表現する場でもあるのかもしれません。健康にこしたことはありませんが、病気のときこそ、親である私が子供たちに優しさを分けてあげられたらな、なんて思います。

それにしても、はちみつたっぷりのErkältungstee(風邪に効くお茶)やZwieback(甘くないラスク)をもってきてくれる夫には悪いのですが、こういうときに体が欲するのはおかゆなんですねぇ。おかゆの作り方、再度教えておかなくちゃ、と思ったりもしました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ランタン行列

20101028_laterne

日本ではハロウィン一色の頃、ドイツの子供たちが楽しみにする晩秋の一大イベントと言えば、聖マルティンの日のランタン行列。聖マルティンはローマの騎士、のちにカトリック司教で、寒さに凍えそうな物乞いに、自分のマントを半分に裂いて分け与えたという言い伝えが残っています。その聖マルティンを記念して、11月11日には、子供たちがランタンを手に、歌を歌いながらゾロゾロと練り歩きます。

 

20101028_laterne_basteln

娘の幼稚園では、数週間前に、母子一緒にランタン作りに励みました。まずは厚画用紙に、星や月の型をなぞって切り抜きます。その穴が隠れるよう、薄い黄色のセロハン用紙を張るといった具合に。Nは、星を切り抜く以外はほとんど自分でやりました。(なんせLが動き回るので、おちおちNの手伝いをしてあげられなかったという事情もありますが。)

  

20101111_laterneumzug

そして、当日は、日が暮れる17時前に幼稚園に集合し、教会までの距離を30分ほどかけて歩きます。夜、出歩くことのスペシャル感も手伝って、誇らしげに自作のランタンを持つちびっ子達の笑顔が生き生きしていました。

そして教会では、カメラを手にした父兄の前で、習った歌を4曲を歌います。勿論、フラッシュの嵐。伴奏よりどんどん早くなってしまう子供たちの歌声がかわいらしかったです。

  

20101111_ni

Nが家でも口にしていたのは、"Ein bisschen so wie Marin(マルティンのように)"という歌。分け与えることの大事さ、がテーマになっています。

一通り終わった後は、グリューワイン(スパイスがきいたホットワイン)とWienele(ウィンナーソーセージ)入りのサンドウィッチを頬張りながらの歓談の時間。先生数人ともNのことについて話し合ったりしましたが、あたたかい目で一人一人をよーく見てくれているなぁと実感。この幼稚園の事は別途書きたいと思っていますが、本当に素晴らしい幼稚園です。

  

20101111_l1

つい出番が少なくなってしまうLですが、この日も参加。ずっと体調がすぐれなかったのですが、ランタン行列のために、見事に回復してくれました。お姉ちゃんたちにちやほやされたり、追いかけられたり、楽しいひとときが過ごせました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一山去って

20101105_n_2

このところ、我が家は誰かしら軽度の風邪っぴき、といった状況でしたが、とうとう先週はNがダウン。幼稚園から帰るなり、嘔吐。あまりにも激しく吐くので、食中毒かと思いましたが、どうやら胃腸風邪だったようです。今はすっかり回復して、「あー、ちょっと静かにして」と思うほど騒がしい我が家です。

初日は熱も少しあり、目もうつろ。。。一時期は水を飲んでも吐いてしまい、起き上がるのもままならないといった弱りようでした。二日目になってようやく何か食べるというので、リクエストを聞いてみると、「おかゆかうどん」とのこと。普段は、お腹がすくと「ハムない?」なんて尋ねる欧米舌の子(いや、私がもっと和食を作ればよいのですが。。。)なのですが、やっぱり日本人だなぁ、なんて緊急時にちょっとだけ嬉しくもなったりしました。おかゆとうどん、もちろん作りましたよ。

  

20101105_n_am_lesen

普段は昼寝もせず、「眠たくないもん」が口癖のNですが、珍しくベッドで、そして少し回復してからはソファでおとなしく横になっていました。眺めているのは、ちょうどばぁばが送ってくれたしまじろうの教材。今月号は食べ物の行方?ということで、体の中がどうなっているのかなどが特集されており、Nは興味津々でした。

  

20101105_nl

Lも、いつも笑わせてくれる相手の様子が変、と感じたのでしょうか。心配して、噛んだり、ちょっかい出していました。(^_^;)

  

20101107_n_am_telefon

元気になったところで、お友達と電話。「お昼ご飯は何食べたのー?」「この間の電話は面白かったけれど、今日はまあまあだねぇ。」「手に何もっているかわかる?」といった他愛もない会話が繰り広げられていましたが、大分回復した証拠で、よかったよかった。

  

20101107_l_mit_bobby_car

Lと言えば、ゴッドファザーから一歳の誕生日にということで、いち早く送ってもらったBobby Carに夢中。まだ、座っても足が届かないので、押し車と化していますが。

そんなこんなで看病に明け暮れた週末でしたが、トレフというドイツ人と日本人の集まりに参加したり、ご近所さんをアペロに招いたり、夫は夫で同僚の誕生日やINSEADの会に参加し、バタバタとアッという間に過ぎ去ってしまいました。そして、今日は私は洗濯物の山と格闘。。。

巷では風邪が流行っているようですが、みなさまもどうぞお大事に~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アトリエ訪問

Bilder

ニュルンベルクに来て初めてお知り合いになることのできた日本人、Dreamerさんは絵の先生。子供たちの絵画教室を見学しますかとのお誘いを受けて、前々から興味があった私は勇み足でアトリエにお邪魔してきました。

家の中は、アジアの高級リゾートホテルさながらの雰囲気。世界をあちこち旅行されているDreamerさんご夫妻が各地で仕入れてきたのであろう調度品が、センスよく飾られていました。そして、壁には、Dreamerさんの描かれた絵が並んでいて、まるで美術館のようでもあって。

  

Atelier

絵画教室を行うアトリエはこちら。スペースといい、揃っている道具といい、本格的。アクリル、水彩、油絵等、いろいろあるようです。今回、絵画教室に参加した子供たちの年齢は平均6歳といったところでしょうか。「先生、色が無いよ」「先生、この色は違う?」「先生、次はなにするの?」などと言った質問が次々と湧き起って、賑やかで活気のあるレッスン風景でした。先生の気さくで、明るい雰囲気に惹かれてくる生徒さんも多いのでしょうね~。二時間のレッスンでしたが、キャンバスに描かれたのは本格的な絵。子供たち、先生に、お見事!です。

絵が好きなNにもぜひこちらで習うことが出来たらな~、と思いました。ただ、Nは、かなりマイペースで自己流なので、すんなりと模写ができるかが、やや懸念されます。ま、4歳児といえば、見たことを描くというより、知っていることを描きたがりますからねぇ。身の回りで起きた出来事、はたまた自分の心の奥や願いといったことが絵に(時々は物語となって)反映されます。ということで、時期を見計らってということになりそうですが、(その前に私が習いにお邪魔しそうですが)お願いしようと思っています。

   

20101104_n_bildbaum

そういえば、数か月前、Nはお絵かきをしなくなった時期がありました。当時は「一緒にお絵かきをしよう」と誘っても、逆効果でした。そして、たまに絵を描くといったら、ひたすら模様をちまちまと書く次第。。。今になって思うのですが、単にお絵かきに飽きただけではなく、弟の誕生、引っ越しや通園などが重なり、精神的にも混乱していたからではと思います。絵は心理療法でも使われる通り、自分自身と向きあうこともあり、絵には自分のその時の姿や思いが投影されることもありますから。

 

20101104_n_bildfamilie

このところ、本人は一人遊びをするときといったら必ず絵を描いています。再び絵に対する情熱が戻ってきてくれたようで安心していますが、このままNが好きなお絵かきを見守って、上手にタイムリーにサポートしてあげたいなと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近のあれこれ

20101029_plattenersberg

気が付けば今年も残すところ2か月。
今月はバーゼルへ小旅行、12月は里帰りを予定しているので、
アッという間に過ぎてしまいそうです。

  

20101030_n_im_playmobil_funpark3_2

Nは幼稚園に通うようになってから、季節の変わり目であることもあることも加わり、
鼻水あるいは咳の症状が続いたりしています。でも、ダウンすることはなく、
元気いっぱいで、体力はますます増強中といったところ。

   

20101028_l_apothekeschrank

Lにとってハイハイ・伝い歩きはすっかりお手の物。行動もスピードアップし、大胆果敢に
あれこれ触りまくったりしています。子供たちに付き合わされて親はヘトヘト。。。

記録しておきたいことは山ほどあるのですが、なかなかタイムリーにアップ出来ない
もどかしさを感じつつも、今はとにかく体力温存で、時間があったら寝ておかなくては
という危機感のようなものも働いている今日この頃。
そんなんで、撮りためたスナップ写真をまとめてざーっとご紹介。

  

続きを読む "最近のあれこれ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »