« いざバーゼルへ! | トップページ | クリスマスの足音 »

クリスマス前の来客

20101127_sn1 

雪の降る先週末、バーゼルからはるばる友達家族が遊びに来てくれました。クリスマスマーケットへも一緒に繰り出し、一足早いクリスマスも満喫。瞬間、瞬間が輝いていたような週末でした。ずっと心に留めておきたい、そんな瞬間たちを一部ご紹介。

  

20101127_hauptmarkt

土曜日はいざクリスマスマーケットへ。ドイツで最も名高いニュルンベルクのクリスマスマーケット。アドヴェントが始まったこの時期は、街がさらに美しく華やいで見えます。

  

Kinderweihnacht

まずはクリスマスキンダーヴァイナハトという、子供向けの乗り物やお店が集まっている一角へ。こういう場所は、家族連れにとっては有難いですね~。子供が多少大声を出そうが、バギーを押していようが、気分的に楽です。

 

20101127_kinderweihnacht2

ここのメリーゴーランドはクラシックで、ノスタルジック。きっと、子供たちを連れている親も、子供の頃乗ったことがあるのかもしれませんね~。
Nは、寝不足と寒さにやられ機嫌が悪く、「パパと手をつなぎたかったのにー。」と泣きべそをかいた顔です。

  

20101127_crepe

体をあたためるべく、グリューワインやらクレープ、フラムクーヘンを注文。外で食べるとどうしてこう美味しいのでしょう。S君もようやくありつけたクレープを頬張り、ご満悦。

  

20101127_cafe

どうにも寒くて(Nも愚図るので)、カフェに一時避難。ホットチョコでエネルギー補給です。この季節、必然的に甘いものの消費がグーンと増えちゃいますねぇ。

  

20101127_keiserburg

カイザーブルグへも行きました。うっすら雪化粧しているお城はまた風情あり。

  

20101127_kataguruma

カイザーブルグまでは結構な坂道。行きは頑張って歩いた子供たちですが、帰りはやや甘えモードで、肩車をおねだり。お父さんたち、お疲れ様です。

  

20101128_sn1_2

家でも、なにやら楽しそうでした。S君とNが二階にいったっきり静かだなぁと思っていたら、階下に降りてきた二人はこのような装いに。子供は変身が好きですが、突然奇想天外なことをやらかしてくれたり、なかなか笑わせてくれます。

  

20101128_sn2

Nのお気に入りスポットで(と言っても、リビングのソファの上ですが。)S君とおえかき。親が先導しなくとも、適当におえかきしたり、おままごとしたり、そういう点では手がかからなくなりました。さすが四歳児。

  

20101127_schlafen

夜寝る時も一緒。二人してお布団にもぐってキャッキャッ言い、楽しくて仕方がないといった様子でした。お風呂もなんの躊躇もせずに一緒に入りましたが、友達が言うように、来年になったら恥ずかしがって入らなくなるのでしょう。男女を意識せず無邪気に遊べるのも今だけなのかと思うと、ちょっぴり寂しいような。

  

20101127_ml1

一歳児たちも仲良く。L、可愛いMちゃんに手を出しています。まなざしだって、なんか違うような。。。なかなか隅に置けないぞ。

  

20101128_ml

タイムリーにいただいたゴッドファザーからの玩具。Furry Frenziesのものですが、動きがランダムで案外面白いのです。動き回るねずみにしばし食いついていました。

  

20101128_mn

NはMちゃんに対して、お姉さん気取り。(あくまでも気が向けば、ですが。)Mちゃんの手をひいてあげています。Lが生まれる前はよく、妹が欲しいなぁと言っていましたっけ。

  

20101127_kinderweihnacht1

Nは、そんな優しい女の子らしいところを見せてくれる反面、S君が何かイタズラをした時などは、鬼の首をとったかのように、「S君がこんなことをしたー、ダメだよねー、」などと威勢よく告げ口をしにきます。思いっきり、自分のことは棚にあげているんですけどね。でも、子供たちはお互いに、そんな様子も目にしながら、客観的に自分のことも見れるようになっていくのでしょうか。

  

20101128_garten2_2

最終日は遅めの朝食の後に、お庭で雪遊び。パパ達が雪だるまを作るなど熱心に遊ぶのとは対照的に、子供たちはノリがいまいち。。。Nは手が冷たいと泣き出したり、鬼ごっこをして、つかまった途端に泣き出したり。(ま、鬼ごっこを本格的に楽しめるのは小学生になってからなのかな。)

  

20101128_garten3

でも、その後、子供たちは自ら木に登り始めたり、木や柘植に積もった雪を払い落としたり勝手に遊びはじめました。親の介入が裏目に出ることってありますねぇ。

  

20101127_s1

起きた瞬間からテンションが高いSくん。ムードメーカー的な存在で、いつもお茶らけては、Nが爆笑するというパターンでした。また、SくんはNの仕切りたがり屋な面を受け止めてくれるキャパ・素直さも併せ持っています。そんな二人は大きな喧嘩をすることもなく、四歳児らしい、微妙にズレているけれども、掛け合い漫才のような楽しいやりとりを展開させ、親たちを大いに笑わせてくれました。一方で、MちゃんとLは、ひたすら癒し系。これからの絡み合いが楽しみです。

  

20101128_kinder_2

段々と遊び方も発展してきた子供たちの成長を、こうして親同士で喜びあえることは幸せなこと。ちょっと早い、クリスマスの素敵な思い出が出来ました。友達家族に感謝!

|

« いざバーゼルへ! | トップページ | クリスマスの足音 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/37928338

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス前の来客:

« いざバーゼルへ! | トップページ | クリスマスの足音 »