« 姉弟の風景 | トップページ | 習い事 »

博物館でお絵かき

20110130_malstunde_2

日曜日10時過ぎ。向かった先はゲルマン国立博物館。博物館で子供向けの「お絵かきの時間」が設けられていると友達に教えてもらい、早速行ってみました。

ゲルマン博物館は、ドイツ最大規模の文化史博物館だそうで、広いというのが第一印象。その一角にありました~、子供を対象としたお絵かき工房。

大きめの汚れたスモック(というか、大き目のシャツ)をはおる時点で、気分も高まります。そして、スタッフの説明を簡単に受けた後、筆、絵の具などを各自が用意し、好きな画用紙を選んで自由にお絵かきスタート。モチーフも決まっていないし、特に描き方に関して指導がある訳でもなく、あくまでも自由に。

付き添いは必要ないので、スタッフの監督のもと、子供4人だけの静かな時間。大人が館内をゆっくり観てまわれるための配慮なのでしょう。(我が家はNが一人でも大丈夫そうだと見届けた後、Lが愚図りそうな気配だったので、散歩に出かけましたが。)

Nは小さ目の画用紙を選らんで、原色をまぜながら、独自の色を出すのを楽しんでいたようです。草の色、本人も気に入っていました。

そして、終わった後は、近くの回転寿司で。一皿1ユーロなので、百円寿司といったところなのでしょうが、もちろん日本と比べはいけません。でも、そんなちょっとしたイベントが週末のアクセントになって心地よかったりします。

またNを連れていってあげたいな。もちろん、博物館めぐりも楽しみにして。

Germanisches Nationalmuseum
Sonntag 10.45-12:15
Kindermalstunde (für Kinder ab 4 Jahren)

|

« 姉弟の風景 | トップページ | 習い事 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

博物館で子供お絵かき体験なんて、なんて贅沢。ゆったりして、好きな色を自由に、何を描いてもいい、なんて好い環境ですね。お絵かき好きなNちゃんは、さぞ嬉しかったことでしょう。そして回転寿司に立ち寄って・・・・なんて、ドイツと日本のいいとこどり。小さい子供のいる週末のアクセント、気の利いた過ごしかたですね。羨ましい・。

投稿: papaya | 2011年2月 5日 (土) 02時41分

papayaさん、そうですね、Lもいるので、最近はなかなか絵の具の用意をしてあげられないので、今回、絵の具の感触を楽しんでいたようです。しかも、一時間半のお絵かきの時間は、たったの2ユーロなんですよ。ベビーシッターさんの相場が10ユーロなので、なんてお安いのだろうとビックリでした。日本でこのような企画があったら、きっとウェイティングリストが出来ちゃいますよね。
ちなみに、回転寿司のお店で働いているのは、ベトナム人やタイ人なのですが、従業員が横でマックのハンバーガーを食べていました。それまた、ドイツだなぁ、と。

投稿: ハイジ | 2011年2月 5日 (土) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/38729898

この記事へのトラックバック一覧です: 博物館でお絵かき:

« 姉弟の風景 | トップページ | 習い事 »