« 友達の絵画展 | トップページ | チューリッヒへ »

L、1歳3カ月

20110120_zaehneputzen

L、1歳3か月。
写真の整理をしていたところ、できることが増えていることに改めて気が付いた次第。。。慌てて、記録をつけておくことにしました。

20110122_stereo

DVDプレーヤーやステレオ機材が好き。いつの間にか、DVDをケースから取り出し、プレーヤーに出し入れすることだってできるように。Nの時には、段ボールで衝立を作ったりしましたが、さすが(?)二人目、放ったらかし自由放任です。。。

  

20110212_l_kueche

キッチンにもよく出没します。脚立を押して、自分の行きたいところに移動させることも出来るように。この後、カウンターに置いてあったコーヒーカプセルをかじって、中身が出てきたので、あわてて取り上げることになったんですけどね。

  

20110213_treppe_hinauf

階段をのぼるのも相変わらず好き。私に見つかって、追いかけられる瞬間がさらに好き。

  

20110127_l

歩くスピードもアップ、歩きながら方向転換するのも上手になりました。口に物をくわえて歩くなんて芸当も、お手の物。

  

20110128_l_beim_fenster 

窓際で何か喋っています。口をとんがらかせて「ダブーアンジャービダ〇×△、、、」と訴えている僕チン。 さてはて、どう反応していいものやら。

 

20110212_l_in_der_kueche

これまた、キッチンで真剣にしゃべっている姿です。演説でもしているみたい。

  

20110127_nl

指をさして抗議することだってできるんですよ。お姉ちゃんのアイスクリーム、ぼくだって欲しい!と訴えています。

  

20110207_nl2

もちろん、仲良く遊ぶことだってできます。(短時間限定ですが。)

   

20110207_nl

お姉ちゃんのおふざけにだって、笑ってつきあうんですから。

  

20110127_jungle_gym

これからも日々成長する姿を見せてもらいましょう。でも、ゆっくりでいいからね。

|

« 友達の絵画展 | トップページ | チューリッヒへ »

「育児」カテゴリの記事

コメント

日々成長する子供に目を細めながら、でもゆっくりでいいからね・・とぽつり。その気持ちよくわかります。なんたってこのくらいの年頃はあっという間ですから。どの顔も表情豊かで、ハイジさんのコメントがまた面白い。個人的にはふぐのように膨らんだほっぺ、お姉さんのアイスクリームを指差して僕にもちょーだい、が可愛いと思いました。出来ることが一杯増えてきたなかで、「お姉さんのおふざけにだって笑ってつきあう」には、とうとう、吹き出してしまいました。

投稿: papaya | 2011年2月19日 (土) 12時23分

ほんとうにね、子どもっていつの間にか成長するのですよね。一緒にいると気づかないもののようですが、孫が埼玉にいて3ヶ月に1かい子育て支援に通っていたころ良く思いました。
赤ちゃん言葉が続いた子です。ごめんなしゃい、とかあのお店ちゅぶれたんだよ、とか4しゃいとか、母がいないストレスからかなと気にしたことが思い出されます。でもあるとき行ったらきれいさっぱりなくなっていて、淋しかったのを思い出します。大人って勝手ですよね。
L君もどんどん出きることが増えていく時期、なかなか会えないおじいちゃんおばあちゃんはたまに会うとビックリですよね。

そして私たちは、逆に出来ていたことが少しづつ出来なくなっていく年代に入ります。その時期を少しでも送らせようと、日々精進するのです。rosemaryおばあちゃんはスポーツタイプの自転車で颯爽と走っているようですよ、まだまだ大丈夫そうです。

投稿: すーさん | 2011年2月20日 (日) 09時01分

歩き始めると、お母さんは目が離せなくて大変ですよね~。
主張する時のちょっと大人っぽいL君の顔がまた可愛いです♪
これからも日々成長。たのしみですね!

投稿: さおりん | 2011年2月22日 (火) 21時14分

Papayaさん、きっとPapayaさんならNとLの絡み、想像つきますね。相変わらず、じゃれあったり、喧嘩をしたりの、賑やかな毎日です。
プクーっと膨れた横顔は、デフォルメされたヒッチコックの横顔のようでもありますが。眉間のしわ、尖がり口は、そろそろLのトレードマークになりつつありますが、これまた可愛いもんです。

投稿: ハイジ | 2011年2月28日 (月) 12時33分

すーさん、そうなんですよねぇ、親は勝手なもんです。Nがはしゃぎまくっていると、もっと落ち着いて欲しいと思えば、静かだと元気がないのかな、なんて心配したり...。子供のありのままの姿を認めるのが大事だとわかっていながら、すぐに親の思う通りにならないかなと期待しちゃう。よくよく思えば、子供の方こそ振り回されてばかりなのかもしれませんね。
赤ちゃん言葉、心配だったでしょうね。Nも2歳の頃、一時期吃音になってしまって、相当心配しました。でも、親が心配したり、過剰に反応すると悪化してしまうと聞き、普通に接するようにしましたが、これがなんとも難しかったです。
たまたま、昨晩はベンジャミンバトンの映画がTVで放映されていたので観たのですが、赤ちゃんも老人も似ているのかも、、、なんてことを考えていました。

投稿: ハイジ | 2011年2月28日 (月) 12時38分

さおりんさん、ご訪問ありがとう!実は一昨日の晩、チューリッヒから帰ってきました。一週間、スキー休暇と称して、あちらで過ごしてきました。天気はずっと悪くて、スキーに行けたのも一日だけ。でも、夫の実家でぬくぬくと過ごすのも悪くなかったです。当時はあれだけ毛嫌いしていたスイスジャーマンも、なんだか懐かしかったです。
リンクもぜひに~。のちほど、やってみますね。

投稿: ハイジ | 2011年2月28日 (月) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/38915538

この記事へのトラックバック一覧です: L、1歳3カ月:

« 友達の絵画展 | トップページ | チューリッヒへ »