« L、1歳3カ月 | トップページ | 初スキー »

チューリッヒへ

Karte

スイスでは列記としたスキー休みがあります。それにのっとって、一週間の休暇を取り、チューリッヒの実家に行ってきました。

車で約5時間。途中、休憩をはさみながら。
Lは、うち1時間ほどしか寝ませんでしたが、殆ど愚図らず。

 

Nl_autohof_2

ジッとしていられないお年頃、やはり車から降りて休憩をするときには、嬉しくてたまらない様子。

 

Rheinfall

道すがら、ということで、シャフハウゼンのRheinfall(ライン滝)にも立ち寄りました。これはヨーロッパ最大の滝。落差はそれほどでもないのですが、幅が150mほどもあり、雪解け水も加わってか、さらに豪快な印象。ダイナミックNは「あひるがいたら、どうしよう、溺れちゃうかな。」などと心配していました。

それにしても、あれほど毛嫌いしていたスイスジャーマンが耳に入ってくると、ついホッとしてしまいます。COOPやMigrosの看板にも郷愁を感じるなんて、スイス在住歴が長くなってしまった証拠かしら。。。

 

Familie

そして、実家に到着した後は、義姉家族も集まり、皆で食卓を囲みます。 

夫の誕生日でもあったので、ケーキで一しきりのお祝いを。

Nl

その後、数日間、雨の日が続きました。せっかくスキーをと意気込んでいたのに、出鼻をくじかれっぱなし。ま、家でぬくぬくと過ごすのも、悪くはないんですけどね。義父はNをプールに連れ出してくれたり、義母には3食ご飯を作ってもらったり、結構極楽~。

夫の実家に一週間も一緒にいるというと「大丈夫?」「居づらくない?」なんてよく聞かれますが、いやいや、家で二人の子供につきっきりでいるより、ずーっと楽だったりします。義両親は、懐が広く、実直で、裏表がないのです。あまりにも善良過ぎて、昔はそれがウソっぽく感じられたり、あるいは眩し過ぎたりしましたが、今や、尊敬してやまない人たちです。

|

« L、1歳3カ月 | トップページ | 初スキー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

スキー休暇があるなんて、羨ましい。こちらでは夫の育児休暇約して、育休の話題が上るようになりました。堂々と休みを取るのは難しい現実です。というのも実行するお父さんはマスコミが取り上げるくらいですから。早く普通になるといいのですが・・。5時間のドライブでもチューリッヒに行く価値がありますね。車から解放されたお二人さん、特にLくんの顔が嬉しそう。歩くのが楽しくて仕方ないって感じ。両手でバランスをとるのでしょうか、歩くカッコウがペンギンさんみたいで可愛いです。

投稿: papaya | 2011年3月 5日 (土) 09時04分

papayaさん、スキー休暇ともスポーツ休暇(スキーに行けない人もいるかもという配慮から)ともいうようですが、州によって、この時期がズレているので、どこへ行ってもそれほど混まないというメリットがあるようです。年末年始の休みとイースターの休みの間にあって、ちょうどいい具合なのです。義姉家族も、毎年ヴェルバルトで一週間滞在し、スキー三昧の日々を送っています。
歩き出した頃はNもペンギンでした。http://gruezi.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_2575.html 懐かしいなぁ。。。

投稿: ハイジ | 2011年3月 5日 (土) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/39071262

この記事へのトラックバック一覧です: チューリッヒへ:

« L、1歳3カ月 | トップページ | 初スキー »