« 熱海温泉旅行 | トップページ | 姉弟の風景 »

日本で感じたこと

Japan1

2年ぶりの日本。カルチャーショックとまではいかないものの、改めて不思議に感じたことなどを書き留めておきます。あくまでも、個人的な雑感ということで。

  • 時間の流が違う(期間限定で来ているせいもあるが、常に時間に追われる気が。全体的にせかせかした印象。)
  • 音がうるさい (駅のアナウンスから勧誘・呼び込み、トイレにまで音楽が流れていたりする。)
  • サービスが良い(どこに行っても店員さんが多く、笑顔で対応。丁寧過ぎて、こちらが恐縮することも。人件費の低さに加え、日本人の生真面目さにもよるのかも。)
  • 街並みがにぎにぎしい (電線や広告の類が多く、建物もバラバラ。人口密度以前に、規制が不十分だからか。)
  • 生活が便利(24時間営業のコンビニエンスや郵便局、スーパーも22時まで。日曜日もオープン。宅配便の普及。ただ、その反面、「忙しい」という弊害も。)
  • 物があふれている(ごちゃごちゃと楽しい。目がチカチカとするほど。)
  • 買い物が楽しい(可愛い商品、かゆいところに手の届く商品多し。)
  • 女性が小奇麗でお洒落(N曰く、日本人女性は目の化粧が濃いからすぐ判別できるとのこと。若い人の顔がみな同じに見えちゃったりも。)
  • 子供たちが薄着&元気(家の中で裸足、外でも半ズボン。ドイツでは虐待になってしまうかも。かといって、大人になると体感温度が高いのは外国人だったり?)
  • 掃除のポイントが違う(日本は、とにかく掃除機をこまめにかける。ドイツでは、
    カルキとの戦いで、水洗い場の掃除に重点。)
  • お手洗いにタオルがないのが不便(日本ではハンカチ必須。)
  • 水がやわらかい(髪の毛や皮膚の状態が改善。)
  • 天気が良い(空が鉛色でなく、青いことが新鮮。)
  • アメリカ傾倒(海外といえばアメリカ、みたいな。韓国語、中国語も増えてはいるようだが、圧倒的に英語、ローマ字があふれている。)
  • すべてが小さくて可愛い(掃除機も扉もすべて軽いのでビックリ。反面、ドイツにいると必然的に力がつく。)
  • 運転のマナーが悪い(日本特有の道路事情にもよるのだろうが、路駐したり、中央車線をはみだして運転したり、追い越し車線と走行車線の区別がなっていなかったり、住宅街なのにかなりのスピードを出していたり。)

と到着後、一つ一つに驚きを感じたり、感動したりしていたのですが、滞在日数を重ねるうちに、だんだんとその気持ちも薄れ、なじんでいく自分がいました。なによりも、日本語なので、黙っていても言葉が耳に入ってくるし、勝手を知っているので、安心して生活できるということが大きいんだと思います。

とは言え、完全に同化する訳ではなく、どこか客観視しているところもありました。もはやここには住む場所が無くビジター感覚なのか、時間が経ちすぎてしまったからなのか。。。ふるさとは遠きにありて思ふもの、なのかもしれません。

それにしても、ずいぶん長いこと日本のことをひきずってしまいましたが、いい加減気分を切り替えて、今、目の前の生活にフォーカスしなくてはいけません。そんな風に思っている矢先のこと。今朝、パンを買いに行き、小銭が無いので、50ユーロ札を出したところ「小銭ないの?困るのよねぇ。」の一言を浴びました。改めて、ドイツに居ることを実感した瞬間でした。あ、でも、パンは美味しかったですよ。

|

« 熱海温泉旅行 | トップページ | 姉弟の風景 »

帰省」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

室生犀星も、ふるさとは 遠きにありて 想うもの と歌いましたが同じ気持ちでしょうか?石川啄木の歌には、ふるさとの 訛りなつかし停車場の ひとごみの中に そをききにゆく など故郷を想う気持ちと相容れない風土や習慣や環境などがあるのは当然かもしれませんね。
外国の暮らしが長くなる分、日本で生活するのは大変、という人をが多くいます。ハイジさんも同じ思いをされたのでしょう。好いところも歩けど、改善すべきことがたくさんあります。騒音も其の一つでしょう。今日もスピーカーを大きく鳴らし「エアコン、ステレオなんでも引き取ります。」とか「もの干し竿10年前のお値段です」とか自治体の防犯パトロールが暗くなる前に洗濯物を取り込めなどなど、など、かないません。余計なお世話と、呟くくらいの抵抗しか出来なくて、日本もなかなか住みにくい・・・・。静かな山の中に引っ越したいくらい・・・。

投稿: papaya | 2011年2月 5日 (土) 03時13分

papayaさん、たしかに外国の暮らしが長くなる分、日本で生活するのは大変、と思うのもわかるような気もします。でも、反対に、日本の良さもしみじみと実感することもあるかもしれませんね。歳をとると、外国語からどんどん忘れていくそうです。なかなか意思疎通ができなかったり、言葉が分かったとしても文化の違いをことあるごとに感じたり、難しさも痛感します。また、以前は毎日洋食でもOKでしたが、胃が和食を求めてしまったり。まだ先かもしれませんが、老後のことを考えると、日本の方が住みやすいだろうなぁと思ったりすることもあります。
でも、おそらく、我が家の場合、ニュルンベルクに永久に住む訳ではなさそうですからね。。。隣の芝生は青く見えてしまうこともあるので、今住んでいる場所でいかに良いところを享受していくか、でしょうね。あとは、フットワークを身軽に、そして家族が結束していることでしょうか。

投稿: ハイジ | 2011年2月 5日 (土) 21時27分

よんでいて面白かったです。
人間、現在の生活にいかに満足して、小さな幸せをみつけていくか、ってことですねえ。
お互い海外生活、がんばりましょう。

投稿: | 2011年2月15日 (火) 07時00分

えっと、どちらさまでしょうか~?海外で頑張っているお友達ですよね?
コメント、ありがとうございました。隣の芝生は、、、という傾向が私にはあるんですよね。でも、それだといつまでたっても幸せにはなれない。一生は一回だけなのに、それじゃ損ですもんね。がんばりましょう!

投稿: ハイジ | 2011年2月15日 (火) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/38683677

この記事へのトラックバック一覧です: 日本で感じたこと:

» 見た目!?衝撃的なシューズ「Globe」 [Globeは見た目のインパクト大!ですが、健康への効果も期待できます。]
指がわかれているシューズは、当然、指がバラバラに動きます。まるで、素足でカカトだけがしっかり補強された感じで歩けます。指と指の間はメッシュ生地で蒸れずに心地いいです................. [続きを読む]

受信: 2011年2月 3日 (木) 06時39分

» 見た目!?衝撃的なシューズ「Globe」 [Globeは見た目のインパクト大!ですが、健康への効果も期待できます。]
指がわかれているシューズは、当然、指がバラバラに動きます。まるで、素足でカカトだけがしっかり補強された感じで歩けます。指と指の間はメッシュ生地で蒸れずに心地いいです................. [続きを読む]

受信: 2011年2月 3日 (木) 06時42分

» 裸足感覚なら!「Globe」は5本指シューズです! [Globeは5本指シューズです。多くのメディアでも紹介され始め、注目を浴びています。]
カイロプラクティクスの医院長も「整体師として5本指シューズGlobe【グローブ】が最も優れていると思う部分は、外反母趾や内反小指、モルトン病※などの予防につながる事だと思います。」と言っています。そんな、G..................... [続きを読む]

受信: 2011年2月 8日 (火) 10時11分

« 熱海温泉旅行 | トップページ | 姉弟の風景 »