« とある冬の週末2 | トップページ | ドイツのIKEA »

科学する心

20110207_n

「雲はどうして浮いているの?空気を含んでいるから?」と尋ねる娘。
ちょうど今、幼稚園では「空気」をテーマとしたお勉強をしているそうで、
そんなことにも関心が生まれたようです。

「小さな水の粒が集まっていてね。。。」となんとか説明しましたが、
水蒸気、雨、雪、の話にまで触れることになり、昔やった理科の知識を
ひっぱりだしながら、嬉しいやらドキドキやら、でした。
好奇心は科学への第一歩ですからね。

お風呂場では、プラスチックは浮くけど、ガラスは沈むよねー。どうしてかなー。」
と質問します。同じ体積に対して重さが重いか軽いかで沈むか浮くかが決まる、
なんて答えたものの、難し過ぎたようで、「パパは沈むかな。重たいもん。でも、
Lは浮くよね。」なんて分かったような顔で言っていましたっけ。

今後どんな質問が飛んでくるのかなー。はたと困る場面が増えてくるのでしょう。
ネット検索してあれこれ調べたり、子供相談室などに頼ったり、夫にバトンタッチしたり
する日も遠くはなさそうです。

  

20110128_l2

Lも、頭、使っています。

|

« とある冬の週末2 | トップページ | ドイツのIKEA »

「育児」カテゴリの記事

コメント

アハハ・・。L君の頭使っている顔が可愛い。本人は真剣です。

科学する心かぁ~。 子供の質問てホント難しい。「夏休み子供科学相談室」って言うラジオ番組があって、毎年夏になると各専門分野の先生がゲストで、子供の電話に答える番組だけど、小さい子供の質問ほど難しいって言ってました。「どうして?」「なぜ?」「な~に?」と、これからますます増えるでしょうね。エライデス。ちゃんと受け応えしてあげて・・。

投稿: papaya | 2011年2月12日 (土) 06時00分

孫に、ばあちゃんはどうしてトシヨリなの?ときかれました。いくら目に入れても痛くない孫だって許せない質問です。答えてやりませんでした。
ほんと、子どもの質問って思わぬ方角から繰り出されます・・・。

投稿: すーさん | 2011年2月12日 (土) 15時22分

うちの二人もそういう時期がありましたねぇ~、
私はいつもあまりにもややこしい事は「難しい事はパパに聞いて」と言ってました(汗
彼、ちゃーんと順序立てて分かりやすく、実物を見せたりしながら説明するんですよ。
そのことをブログに書いたら、実家の父から「でんじろう先生の化学実験キット」みたいなものがものすごい大量に送られてきました!!あれはなかなか良かったですよ。
小さいうちに「パパは物知り」というのが娘たちにしっかり入ったからか、今でも色々ダンナ氏に聞いてますよ。やっぱり興味の芽を伸ばしてあげるのは親の役目かも。

投稿: Mic | 2011年2月12日 (土) 17時27分

papayaさん、あー、聞いたことあります、「夏休み子供科学相談室」。子供の質問って、意表をついていて面白いんですよね。子供たち自身は、みんな真剣そのものなのでしょうけれど。こちらにも、そういう番組があったらいいのにな。当面は、ネット頼りです。
Lが使っているこの玩具、Nの時から使っていますが、なかなか長時間、長期間遊べる優れもの。最近は、ちゃんと正しい型に入れられる確率が上がってきました。夢中になると、よだれを垂らすところは、まだ赤ちゃんですけどね。

投稿: ハイジ | 2011年2月13日 (日) 23時12分

すーさん、ふふふ、お孫さんに一本とられちゃいましたね。Nも、「どうしてばあば・じいじは皺がたくさんあるの?」といった質問をしていましたっけ。ばあば曰く「皺も勲章」とのこと、開き直りが肝心なのかもしれませんね。でもでも、トシヨリという響きがどうしてもマイナスになってしまいますが、逆に、古いものを大事にするヨーロッパの文化の中では、経験が豊かで尊敬しうる対象である年配の方々は、一目おかれ大事にされる存在です。日本も、パワーがあるのは50代、60代の方々のような気もしています。

投稿: ハイジ | 2011年2月13日 (日) 23時13分

Micさん、そうなんですよね、、、実物を見せたり、順序だてて説明したりすると、子供たちは全身で理解してくれて、満足するんですよね。シナプスがつながって何かひらめいたり次の質問が生まれたりもしますし。とは言え、野暮用に追われながら日常生活を送っていると、なかなか時間をとってあげられないのが現実。。。時間の有効活用しなくちゃです、私。
「でんじろう」よくは知らないのですが、試す価値ありそうですね。情報、嬉しな~。
あとは、子供たちが小学生ぐらいになったら、里帰りの時には日本科学未来館へも足を運びたいなと思っています。当面は、ネットと夫に頼るわけですが、夫も理系ではないし、どれほど頼りになるか。。。Pさん、子供電話相談室とか、やって下さらないかな~。

投稿: ハイジ | 2011年2月13日 (日) 23時16分

スイスでしたら、WinterthurのTechnoramaがすごーーーく楽しいですよ、またこちらに来た時とか足を運んでみてはどうでしょう?チューリッヒからなら車ですぐですよ☆子どもたちが色々と楽しい実験が出来るようになっています。ショーとかも色々見せてくれるし。ピクニックエリアもきちんとあって、食べ物持込OKなんです。
私のブログにも記事があります。

投稿: Mic | 2011年2月15日 (火) 22時35分

Micさん、おー、そうでした、そうでした。私はまだ行ったことが無いのですが、夫が甥っ子を連れて行き、楽しかったという話を聞いたことを思い出しました。ブログを拝見しましたが、本当に良さそうですね!Juliちゃんの真剣な顔が可愛らしいこと!メドゥーサのようなMicさんも拝見したかったな~。(笑)子供は、まずは説明云々より、見て、触って、体験して、、、という方が、面白いし、体で得とくしてくれそう。未来館より、Technoramaの方が現実的ですし。NとLが小学生になったら、絶対行ってみたいと思っています。

投稿: ハイジ | 2011年2月17日 (木) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/38834840

この記事へのトラックバック一覧です: 科学する心:

« とある冬の週末2 | トップページ | ドイツのIKEA »