« ドイツのIKEA | トップページ | 友達の絵画展 »

「絵の本」から「字の本」へ

Iyaiyaen 

N、4歳8カ月。最近、ベッドタイムに読む本といえば、圧倒的にリクエストが多いのは「いやいやえん」、ドイツ語(パパ担当)は「長くつ下のピッピ」です。20時過ぎたら寝る前の本は無し、というのが我が家のルールなのですが、「いやいやえん」を読むがために、普段はちんたらの娘が、寝る支度をささっとやってくれるのですから。長いお話の醍醐味を実感できるようになったようです。

特に「いやいやえん」に関して言えば、「良い子ちゃん」の傾向が強いNが、不思議といたずらっこのしげるちゃんの言動に惹かれているようです。「こんなことしちゃ、ダメだよねぇ。」なんて言いながら、すごく気になっている様子。いやぁ、もしかしたら、Nはちょい悪タイプの子を好きになったりするタイプかもしれませんねぇ。。。思春期になると、親は泣かされるんだろうなぁ。。。

 

Pippi_langsrumpf 

「長くつ下のピッピ」は、スウェーデン生まれですが、ドイツでも児童文学の定番とも言える本。普通っぽい女の子のピッピが、ありえないほど力持ちだったり、知恵を出しながら大冒険をしていく姿が、子供心を揺り動かすのでしょう。幼稚園では、その歌を知らな子はいないそうですが、我が娘も"Hey Pippi Langstrump...♪”とまだたどたどしいながらも頑張っています。

「絵の本」から「字の本」への移行する時期なのかもしれませんが、その他オススメの児童書があれば、ぜひ教えて下さいませ~。

あとは、自分でも読めるように、がんばらなくちゃ、、、ね。

Pippi

|

« ドイツのIKEA | トップページ | 友達の絵画展 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

絵の本から字の本へ、この移行は凄いこと。長いおはなしが理解できるっていうことですもんね。一番上の写真はママを待ちきれず、自分で読み出しているのでしょうか。ちょっと、本が近い気がするけれどたっぷり、読んでもらう為にさっさと、寝る仕度をするなんて、えらいな~。日本語とドイツ語が同居する、Nちゃんの頭の構造って、どうなってんの?

投稿: papaya | 2011年2月17日 (木) 06時13分

papayaさん、いやいやえんは、この永遠のロングセラーともいえる本ですが、確かに面白いですよ。作家はよーく子供を観察しているなぁと思いすし、登場する先生たちの対応もなかなかいい味を出していて。あとは、Nはももちゃんシリーズやがまくんとかえるくんシリーズも大好きです。
ドイツ語と日本語の切り替えは、我が子ながらすごいなぁって思います。そろそろ英語の時間もつくっていこうかな。。。

投稿: ハイジ | 2011年2月17日 (木) 13時40分

モモちゃんシリーズをお薦め~なんて思ってましたけど、もちろんもう持ってますよね 笑 それにしても読み聞かせの本領発揮というところですね~、字の本に興味を持ってくれると、言葉のボキャブラリーがぐんぐん増えていきますからね☆
下娘の時に読み聞かせをおろそかにしてしまった事を、今でも後悔してるんですよ~涙 

投稿: Mic | 2011年2月17日 (木) 22時05分

Micさん、そうそう、モモちゃんシリーズ、いいですよね~。Nもいっときはモモちゃん一辺倒だった時期もありました。(本にも周期があるようで、しばらくすると、また夢中になりだすんですよね。)とくに、Nは「コウちゃんがヘビになる~」の話が強烈に印象に残ったようです。あと、お母さんと喧嘩して雲の上に行く話や、タッタちゃんとタアタちゃんが病院に行く話なども、のめりこんでいましたっけ。ただ、お父さんがいなくなるあたり、私自身が悲しくなっちゃって、ちゃんと読んであげていないかも。。。もうちょっと年齢があがってからの方がいいのかな、とも思ったり。どうなんでしょうね~。
Airちゃん、今は大変な時期かもしれませんが、ガンバレ~って応援しています!

投稿: ハイジ | 2011年2月18日 (金) 21時52分

いやいやえん、
タイムリーな・・・

ハルは幼稚園で毎日先生が少しずつ読んでくれてるそうで、本屋でそのことを話ながら
本を欲しそうにしてましたw
つい、文字だけの本を敬遠しちゃってて、、

やっぱりそろそろ絵本ではものたりないんでしょうねえ、、

ちゃんと考えてやんなくっちゃですね、、

投稿: はるみみ | 2011年2月20日 (日) 15時42分

はるみみさん、まぁ、時を同じくして、「いやいやえん」を読んでいるなんて。でも、結構はるみみさんとは「そうそう、そうなのよー。」と思えることが多くて、やっぱり62のつながりなんだわ、と妙に感心しちゃったりしています。
「いやいやえん」を聞くハルちゃんの反応、拝見してみたいものだわ。
また、良い本に出会ったら、お互いに情報交換しましょうね~。

投稿: ハイジ | 2011年2月28日 (月) 12時31分

ハイジさん お久しぶりです。ハイジさんの日常や、お子様達の成長ブログとても癒やされますし、元気が出ます。本当に可愛いですね!そして皆様お元気そうで何よりです。私は二人目を出産してからというものしょっちゅう風邪をひいていて‥免疫力が下がっています。情けないですよぉ。絵本、うちも寝る前ベッドで読むのが日課ですが、いやいやえんはまだ読んであげたことがないので早速明日本屋さんへでかけてみようと思います。楽しみです。ちなみに長靴下のピッピ‥大好きです。そういえば、絵本で思い出しましたが、以前、すーさん様のコメントであった『三人3歳孫っちばなし』という絵本、読んでみたかったので、問い合わさせて頂き、数が少ないとのことでしたが、分けて頂いたんです。妹が生まれて複雑な上のお姉ちゃんの情景が描かれていて、自分の息子の事と重なり、ほろっとしてしまいましたよ。

投稿: あろま | 2011年3月 1日 (火) 17時38分

あろまさん、お久しぶりです!コメント、嬉しく拝見しました。二児の育児は大変ですよね。自分のことはどうしても犠牲になっちゃいますし。そんな中、手を抜けるところは手を抜いて、どうぞご自身もお大事になさって下さいね。
『3人3歳孫っちばなし』、私も前回の里帰りの時に、すーさんが実家に送って下さっていたので、読むことが出来ました。ほんのりとした日常をバックに、お孫さんたちの生き生きとした子供らしい様子と、それを見つめる作者のまなざしが印象的です。そして、お姉ちゃんのけなげさ、寂しさ、いじらしさも伝わってきて、Nと重なることもあり、胸にしみました。
いやいやえんブームは、まだ続いています。たまーに「なぞなぞのすきな女の子」や「おしいれのぼうけん」なども読みますが、字が多くなると、時間もかかるんですよね。読みながら、私が眠たくなってくることも多々あります。

投稿: ハイジ | 2011年3月 2日 (水) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/38890766

この記事へのトラックバック一覧です: 「絵の本」から「字の本」へ:

« ドイツのIKEA | トップページ | 友達の絵画展 »