« Kasperli人形劇 | トップページ | 冬のチューリッヒ »

Black Swan

Black_swan1

チューリッヒ滞在中、久々に映画を観ました。ナタリー・ポートマン主演のブラック・スワン。「白鳥の湖」をモチーフとし、バレエ界を舞台に繰り広げられる、心理サスペンスです。

ニーナ(ナタリー・ポートマン)は、バレエにすべてを捧げる完璧主義なバレリーナ。その清楚で純粋無垢な雰囲気は、まさに「白鳥」役そのもの。しかし、同時に、男性を誘惑する妖艶でアグレッシブな「黒鳥」を演じることも求められ、苦悩します。そして、自分とは正反対の、勝気で自由奔放なライバルと熾烈な競争を繰り広げる中、夢をあきらめた母親からの執拗な期待と歪んだ愛情が追い打ちをかけ、自傷癖や妄想癖が悪化し、破滅の道を辿るというストーリー。

臨場感あふれるカメラワークを通し、主人公の世界に入り込み、追い詰められた心理描写が否応なく迫ってきます。ビジュアル的にも怖く、目をそらす場面も。ラストの踊りのシーンも鳥肌が立つようでした。

この役を演じたナタリー・ポートマンは、予想通りオスカーを獲得。過酷なトレーニングで9キロ落とし、研ぎ澄まされた肉体を披露。ストーリーそのものは、私にとっては重過ぎましたが、ナタリーの非の打ちどころのない演技だけでも見る価値ありです。

|

« Kasperli人形劇 | トップページ | 冬のチューリッヒ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画好きなワタクシにとってワクワクするようなストーリー紹介。ハイジさんならではです。ブラックスワン、残念ながら日本ではまだ上映されていません。上陸は5月らしいです。

バレーはNちゃんの関心の一つでしたね。でもこの映画をみるのは、まだまだ早そうです。

投稿: papaya | 2011年3月 6日 (日) 01時23分

papayaさん、きっと、papayaさんなら映画に移入し過ぎてカチコチになること間違いなしです。ホラータッチ、えぐい場面が苦手なMは、思いっきり目をそむけていましたが。
同じバレエの映画をNと観るんだったら、「Billy Elliot」(リトルダンサー)の方がいいかな。

投稿: ハイジ | 2011年3月 6日 (日) 13時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/39119604

この記事へのトラックバック一覧です: Black Swan:

« Kasperli人形劇 | トップページ | 冬のチューリッヒ »