« 春の兆し | トップページ | 交流 »

Kindercityでの再会

Kindercity_2

話がかなりさかのぼってしまいますが、チューリッヒからニュルンベルクへ帰る途中、Kindercityにてバーゼルの友達家族と再会を果たしました。

数か月のブランクもものともず、NはAちゃんと意気投合。「元気だった?」も「どうしてた?」も「お久しぶり」も子供たちの間には必要ないんですね。

ここKindercityは、屋内遊び場。とは言っても、ドイツ・スイスでよくある、トランポリンやふわふわがある遊び場とは違い、子供向け科学館といった趣も加わった施設です。自分の心臓の鼓動を太鼓の音として聴いてみたり、車椅子に乗ってみたりと、体験しながら学べるというコンセプトはなかなか面白いと思います。ただ、若干料金が高いせいか、土曜日なのにガラガラでした。でも、落ち着いて楽めたので、良しとしましょう。

Lも威勢よくあちこち歩きまわり楽しめたようだし(水遊びの度が過ぎて、上半身びしょ濡れになっちゃいましたが)、Aちゃんの弟(予想通り、可愛かった♪)とも初めまして~が出来た上に、親同士でおしゃべりも出来て、大満足。名残惜し気にその場をあとにし、ニュルンベルクへ帰ってきたという訳です。

|

« 春の兆し | トップページ | 交流 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

子供は「今」の時間がもっとも大切・・・。久しぶりの再会でもすぐにうちとけ、仲良く遊べるのは「いま」が大事と無意識に思うからでしょう。子供の喜ぶ色彩と科学的な趣向(考える力)を凝らした遊び、の詰まったkindercityはいいですね。水浸しになったL君も大満足だったことでしょう。

投稿: papaya | 2011年3月31日 (木) 07時00分

papayaさん、そうですね、子供にとっては目の前にあるものがすべてだったりしますからね。その後、お友達のAちゃんはNの夢にも出てきたりして、先週はお手紙を自らすすんで書いていました。もちろん切手を貼ったり投函するのも自分で、です。
「なぜ?どうして?」が多いN、次に日本に行くときは、子供向けの科学館なんかもいいかもしれないなぁと思いました。

投稿: ハイジ | 2011年3月31日 (木) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/39346728

この記事へのトラックバック一覧です: Kindercityでの再会:

» Ikea boulevard. [Ikea boulevard.]
Ikea boulevard. [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 12時12分

« 春の兆し | トップページ | 交流 »