« 地に足をつけて | トップページ | Kindercityでの再会 »

春の兆し

20110321_1

春のお庭は光をいっぱい浴びて、輝きを増しています。 今週末からはサマータイム。ますます日が長くなっていきます。

  

20110321_2

こちらでは春の象徴であるクロッカス。ちなみに、花言葉は「あなたを待っています」 「切望」だそうで。

  

20110321_3

Nの木登りも猿並みに。「猿も木から落ちるって言うけど、Nちゃんは落ちないもーん」とは本人の弁。

  

20110321_4

自信満々で生意気なところを見せる反面、Lがねんねタイムに突入すると、Nは「あかちゃんごっこしよう」とせがむこともあります。甘えたいのでしょうね。

  

20110321_5

自立と依存、自制と嫉妬が葛藤しているようにも見えることがありますが、本人なりにバランスをはかっているのでしょう。

  

20110315_n

トランポリンを庭に設置してからは、幸い天気にも恵まれているので、毎日のようにお庭に出ています。

   

20110321_6

一方、Lの方もますます活動的に。階段の上り下り以外は、歩行がメインの移動手段に。

  

20110324_1

奥歯が生えかけていて、愚図ることが増えました。夜泣きも、そのせいかな。。。

  

20110302_l

一歳児とはいえど、大人びた表情をするので、ドキッとすることも。

  

20110324_2

そして、数日前には、義理の両親がチューリッヒから到着。いつもに増して育児・家事に協力的なのですが、このところ大変だったね、と労わってくれる気持ちが心に響きます。

  

20110324_3

こういった日常を送っていられることに、ただただ感謝です。

 

 

20100324_1

原発の状況がまだ安心できるレベルではないのは気がかりですが、こちらが非常にわかりやすい解説でした。今後の展望が長期的視野で提案されているのも良し。

そして、周りでも募金活動やチャリティーコンサートが盛んに行われています。バーゼルでお世話になった友人の娘さんたちがアカペラで日本語の歌を歌い、街頭募金を行ったそうです。すばらしい歌声、そして勇気と機動力に感動。ちなみに、6,500フランを越えるお金が集まり、ご主人の会社を通して(会社が同額を上乗せして寄付)義援金が送られるそうです。

|

« 地に足をつけて | トップページ | Kindercityでの再会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

原発の事を色々見ていてたどり着きました。


リンク二つ、募金活動の方はとても素敵で通る声でした。

もうひとつのは大前研一さんの講演会なんですね。私は彼は言ってる事を変えるし、何でもかんでも経営の立場で下々(とあえて言いますが)の実際に社会を支えてる人の事を軽んじてる感じがして好きではありません。マネジメントマネジメントって理論と実際とはき違えてるなと思う事が多々ありました。雑誌などで。

こういう人がコンサルタントやってるから貧富の差が広がって不況になるんだとさえ思ってます。

でも今略歴を調べてみたら、原子核工学を学ばれてるんですね。少し興味がわいてきたのでこれから見てみます。(こんな長い動画もようつべにアップできるんですね)

ブログ主様も、どうか日々の生活とお体お大事になさって下さい。かわいいお子様の写真もとても癒されました。

投稿: さんとん | 2011年3月26日 (土) 19時16分

お久しぶりです。
Nちゃんすごくお姉ちゃんぽくなったね。
そしてL君の大人っぽさにビックリ!
うちのSは顔のお肉が多いので、顔だけ見るとまだ1歳以下に見られてしまいます。

今日は子ども会のママ達と2回目のチャリティーベイクを行ってきました。
連日のニュース(特にドイツ語では悲観的なものが多いので)でみんな相当不安な気持ちなのですが、出来ることをやって日本に届けよう!と活動しています。
そうそう、今日はHさんの娘さん達、私達のスタンドの近くで歌って人を集めるのに協力してくれたよ。

娘のKも地震以降少し情緒不安定になり、3日も幼稚園を休んでしまいました…
実際に被災された子供たちのことを思うと、本当にいたたまれなくなってしまいます。

投稿: nano | 2011年3月27日 (日) 03時02分

さんとんさん、ご訪問・コメントを有難うございました。色々な意見は、多角的に見るためにとても貴重です。確かに、大前氏はマネジメントよりな印象は受けますし、今回の解説でも、再建予算に関して消費税を1年限定で1%アップすればよい、サマータイムを導入すればよい、といった、若干乱暴だと思える提案もありました。どれほど数値で裏付けられた方策なのだろうかと。しかし、3月13日に収録された解説においても、災害発生二日後の段階で、歯切れが良く、わかりやすい適格な推測・解説をしていたことは、評価に値するのではと思いました。なお、海外と日本での報道があまりにも違い過ぎる点に関して、「隠ぺい体質に問題」「対外コミュニケーション機能不在」といった箇所にも、個人的には関心を持ちました。
原発に関してしばらくメディアから目を離せない日々が続きますが、さんとんさんにおかれましても、どうぞお体をお大事にお過ごしくださいませ。

投稿: ハイジ | 2011年3月27日 (日) 23時01分

nanoさん、うわ~、お久しぶりです!嬉しいな~、ご連絡ありがとうね。実は私も先日nanoさんのブログにお邪魔したばかりだったの。かりんとちゃんのプリキュア姿やえんぞー君の「亀」が愛らしくって、しばし見惚れていました。nanoさんは裁縫の腕も相変わらずだね。ボタンを縫い付けるのがやっとの私からすれば、殆ど神業です。スーパーサイヤ人、プリキュアに敗れるの図にも笑えた。
子供会のチャリティー活動もお疲れ様です。私もバーゼルにいたらぜひ参加したかったよ。。。日本との距離が恨めしいときがあるけれど、お互いにできることをやって、冷静に心配しながら、やっていこうね。
そうそう、nanoさんなら見てたかな?EURO2012の予選で試合直前に日本へ黙とうを捧げてくれた場面。感動でした。

投稿: ハイジ | 2011年3月27日 (日) 23時05分

ほのぼのした写真に、笑みがこぼれます。Nちゃんとグロスパパのツーショットは、楽しそうな声まで聞こえてきそう・・。スイス国旗の風車を自家発電(風)でまわす二人の姿をみて考えさせられました。3.11以来、安全といわれた原発神話が崩れ、放射能に怯えている今の日本の立ち返るべき姿のように思えます。

L君のなんと男らしい立ち姿。オムツはしているだろうに、1歳には見えないこの大人っぽい顔つき。ぐっときそうなまなざしです。

あっという間に、おおきくなったねぇ~。

投稿: papaya | 2011年3月28日 (月) 12時17分

papayaさん、義理の両親は今週金曜日まで滞在予定です。今も、義父がLと遊んでくれています。義母の「今のうちにPCをやってきたら」と言う言葉に甘えて、なんだか悪いなぁ~という後ろめたい気持ちも持ちつつも、PCに向かっている次第です。「私たちがいる今のうちにゆっくりしなさい。」というのが彼らの口癖です。今日の午後は、幼稚園で親子の工作(Lがいると難しいので、Nと水入らずで行ってきます)、夜は友達とバドミントンをしに行きます。そんな風に過ごせるのも彼らのおかげ。感謝感謝です。

投稿: ハイジ | 2011年3月29日 (火) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/39371507

この記事へのトラックバック一覧です: 春の兆し:

« 地に足をつけて | トップページ | Kindercityでの再会 »