« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 地に足をつけて »

今できること

未曾有の事故。時間の経過とともに見えてくることだけでなく、情報に翻弄されて見えなくなることがあるような気がします。地震という自然災害が引き金になっているのは確かですが、それ以外に、バックアップ体制や危機管理の欠如といった人災が背景にあるのを知ると、本当にやりきれない気持ちになります。

遠く離れている不安が増すといったこともありますが、普段は楽観主義の夫が、状況を非常に心配しており、神奈川に住む私の両親に対して、ドイツ(あるいは妹の赴任先のオーストラリア)へ来てくれないか、少なくとも西方面へ疎開するように強くお願いしました。日本が再生を始めている今、連帯意識の強い日本人にとっては難しい選択かとも思いましたが、すでにリタイアをしている両親ですし、「事が起きてからでは遅い」、「収束に向かうようだったらその後にでも神奈川に戻ることだって出来る」と説得しました。そして、「自分の身は自分で守るしかない」、と。見通しの不透明さに加え、友人家族のこともあるし、自分たちの住んでいる家を離れる心細さ、おまけに二人そろって体調不良ときているので、果たしてどうなるか心配しましたが、なんとか行動に移してくれたようです。

ちなみに、夫と私が参照しているのが、この辺。

http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-12763273
http://www.bbc.co.uk/news/business-12756054
http://www.spiegel.de/wissenschaft/natur/bild-750835-191816.html
http://www.spiegel.de/wissenschaft/technik/0,1518,751162,00.html
http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-12745186
http://www.bbc.co.uk/news/world-12740843
http://www.nzz.ch/nachrichten/panorama/japan__laufende_entwicklung_am_mittwoch_16032011_1.9911390.html

日本の報道とは若干温度差があるように思えます。日本のメディアは、パニックを起こさないように配慮、逆に海外では、レイティングを気にしての報道だったりするのかもしれません。ともかく、都内にある各国大使館は退避勧告を受けており、空港などでは出国ラッシュとなっているようです。ルフトハンザも成田発着便の運航を中止しました。

情報の波に疲弊してしまいそうな毎日ですが、被災地の方々のことを思うと、こんな弱気ではいけない、こんなときこそ気を強くして、自分にできることをして過ごさなくては、と思います。幸い、子供たちが傍にいてくれて、屈託のない笑顔を向けてくれるのですから。

|

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 地に足をつけて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も実家のある静岡へ(あんまり変わらない気もしますが、物流が安定していますので)疎開をしようかと思っていたのですが静岡でも地震があり(幸い実家は震度4で問題なし)出遅れた感が。。。

夕べは香港出張中の友人から国際電話で
「ルー○○ア大使館がチャーター機を準備中。話をつけてあるから今すぐ出国準備をして」
と言われましたが、急だったこともありまだ東京に居ます。

割に冷静に過ごしている人も居ますが、私の周りでは関西方面に疎開する人が多いです。
私はちょっと神経質になっていて一歩も外出しない日も。
Aもストレスかなり溜まってます。 

投稿: CACA | 2011年3月17日 (木) 03時35分

人それぞれの判断だと思うけど、海外のメディアに会見が開かれていないみたいなので、スイスなどの報道を見てると?と思う事もあります。会見を翻訳はしてるけどね。成田の脱出の様子は日本のテレビは報道してないね、ほとんど。

うちの実家が関西だからというのもあるかもしれないけれど、被災地や福島の人以外の疎開とか買い占めというのは???という考えです。実家には、今年は一杯一杯おいしい農作物を作って!と言ってます。

茂木健一郎さんだったかが”天皇陛下が避難しない限り大丈夫だ”と言ってて妙に納得しました。(笑)

投稿: zurigo | 2011年3月17日 (木) 07時31分

CACAさん、大変なときにコメントありがとう! Aくんとともにご無事で何よりです。Aくん、どうやって受け止めているのかしら。Nは、TVで見て最初の反応は「じいじは、ばあばは?」でした。そして最近は夜泣きが数回あったのと、昨晩は久しぶりにおねしょをしちゃったんです。感受性の強いこの時期にTVを全部見せるのはよくないのかもと思いなおして、今では控え目にしているんですけどね。本人はニュースを見たいと言って困ります。

出国のチャンスはまだあるのかしら?何が正しいか判断するのは本当に難しいけどね。。。とにかく、希望を捨てないで、原発の問題が一刻も早く良い方向へ向かうことを祈っています!

落ち着いたらメールするね。Skypeもまだ実現していないけれど、こちらもぜひに。CACAさんと話したいこと、たくさんあります。

投稿: ハイジ | 2011年3月17日 (木) 21時47分

zurigoさん、情報選択は本当に難しい。。。ただでさえ、ずっとTVやPCの前にいられるわけではないし。かいつまんだ情報の中で判断するのはたしかに危険なのかも。とくに、こちらは本当に悲観的なニュースが多いしね。。。。そんな中で、マスコミにあおられ、不安を駆りたてられているのは自分かなと気が付いたり。対照的に、日本国民はみなで力をあわせて頑張ろう、苦境を乗り越えようとしていて恥ずかしく思ったりもしています。

ただ、人それぞれの判断と言うように、どの情報を選ぶか、そして判断もその人の自由なんだよね。

メールもありがとう。またそちらに思うところを書いてみるね。

投稿: ハイジ | 2011年3月17日 (木) 21時48分

日本人の、と言うより政治家や企業トップの隠蔽体質は、きっと外国から見ると不可思議に思えるでしょう。それに追求しないマスコミも国民も、ね。そうそう今日の週刊現代の見出しにこんなのがありました。          外国人が見た「この国のメンタリティ」優しすぎる日本人へ・・・ピンチにひとつになれるのは素晴らしい。しかし天災と人災を一緒くたに論じたり、身の安全が脅かされているのに政府、企業に情報公開を求めないのは不思議だ。理解しかねる・・・・と。

こんなに危険で制御不能な原発は、建設してはいけないと今後声を大にして叫びます。石器時代に戻らなくても、大規模な節電を心が
ければ、電力はきっと間に合うはず。

今はヤマダ電機の商品テレビも消され、百貨店、スーパー、役所などの照明も落とされ、駅のエスカレターが何台か止まっています。これくらいは当然のこと。今までが無駄に使いすぎだったのです。必要のある赤ちゃん、お年寄りのためエレベーターが一基動けばいいのです。これからは自.力で歩こう!です。


投稿: papaya | 2011年3月28日 (月) 13時27分

papayaさん、そうですね。。。米政府も、日本の隠ぺい体質に不信感を強め、さらにメディアが派手に煽り、要らぬ混乱を引き起こしたりしました。
ドイツでは先週末地方選挙があったのですが、「反原発」を訴える政党が議席を増やしました。反原発を掲げる緑の党と社会民主党(SPD)の野党連合が、メルケル首相率いるCDUに対して大勝。また、ベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンなどでは、20万人規模の原発反対デモが行われたり、原発に関する議論があちこちで展開されています。
それに対して、実際、問題の引き金となった日本では、動きが少ないのかなとも感じます。もちろん、今は被災地の復興や、目の前のことで手一杯なのかもしれませんが。。。ただ、長期的に物事を考えたり、実行に移す能力・勇気を持つことも大事なのかと。

節電も当たり前とは言えど、大変ですよね。。。夏の計画停電もあるとのこと。あの日本の猛暑をどうやって乗り切るのだろう、と心配です。

投稿: ハイジ | 2011年3月29日 (火) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/39255450

この記事へのトラックバック一覧です: 今できること:

» Kerosene lamps. [Votive candle lamps.]
Lamps. Natural light desk lamps. Lamps plus. Table lamps. [続きを読む]

受信: 2011年4月 9日 (土) 08時05分

» Eco baby furniture. [Eco choices furniture.]
Eco baby furniture. [続きを読む]

受信: 2011年4月 9日 (土) 11時23分

» Digital camera reviews. [Canon digital camera.]
Digital camera reviews. [続きを読む]

受信: 2011年4月 9日 (土) 14時10分

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 地に足をつけて »