« 冬のチューリッヒ | トップページ | 春のお庭模様 »

友達との再会

Playdate1_2 

知り合ってから、かれこれ10年。スイス暮らしを始め、不安を抱えつつ、ドイツ語と悪戦苦闘していた当時に出会った友達二人+子供たちとの再会です。

モダンで素敵な友人宅で、おにぎりやサンドウィッチ、高橋さんのケーキやパンをいただきながら、くつろぐ至福の時間。

子供たちも、かしましいことになっていましたが、とっても楽しそうでした。時折り、NはEくんと衝突する場面もありましたが、横目で観察していると、Nはちょっかいを出して、追いかけられたりするのを、ギャーギャー言いながらも楽しんでいる様子。つくづく血は争えんなぁ、なんて思います。

話の中心は、海外生活における育児。日本人の気質を踏まえたうえで、強くたくましく生活していかなきゃならない現状。そんな辛苦を分かち合える友達がいることに、感謝です。

二人の友達に会い、やっぱりチューリッヒは、物価は高いけれど、いいなぁ、住みたいなぁ、なんて思いました。(あ、でも、ニュルンベルクも悪くないですけどね。)

|

« 冬のチューリッヒ | トップページ | 春のお庭模様 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

紫蘇入り、わかめ入りおにぎり、コンビにおにぎりより形こそ悪いけど、美味しそうです。外国で暮らしている人は、日本にいるより日本文化を大事にしているように感じます。
子供たちの楽しそうなこと!!親子そろって好い時間がもててよかったですね。こういう集まりは、完全に日本語になるんですか?

投稿: papaya | 2011年3月 6日 (日) 01時41分

papayaさん、実家ではずっとハム・チーズ・パンが続いていたので(一回だけ、義母に甘酒を作ってあげましたが)、ご飯は身にしみるようでした。
Nったら、かなりはじけていましたよ。最近は、幼稚園に迎えに行くと「つかまえてー!」なんて言いながら友達と追いかけっこしているのですが、そんな遊びも大好きなようです。
10年間、転勤ばかりで友達の近くにいたわけではないけれど、こうやって時折り会って、昔と変わらない風でいられるのは、実に嬉しいことですね。

投稿: ハイジ | 2011年3月 6日 (日) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/39119227

この記事へのトラックバック一覧です: 友達との再会:

« 冬のチューリッヒ | トップページ | 春のお庭模様 »