« 義姉の誕生会 | トップページ | 姉弟関係 »

チューリッヒの魅力

20110415_1

チューリッヒに来ていいなぁと思うのは、どこを撮っても絵になるような風光明媚な景色。世界水準のもっとも高い都市と言われていますが、何よりもこの湖のある景色が好き。市内から5分車を飛ばすと、緑に囲まれた湖畔添いを散歩できたり、今回立ち寄ったような湖畔沿いのインビスで喉を潤すなんてことが出来ます。

  

20110415_2

ドイツ(少なくともニュルンベルク)では見かけないBürliというパン。ドイツにも美味しいパンはたくさんありますが、夫はスイスに戻ってくるとこれが食べたくなるそうです。CervelaあるいはSt.Galler Bratwurstというソーセージ片手に、もう片方にはこのパンを持って交互にかぶりつきながら軽快に食べます。メニューにはCurry Wurst(カレーソーセージ。ドイツの名物。)なんてのもありましたが、ここ数年、スイスで増加する一方のドイツ人の影響もあるのでしょうか。

  

20110415_4

こんな看板も見かけました。スイスジャーマンで"Säg diräkt was di schtört und fluech nöd hinedure."(「陰口をたたくのではなく、面と向かってハッキリ言おう。」といった感じの意味。)と11か国語で書かれています。チューリッヒ市の看板ですが、市が主催しているインテグレーションのためのプログラムも比較的充実しているんですよね。外国人比率の高いチューリッヒならではのこと。

  

20110415_3

|

« 義姉の誕生会 | トップページ | 姉弟関係 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/39724498

この記事へのトラックバック一覧です: チューリッヒの魅力:

« 義姉の誕生会 | トップページ | 姉弟関係 »