« おしゃれBBQ | トップページ | ハイツング故障 »

Schloss Thurn

15

またまたタイムラグが発生していますが、イースターの連休中はSchloss Thurnというテーマパークへも出かけてきました。

  

2

元々お城がある場所に、テーマパークが建てられたそうですが、テーマパークといっても、乗り物以外にも、こういったアスレチック的な遊具があったり、体を動かして遊べる、地方遊園地といった感じです。(体力消耗型の遊具は、親にとっても有難いのですけどね。)

  

4

こういった中学生以下を対象としたような乗り物が多く、デート向きというより、ファミリー向け。

  

3

Lが見入っているのは、掘立小屋の中の「ブレーメンの音楽隊」のキャラクター。ボタンを押すと動物の模型が微妙に動き出し、かいつまんだストーリーが流れるといった、いたって子供だましなシンプルな仕掛け。でも、覗く行為は好奇心を満たすのか、楽しいようですね。NもLも、10ほどあった小屋(それぞれが別のメルヘンをテーマとしています。)をくまなく覗いて回っていました。

  

  5

絶叫系はそれほど多くない遊園地ですが、Nはここぞとばかりに果敢に挑戦していました。

  

6

こちらは、若干顔がひきつっているかな。

  

7

ミニ動物園もありました。シェットランドポニーは気性が荒いのもいるので不安でしたが、さっさと草をむしってエサやりを始めるN。Nは動物を見るのはさほど興味が無いようですが、エサをやったり、手で触ったり、触れ合うことは好きなようです。

  

8

Lも負けずに動物好き。(まだ怖いもの知らずなだけかもしれませんが。)犬を見かけると、「ワンワン!」と歓喜の声をあげながら近づいていき、TVで馬が登場しようものなら「うま!うま!」と大興奮。ラクダはLの目にはどう映ったのでしょう。

  

10

さて、この遊園地の一番のアトラクションと言えば、騎士の戦いをテーマとしたショー。あらすじはともかく、決闘のシーンは気迫に満ちて、息をもつかせないです。TVと違ってごまかしがききませんからね。いや~、ハラハラしました。それもそのはず、みなさん映画にも出ているスタントマンらしいです。

  

11

観客席によって、悪役側か正義の味方側を応援するのですが、私たちは日陰をもとめていたので、悪役側に。でも、悪役が応援席に近づくと、これがまた迫力があって、なかなかシビレちゃうのでした。

  

13

こういう場所ではなかなか昼寝をしないL。でも、限界に近づいたようですね。190cmの夫に肩車されると、まだまだ小さく見えますね。大木にはりついたセミのような。

  

14

Nは最後に立ち寄った、園内にある公園でも元気でした。(車に乗った途端にバタングーでしたけれど。)

  

1

でも、改めて見ると、パパ大活躍ですね。お疲れ様でした。

|

« おしゃれBBQ | トップページ | ハイツング故障 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんと楽しい(そうな)テーマパークでしょう。アスレチックに乗り物に動く仕掛けの物語、遊園地にタッチの出来る動物園、コロシアムの競技場よろしく馬に乗った戦士の戦いを見られるなんて、ワクワクしてしまいます。パパの活躍なくしては、このような盛りだくさんのテーマパークを見て回るのは難しいですよね。Mさんご苦労様!!子供たちの表情は二人の愛情たっぷりうけて満足、満足。

投稿: papaya | 2011年5月 8日 (日) 04時47分

papayaさん、ちょうどNの年齢に適したテーマパークだったようです。恋人同士だと、物足りないのでしょうけれど。騎士の戦いは子供騙しだろうなぁと思っていたせいか、予期せぬ迫力にひきこまれました。Nにとっても、お姫様は助かるの?と気が気ではなかったようです。とは言え、途中でNがトイレに行きたくなり、最後までは見れなかったんですけどね。。。ま、いつかまたということで。

投稿: ハイジ | 2011年5月 8日 (日) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/39879577

この記事へのトラックバック一覧です: Schloss Thurn:

« おしゃれBBQ | トップページ | ハイツング故障 »