« Shall we dance?! | トップページ | 仲良しこよし »

100年の家

1

今年で築100年を迎える家の「誕生会」に招待されました。

  

招待して下さったのは、お隣の老婦人Bさん。ご自身の70歳の誕生会も兼ねてパーティーを催すことにしたそうです。子供たちも含めて総勢50人ほどがお祝いに駆けつけました。

 

2

一通り、挨拶と乾杯が終わった後に、Bさんから家・家族の歴史についてお話がありました。おじい様は第一次大戦で、お父様は第二次大戦で亡くなり、ご自身も妹さんと一緒に戦時中に疎開するなど、数奇な運命を経て、今にいたっているそうです。ドイツ語の先生でもあったBさんの美しいドイツ語と、生身の話に、引き寄せられました。

 

3

Bさんのご主人は、画家でおありだったので、家中の壁には絵がかけられています。夜、仕事をする際に家族を起こさないようにと、アトリエも増築されたそうです。

 

4

一目でニュルンベルクの街の絵だと分かりますね。空の色が綺麗です。

 

5

ちなみに、Bさん宅は、私が住んでいる家と同時に建てられました。うちは5年前に部分的にリノベーションがなされたのですが、この、ギシギシ言う階段なんてそっくり。100年の重みが感じられます。

  

8

ビュッフェは外に用意されていました。知り合いにケイタリングを頼んだようです。

  

9

ビアガーデン用テーブルもお洒落仕様。

  

7

お庭には、沢山の種類の花が咲いていました。雑草もたくさん生えていましたが、全体的にチャーミングなお庭。 お上品だけど飾らず、強く生きているBさんのお人柄のような。

  

6

窓もよく見るとペンキが剥げ落ちていたり、年季が感じられます。義母は、そろそろ窓をリニューアルする時かもね、なんて言っていましたが。

  

10

戦禍に巻き込まれながらも生き延び、今や静かにそこに佇む家。この100年の間、家族の喜び・悲しみをじっと見守ってきたのでしょうね。日本では、気候や風土の違い、さらには核家族化の進行などにより、 長くても30年のスパンで家を建て替えますが、人と家が織りなす物語に、家の在り方を改めて考えさせられました。

  

11

|

« Shall we dance?! | トップページ | 仲良しこよし »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日本は消費税が上がる前にと、一種の建築ブームのよう。20年、30年の家を壊し建て直す近所さんが増えてきました。我が家は、ハイジさんのお隣のおうちのように100年の家を目指そうと思います。ただいま築35年。家としてはひよっこですが、100年まで残り65年、意気込みはあってもこっちの寿命が持たないなぁ。ドイツの家をこんな風に覗けるなんてなんて楽しいです。さすが画家さん、壁にはいっぱいの絵がかけられ、飾り方にセンスが光りますね。
風格のある階段はあまりに似ているので、ハイジさんの家かと思いました
よ。お庭もケータリングの料理も実に素晴らしい。ちなみに100年のおうち誕生祝いって、どんなプレゼントを用意したらいいの?

投稿: papaya | 2011年8月 4日 (木) 03時24分

papayaさん、Bさんには、白の胡蝶蘭の花を用意しました。「私にはエレガント過ぎるわ~」なんて言っていましたが、きっと大事にしてくれそうな気がします。Bさんは、私たちが引っ越してきた時も、お花を抱えてやって来てくれました。そのお花があまりにも綺麗だったので、どこで買ったのか聞いたのですが、その教えてもらったお店で胡蝶蘭も買ったんですよ。
今では、私と子供たちがお庭で遊んでいると、時々窓から顔を出して立ち話をしたり、旅行中には水やりをしてくれたり、パンを多めに焼いたら少しお裾分けしたり、そんな仲になりました。
パーティーには、数十年前にここに住んでいたという親戚も来ていたので、途中パーティーを15分程度抜け出して、家の中を見せてあげたりもしました。リノベーション前の部屋割りを聞いたり、私たちにとっても楽しい時間でした。

投稿: ハイジ | 2011年8月 6日 (土) 14時39分

ハイジさんとおっしゃるのですね。
我が家の娘(まだ6歳ですが),いつかはドイツ留学したいと言っています(理由は不明です)

日本は,今朝雪が降っております。ここ東京も,それなりに降っております。そこで,早めに出社し,ドイツ アルトバウ等で検索したところ,ハイジさんのブログを発見し,楽しませていただいております。

我が家の子供構成は,兄,妹です。毎日,ふたりで小競り合いをしております(笑)。

これからも,ハイジさんおブログを楽しませてくださいね。

投稿: かおさん | 2012年2月29日 (水) 01時58分

かおさん、東京からお越し下さり、ありがとうございます。(^_^)
6歳の娘さんがドイツ留学とは。志が高くて、いいですね~。もしかして、お菓子の家、プレイモービル、メルヘン、辺りに惹かれたのでしょうか。ドイツは、約2年前から住んでいますが、家族にとっては住みやすい所だと感じています。
兄弟間の小競り合いは、付き物ですよね。我が家も、半分は仲良く遊んで、あとの半分は喧嘩しているような気がします。
雪道の運転、どうぞ気をつけて下さいね。とりとめのない事を綴っているブログですが、ぜひまた遊びにいらして下さいね。

投稿: ハイジ | 2012年2月29日 (水) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/41067751

この記事へのトラックバック一覧です: 100年の家:

« Shall we dance?! | トップページ | 仲良しこよし »