« お寿司パーティー | トップページ | Erfahrungsfeldこと野外体験広場 »

ロンドンからの来客

1

高校の友達が遊びに来てくれました。同じ水泳部で、朝から晩まで泳いで、共に血と汗と涙を流した(?)Kちゃん。今は、ロンドン在住なのですが、夏休みの旅行中に、ご家族でニュルンベルクにも立ち寄ってくれたのです。

  

2_2

約4年ぶりの再会でも、久々に会った感じが全くしないのが、昔のよしみのなせる業。何から話そう、なんて思いながら子供達と賑やかに過ごす間に、一泊二日がアッという間に過ぎてしまったような気がしています。  

Nも、Kちゃんファミリーが来る前から「いつ来るの?」「今何時?」「あとどれくらい?」の質問攻め。親の気持ちを敏感に感じ取るNなので、親の気持ちも伝染したのでしょう。年頃も近いNaちゃんとTくんに会うのを楽しみにしていました。

  

3_2

Kちゃんご一家が到着してからは、社交的なNaちゃん主導で、子供たちもすぐに意気投合していました。トランポリンと木登りに勤しんだ後は、昼食を食べ、Playmobilに行くことに。

  

5_2

夏休み中の休日ともあれば、ある程度の混雑を予期はしていましたが、この日は予想を上回る人出でした。おまけにカンカン照りの暑さも加わって、目まいがしそうでしたが、子供たちは全くもって怯まず、やれあっちだ、やれこっちだ、と果敢に動き回ります。

  

6_2

思い思いに遊ぶ子友達。せいぜい、大人しくアイスクリームを食べているときが、シャッターチャンス。

  

8_2

よじ登り魔のN、ブランクを開けずにPlaymobilに来れて良かったね。

  

9_2

Lも頑張っていましたよ。

  

7_2

これだけの施設で、大人も子供も一人10ユーロ(15時からは7ユーロ)とは安いねと、ロンドン物価に慣れている友達が感心していました。ちなみに、秋からは、さらに8ユーロ(15時からは6ユーロ)となります。

  

10

さて、3時間ほど遊んだら、すっかり体力を奪われた大人たち。特にバテ気味の夫の主導で休憩をとることに。すると、屋根のあるテラス席に落ち着くやいなや、ザザーッと土砂降りの雨。ラッキーでした。このところの天気は本当にめまぐるしく変わりますね。

その後は、室内の施設で遊ぼうにも、雨をよけて集まってきた人たちで激混みとなり、そそくさと帰途につきました。

  
 
12

翌日は、Kちゃんご夫妻にニュルンベルクの旧市街も一目見てもらおうと、私と子供たち4人でお留守番。子供たち4人も大丈夫かな?とも思いましたが、NとL二人の時よりずっと楽でしたね。雨が降っているうちは折り紙を、雨があがると子供たちはトランポリンめがけてお庭に飛び出していき、勝手に遊んでいてくれました。

  

13_2 

子供たちともおしゃべりが出来て、私にとっても楽しい時間でした。特に7歳のNaちゃんの話っぷりは素晴らしく、「前に住んでいたアメリカでは本物のロケットを見に行った」ことなど楽しい思い出話を語ってくれました。語り口や笑顔が、お母さんを彷彿させるのですが、それまた微笑ましい。。。切り紙工作をしていても、「こうやってまず切り端を切り落とすと楽なのよ。パパが教えてくれたの。」などなど、絶えず話題を提供してくれました。普段はおしゃべりのNも、圧倒されていましたね。

あえて大変だったことを挙げるとすると、NとLの喧嘩ぐらいでしょうか。「もうLは嫌い!」と憤慨するNに対し、Naちゃんは、「きっと(Lが)大きくなったら仲良く遊べるよ。」と慰めてくれる場面もありました。NaちゃんとTくんの姉弟関係に、刺激を受けたのは、きっとNも同じでしょう。

  

11

NaちゃんとTくんは、素直に育っているなぁという実感です。「ありがとう」をきっちり言える子供たち。あまりにも良い子たちなので、市内観光から帰ってきたKちゃんご夫妻に対し、まだ帰ってきて欲しくなかった、と若干駄々をこねる姿には、ちょっぴり安心しちゃいました。

  

14

7ヶ月のHちゃんも、私たちにのスケジュールに振り回されていましたが、全然動じず。逞しく育っています。ミルクだって一人で飲むもんね!ビバ、三人目!

    

15

お土産もたくさんいただきました。CathKidstonの手提げやトーマスの玩具など、英国の香りが漂います。口笛の音に合わせて動き出すトーマスの玩具は、Lのヒット。有難うございました。

  

16

Kちゃんファミリーを見送る時は気丈だったNですが、帰った後に静かになってしまった部屋で「もっと一緒に遊びたかった」と涙していました。でも、きっと、いつかどこかでまた会えるでしょう。その日までまた!

  

|

« お寿司パーティー | トップページ | Erfahrungsfeldこと野外体験広場 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

いいねェ友達って!ビバ、フレンド!!

投稿: papaya | 2011年8月18日 (木) 02時45分

こういうお友だちは本当に一生の宝物ですよね~。
私も今回の里帰りで高校時代の友達と会ってきましたが、もう話が尽きなくて、食べに行ったお店が弊店という事で出た後駐車場でまた更に1時間ほど喋ったり…
子どもたちもどんどん大きくなって、話題が昔は子供たちのしつけや喧嘩のこと、そして今は将来や進路のこと、と様変わりはしてきましたけど、何かいつ会っても揺るがない安心感みたいなものがありますねぇ。

投稿: Mic | 2011年8月19日 (金) 06時54分

papayaさん、そうですね、昨年は友達家族はスイス旅行をされたのですが、ちょうど私は引っ越しのゴタゴタで、会えなかったのです。残念で仕方なかったのですが、まさかその時に一年後にドイツで再会できるなんて思ってもみませんでした。本当に、いい意味で、世界は狭くなりましたね。

投稿: ハイジ | 2011年8月19日 (金) 15時01分

Micさん、揺るがない安心感とは本当にそうですね。兄弟のような、家族のような。Micさんも楽しいお喋りが出来たようで何よりです。私たちの場合は、まだ小さな子供たちがいるので、もっと集中してお喋りがしたかったという気持ちが残っていますが、きっと、こういった仲の良い友達とは、いくら喋っても尽きないものかもしれませんね。当時は、部活動を終えて帰りに大判焼を頬ばったり、互いに恋の悩み相談をしたり、楽しかったなぁ。。。今はもっぱら子育て談議。今後どんな話題で盛り上がるか、楽しみです。

投稿: ハイジ | 2011年8月19日 (金) 15時07分

素敵な記事にしていただいてどうもありがとう!とってもとっても楽しかったです。Naも車で涙してましたよ。次にまた会うのが今からとても楽しみです。

投稿: kana | 2011年8月30日 (火) 22時54分

kanaちゃん、こちらこそ、来てくれて本当にどうもありがとうね。すでに、次に会える日が待ち遠しい感じです。当面は、私もkanaちゃん見習ってがんばるね。
そうそう、先日送ってもらった写真、まだ見れていないの。夫がベルリン出張から帰ったら、彼のPCで見れるか試してみてみます。

投稿: ハイジ | 2011年8月31日 (水) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/41235042

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンからの来客:

« お寿司パーティー | トップページ | Erfahrungsfeldこと野外体験広場 »