« 雨の日の来客 | トップページ | いい日 »

ホストファミリー来る

1

しばしオージーな記憶にひたる日曜日の午後。

  

高校生の時にロータリーの奨学金制度を利用してオーストラリアに一年留学しました。その時にお世話になったホストマザーとホストファザーが欧州をクルーズ船で旅行する、しかもニュルンベルクにも立ち寄るとなったら、この機会を逃すわけにはいきません。メール、スカイプで約束を取り付けました。

  

3

汗ばむほどの陽気の日曜日、マルクト広場の一角にある泉で待ち合わせ。船だと正確な到着時間が分からないようで、到着が遅れたものの、無事に再会できました! 7年前にオーストラリアを旅行した際にも、再会は果たしているのですが、多感だった17歳の当時の思い出が蘇ってきました。

  

12

ニュルンベルク旧市街は、お祭りの真っただ中。地方の工芸品を売るスタンドや飲み食いできる屋台が並んでいたり、生演奏が聴けたり、陽気な雰囲気でした。暗い冬に向かう前に鋭気を養っておこうかという目論見でしょうか、この時期は、あちこちでお祭りに行き当たります。

  

7

この泉は、普段は目にも止めていなかったのですが、今回1時間の待ち時間があったので、マジマジと見てきました。

  

5

この塔は鉄柵で囲まれているのですが、鉄柵の上部一か所にリングがはめ込まれており、それを三回回すと願いごとが叶うと言われているそうで、年配の方までよじ登っているんです。ということで、Nも堂々とよじ登り中。

  

4

その後は、カイザーブルク城を駆け足で見て、旧市街から15分ほどの我が家にも立ち寄ってもらいました。

  

6

Nは、英語の会話に参加できずつまらなかったそうで、家に帰ると、お気に入りの場所に避難。長いこと、セミのように張り付いていましたっけ。でも、市内観光には、文句ひとつ言わずについてきてくれて、アッパレでした。

  

11   

10

私はオーストラリア時代のアルバムも引っ張りだしてきて皆で見たりして、すっかり過去にタイムトリップしましたよ。彼らのオージーな発音、早足で歩くクセ、"Cuppa"(Cup of Teaのこと)を薄めで飲む嗜好、などは変わっていませんが、iPadでお孫さんたちの写真を見せてくれる時の彼らの誇らしげな顔に、確実に月日の流れを実感しました。

  

8

ところで、このリバークルーズですが、ブタペストを起点とし、ブラチスラヴァ、ウィーン、パッサウ、ケルン、ロッテルダムなどにも寄港するそうです。これが可能なのも、1992に完成したライン・マイン・ドナウ運河のおかげ。乗客は、日中は船が停泊中に観光、夜は船に戻って宿泊(船は夜間に運航)といったスタイルのようです。平均年齢は60歳と言っていましたが、時間のある人にはもってこいかもしれません。船内には、ジャグジーやフィットネスまで完備されていたりエンターテイメントも充実しているそうですが、こういった船の長旅はまずは夫婦中が良いことが前提でしょうね。

  

2

あまりにも短すぎる滞在でしたが、World Travelerの彼らとは、またいついかどこかで会えそうな予感がしています。

  

13_2

おまけ。Nはアルバムに興味深々でした。クリスマスにプールで泳げること、カンガルー注意の標識があることなどなど、色々な話が出来ました。なんせ一冊見終えるのに1時間かかっちゃいましたからねぇ。いや、一緒に写真を見るのも楽しい年頃になったので、また昔のアルバムを引っ張り出してこようかな。  

|

« 雨の日の来客 | トップページ | いい日 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

高校生時代を思い出したのでは?いいつながりを保っているな~と感心しています。

投稿: papaya | 2011年10月15日 (土) 03時54分

papayaさん、そうですね~、真っ黒になってプクプクに太って元気をとりもどしたPerth時代。good old daysです。PerthのMさんにも会いたいわ、とのことで、紹介しました。

投稿: ハイジ | 2011年10月15日 (土) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/42041087

この記事へのトラックバック一覧です: ホストファミリー来る:

« 雨の日の来客 | トップページ | いい日 »