« 畑の恵 | トップページ | 駆け込みBBQパーティー »

ドイツ博物館

5

世界最大の玩具箱?

 

1

ヨーロッパ最大の科学技術博物館と言われているドイツ博物館は、ミュンヘンにあります。そもそも車で片道一時間半かけて出向いた理由は、夫と子供二人のスイスパスポートの更新があったから。バイオメトリックのパスポートにするのと、バラバラの有効期限を統一してしまうのが目的でした。
こじんまりとした清潔なスイス総領事館にて滞りなく申請が終わると、時間もたっぷりあることだし、世界最大の玩具箱とも言われるドイツ博物館へ行くことに。

 

3

この博物館は、市内を流れるイーザル川の中州にあります。日本科学未来館のような最新技術を展示したのではなく、19~20世紀を中心とした産業科学技術の歴史をたどる博物館。飛行機や船、蒸気機関車やロケットなど、ドイツの科学技術がこれでもかと詰めこまれた場所です。オスカー・フォン・ミュラーという電気技師が、国民教育の場としてのミュージアムを提唱したそうですが、彼は実物の展示にこだわり、無理な場合は、精度の高い模型を作らるというこだわりを持った人だったようです。

   

2

実際、説明書きもかなりマニアックで、好きな人はとことんハマるのでしょうけれど、子連れだと、どうしてもゆっくりとは見学する訳にはいかないんですよね。。。ほどほどのところで、お目当ての、子供の遊び場へ直行しました。

 

4

地下にある遊び場は、子供のパラダイス。目移りするような、仕掛けのある遊具がたくさん揃っていました。

  

6

まずは水遊びに夢中。水を流したり、堰き止めたりするのだけでも面白いようです。

  

7

夫もいることだし、入口付近にある、2ユーロのマッサージチェアに座ってのんびりしていたところ、子供たちは服も靴もビショビショに。ちゃんと見ていないとダメですね。。。

でも、ここにはちゃんと乾燥機やドライヤーが設置されている部屋もあるんです。鍵を借りて、早速使わせてもらうことに。衣類も幾つか置いてあり、「衣類は貸出しますが、洗ってから後日戻して下さい。」という注意書き付き。モラルに任せた制度、いいですね。

  

8

Nが気に入ったのは、こちら。ハムスターと化しています。時々、わざと手を放したり、滑ったりして危ないことを仕出かすんですよねぇ。。。誰に似たんだか。

  

9

Lも昼寝どころではなかったようで、積極的に参加していました。木琴に夢中。

  

10

5歳児、船や飛行機を見学するより、まだまだ自分で動いたり、音を出したりする方が断然楽しいようですね。

  

11

影絵コーナー。Nは胸の前で花の形を作って「これ、なーんだ。」と聞いていましたが、こちら側からは、Nの影で見えないことに気が付いていません。Lは、鼻を押しつけています。私も子供の頃の記憶をたどってキツネやハトをつくってみたところ、近くにいたおじいさんが、どこで習ったのかと尋ねてきました。子供の頃に遊びが再び役に立つなんていいね、と言われました。  

そんなこんなで楽しめたドイツ博物館。年間会員制度もあるようで、もしミュンヘンに住んでいたら、冬場はここに通うことになるのだろうなと想像してしまいました。

  

12

おまけ1。ドイツ博物館近くの中華屋さんで。お腹がすいていないと言っていたNですが、夫が注文したワンタンスープはペロリでした。

  

13

おまけ2。狸寝入りを覚えたL。笑いをこらえきれず、ニターッとなるのが可愛いのです。

  

|

« 畑の恵 | トップページ | 駆け込みBBQパーティー »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

ワンタンスープをすするNちゃん、狸寝入りを覚えたL君、今日は一日楽しかったね。びしょびしょにぬれても乾かす施設がある博物館ってなんて凄いんだろう。ここは子供にとっても、とっても楽しい場所であることは、ま違いありませんね。

投稿: papaya | 2011年9月20日 (火) 14時27分

papayaさん、ドイツはこういった施設もとても充実しています。美術館でのお絵かきコースも良かったですし。冬場が長いせいもあるのでしょうね。

投稿: ハイジ | 2011年9月24日 (土) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/41673452

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ博物館:

« 畑の恵 | トップページ | 駆け込みBBQパーティー »