« 5歳夏の工作・絵 | トップページ | ドイツ博物館 »

畑の恵

1

バーゼルから届いた元気の元。

  

バーゼルのKさんからのお差し入れです。Yさんファミリーが先日遊びに来てくれた時に、持ってきてくれました。

韮、南瓜、ズッキーニ、日本のきゅうり、紫蘇、リンゴジャム、紫蘇シロップ、ホルンダーシロップ、リンゴチップス、スモモのワイン煮、、、どれも、自家製、手作りです。ただでさえ、海外では貴重な食材ばかりなのですが、よくお邪魔した大きなお庭の一角にある畑や、Kさんが台所でテキパキと料理する姿が懐かしく思い出され、なおさらジーンとしてしまいました。

野菜たちは、本当にイキがよく、香りも甘味も抜群です。なんて言うのでしょう、野菜の個性がしっかりしていて、大地の滋養を頂いているという感じ。作り手の心が詰まっているのでしょうね。

  

2

紫蘇は紫蘇味噌に、きゅうりはそのままボリボリと、韮はニラ玉に、ズッキーニはラタトゥイユに変身。それぞれ美味しくいただきました。リンゴジャムも朝の食卓には欠かせません。南瓜は半分はまず煮つけにしよう、と楽しくメニューを考えているところです。

Kさんは、畑仕事と主催している持ち寄り市場の仕事がライフワークだそうですが、そうやって努力しながら楽しみを見出している彼女はいつだって若々しくて輝いています。離れていても、いまだに元気を送ってくれるKさんに感謝して。  

 

|

« 5歳夏の工作・絵 | トップページ | ドイツ博物館 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いや~素晴らしい野菜たち。丹精込めたこれらの野菜を送ってくれるお友達って、そうはいませんよね。なんていい人!一つも無駄にせずお料理してしまうハイジさんもいい人!野菜が喜んでいます。

投稿: papaya | 2011年9月20日 (火) 14時33分

papayaさん、そうですね、papayaさんだったら、会津や北海道から送られてくる新鮮な野菜たちの詰まった箱を開けるときの喜びを知っていますものね。南瓜も本当に美味しかった!まさに日本の南瓜でした。今回は、バーゼルのYさんご家族がニュルンベルクに向けて出発する前に、Kさん宅に立ち寄って直々に運んでくれたんです。彼らの心遣いに感謝感謝ですね。Kさんは加賀ゆびぬきなども手作りしちゃう人。すごーいんですよ。ちなみに、義両親はKさんに一回会ったことがあるだけですが、彼女のことがとても印象にあるらしく、Kさんはお元気かとよく聞きます。

投稿: ハイジ | 2011年9月24日 (土) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/41616532

この記事へのトラックバック一覧です: 畑の恵:

« 5歳夏の工作・絵 | トップページ | ドイツ博物館 »