« コマはずし | トップページ | ゴッドマザー来たる »

日本昔ばなし

1

ぼうや~、よいこだねんねしな~♪

 

これを聞くと、昔にタイムトリップします。子供の頃、土曜日の夜のお楽しみだった、日本昔ばなし。今、再び、子供と一緒に夢中になって見ています。

 

3

この貴重なDVDは、日本の友達からの贈り物。税関に引き取りに行ってようやく手元に届いたという経緯があるので、喜びもひとしおでした。

(45ユーロ未満の贈答品は免税されるのに、それ以上だとひっかかってしまいます。「運」もあるようですね。課税額もレートによったり、担当者によって違ったりするそうですが、幸い、10ユーロの税金で済みました。)

  

4

さてさて、DVDを見たNの反応といったら。すさまじいハマリようで見ていて笑ってしまうほど。昔の言葉、方言などもあって分かるかな、、、と思っていましたが、全く気にも留めず、場面ごとに一喜一憂、すっかりのめり込んでいます。

  

5

桃太郎を見ても、大笑い。いちいち動物たちのリアクションが面白いようです。

  

6

段々と前のめりに。

   

7

鬼登場のシーンでは後ずさり。本気で怖がっていました。

  

9

そして、桃太郎がきびだんごパワーを見せつけ、挽回するシーンでは、Nは狂喜していましたね。

  

10

「かちかち山」や「さるかに合戦」も本で読んで知っている話だったので、Nはのめり混んで見ていました。でも、考えてみれば、悪者に対する制裁が残酷かな~と思ったり。昔話に限らず、グリム童話、ギリシャ神話などもしかりですが、勧善懲悪(善を勧め、悪を懲しめること)や、愚かな失敗をしながら教訓を得ていく姿は、古今東西変わらない倫理概念なのかもしれません。

以前友達と話し合っていたことなのですが、おそらく子供はその残酷性に焦点を当てるのではなく、話全体をイメージとしてとらえながら、道徳観を無意識に学んでいるのかもしれませんね。

このDVD集には、25ものストーリーが収録されていて、見応えがあります。機転を利かせた結末が面白おかしい「絵姿女房」、改心した河童が命をなげうつ姿に泣けてしまう「河童の雨ごい」、教訓的でもあり壮大なスケールの「八郎潟の八郎」などなど、大人も充分楽しめます。ただ、いっきに見てしまってはもったいないので、今後はもっと小出しにして観賞する予定。

それから、市原悦子、常田富士男の語り口調は秀逸ですね。郷愁を誘われます。私自身、歳を追うごとに、日本の食事や文化に回帰する傾向があるようですが、昔から語り継がれてきた日本昔話がとても身に染みます。

Fさん、Kちゃん、素敵なギフトを本当にどうも有難うございました。

|

« コマはずし | トップページ | ゴッドマザー来たる »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

指を差して大笑いするNちゃんの横顔、こちらまで顔が緩んでしまいました。あっはは、うっふふと子供の笑う声を聞いているだけで楽しくなります。DVD、有り難いプレゼントいただきましたね。ところで桃太郎に出てくるキビダンゴって、食べたことある?

投稿: papaya | 2011年10月21日 (金) 08時53分

papayaさん、これ、Nのツボにハマったようですね。昨日はまた「カチカチ山」を見ていたのですが、「丸焦げ」「冥福」「えんやこら」なんて言葉の意味を尋ねてました。日本昔ばなしの効果大です。
キビダンゴはNはまだ食べたことないですねぇ。次の里帰りの際の「やりたいことリスト」に載せておかなくっちゃ。

投稿: ハイジ | 2011年10月22日 (土) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/42560139

この記事へのトラックバック一覧です: 日本昔ばなし:

« コマはずし | トップページ | ゴッドマザー来たる »