« ほっこりランチ | トップページ | ポテトサラダのクリスマスツリー »

クリスマスツリー事始め

Holzschlagen_1

今年は、木を伐りに行くことからスタート。

  

Holzschlagen_2

この日はとても風の強い寒い日でした。午後から大荒れになると聞いていたので、朝一でHilpoltsteinというところで車で30分かけて行ってきました。

  

Holzschlagen_3

ツリー用のモミの木を植林して、現地直売している場所があるのです。

植えたばかりの木から、個人宅には到底入らないような巨木まで様々なモミの木が立ち並ぶ中、自分たちで歩き回ってどれがいいかを選別します。

  

Holzschlagen_4

もちろん、植林の理由から、どれでも伐り倒してもいい訳ではなく、ラベルが付いたものが伐採可能な木。

  

Holzschlagen_5

伐るのもセルフで。

  

Holzschlagen_6

伐った木を運ぶ夫。190cmの夫のが担いでも 身の丈余る大きさでした。歩くとユサユサ揺れてモリゾーな感じ。

  

Holzschlagen_8

そのままでは車に積めないので、この器械を使って、枝をたわめネットをかぶせてもらいます。

 

Holzschlagen_7

ちなみに、NとLはあまり戦力にならず(Lは木の根っこにつまづいて泣いていましたっけ)、木よりチョコでした。

  

Holzschlagen_9

会場には、ソーセージ、パン、グヤーシュスープ、グリューワインを配るスタンドもあり。

  

Holzschlagen_10

子供たちのためには、サンタクロースが登場しチョコを配るなど、ファミリーフレンドリーなイベントでした。

  

Holzschlagen_11

しばしビニールハウス内で、暖を取ります。

  

Holzschlagen_12_2

あるいは、焚火で。さつまいも、またはマシュマロがあったらな。

  

Holzschlagen_13

Nは元幼稚園の友達と再会し、木の切れ端などを焚火に投下して遊んでいました。

  

Holzschlagen_14

そして、帰宅後は、夫がツリーを専用台に固定し、Nと私が飾りつけ。Nはちゃんとバランスを考えて、せっせことオーナメントを取り付けていましたよ。「ごはんだよ~」と呼んでも、なかなか手を休めないほどの熱中ぶり。

  

Holzschlagen_16

シンプル白系は私の好み。でも、カラフルなのが好きなNには若干不評のようで。来年は、Nの意見を汲んで、ケーテ・ウォルファルトな感じで仕上げたくもあり。ともかく、今年いっぱいは白を愛でることにしましょう。

|

« ほっこりランチ | トップページ | ポテトサラダのクリスマスツリー »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うわ~本格的!!
いいな~♡

我が家も、先日出しましたよ。
240センチあるので、出すのに1時間以上かかります・・・(涙)
子供は大喜びだけど・・・(笑)

伐るのもセルフなんですね・・びっくり。
でも愛着が湧きそう。
ハイジさんは、シンプルが好みなんですね。
わたしは、Nちゃんと一緒でカラフルが好き♡

先日、某講座教室で、ポテトサラダを山型にして、茹でて細かく小分けしたブロッコリーをポテトサラダに刺してツリーを作りました。ハイジさんも是非、お子さんと。

投稿: mihoko | 2011年12月 7日 (水) 05時51分

mihokoさん、クリスマスツリー飾られたんですね。大きくて、彩り豊かなクリスマスツリー、見応えがあることでしょう。

我が家のリビングルームは、ほんのりモミの木独特の香りが漂っています。ただ、空気がとても乾燥しているのと、伐りたての木だからか、水をよく吸います。専用台への水の補充が欠かせません。

そうそう、ポテトサラダのクリスマスツリー、昨日、Nと一緒にやってみましたー。これ、楽しいですね♪ NとLは嬉しそうに、ボロッコリーなどの野菜をつまんで食べていました。ただ、二人はもともとポテトサラダをあまり食べないので、2ラウンド目も飾りつけをして楽しみましたよ。

投稿: ハイジ | 2011年12月 8日 (木) 21時14分

こんにちは~ハイジさん。
早速作ってくださったんですね~♡うれしいです。

ハムやパプリカを細かく刻んで、ツリーに振りかけ、マヨネーズと牛乳(2対1)を混ぜて雪のようにツリーにたらすと、もっと雰囲気がでます。てっぺんには、星型のにんじんを飾りました。
   
本物のモミの木は、専用台に水やりをするんですか~初めて知りました。モミの木の香りどんな香りなんでしょう。家の中にいながら緑の香りがかげて、癒されますね。

投稿: mihoko | 2011年12月 9日 (金) 05時44分

高さといい枝振りといい、形のよいもみの木を見つけましたね。オーナメントのついたクリスマスツリーがとてもきれいです。もみの匂いが立ち込める本物の木を使うのですから、贅沢ですよね。クリスマス用に植林して、育てて、それを買い手に伐採させて、担がせて、車に積み込む、一連の作業が手に取るようにわかり、とても楽しく読みました。それにしても、サンタさんがお菓子を配ったり、焚き火の日があったり、りフレッシュメントならぬ、ホットメント(こんな言葉ってありですかね?)があったり、暖をとるテントの中にピクニックテーブル&ベンチが用意されていたり、もみの木に袋を被せる装置があったり、素晴らしいと思いました。この時期だけに賭けたビジネスでしょうか?それとも農家の副業でしょうか?ちなみに、ハイジさんの購入した価格は、いくらくらいですか?
もみの木を担いだMさんの後姿は、絵本になりそうな、ユーモラスであったかな感じです。モリゾーにふふふでした。

投稿: papaya | 2011年12月11日 (日) 02時47分

本格的ですね~~~自分で見つけて伐採するなんて親は手間がかかりますが子どもはワクワクしますね。
(あ、木よりチョコだったんですね。笑)

投稿: tae | 2011年12月13日 (火) 03時56分

mihokoさん、素敵なアイディア、ありがとうございました!のちほど写真をアップしてみます。野菜の切り方、かなり大雑把ですが、その辺は目をつぶって下さいね。マヨネーズソースを雪にみたてるアイディアもいただきです。でも、マヨラーなLは、そればっかりペロペロしちゃいそうな予感。
こちらはクリスマスに向けて大詰めという感じです。昨晩は遅くまで身内のためのクリスマスプレゼントをネットで注文。今日は夕方から幼稚園でクリスマスパーティー。その後は、夫とバトンタッチして私がバトミントンに出かけることになっています。最近は子供ときっちり向き合う時間が少なくなっているので、クリスマス休みに入ったら、少しスピードダウンしようと思っています。

投稿: ハイジ | 2011年12月13日 (火) 13時18分

rosemaryさん、そうですね、夫は形がいいもの、なるべく左右対称なものを真剣に選んでいました。私としては、多少いびつな方が、本物っぽくっていいかなぁとも思ったのですけれどね。夫と私のこだわるポイントが時々違うので、面白いなぁと思いました。
今回のイベントは会社がスポンサーとなってくれたので、飲食代も、クリスマスツリーもただでした。なかなか太っ腹でしょう?同僚家族と少しだけ立ち話をしたり、交流もはかれるのですが、自分の名前(ドイツ人にとっては難しいかと。)は覚えてくれているのに、相手の名前がどうにもこうにも思い出せずに、なんてこともありました。名前で呼び合う文化、こういうときに若干難儀です。

投稿: ハイジ | 2011年12月13日 (火) 13時28分

taeさん、こちらでは本物のモミの木を飾る人が多いのですけれど、大抵はホームセンターや道端のスタンドで買うようですが、伐るところから体験したのは今回が初めてです。Nは、どこかで見た子供向けの環境問題の劇を思い出したようで、木を伐ることっていいの?という顔をしていました。一本だけだし、乱伐している訳ではないし、間伐の概念までしてみましたが、きちんと答えるのって難しいですね。
ホント、チョコでハッピーな二人でした。

投稿: ハイジ | 2011年12月13日 (火) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/43273843

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスツリー事始め:

« ほっこりランチ | トップページ | ポテトサラダのクリスマスツリー »