« カリビアンパーティー | トップページ | 嬉しかったこと »

5歳、冬の工作

Art_17
N、この冬も何やらせっせこと作っていました。作品集、いっきに、いってみましょう~。

 

Art_1
これは、幼稚園で作った作品。素朴な天使です。

 

 

Art_2
ビーズワックスで作ったキャンドル。ただ、ワックスシートを丸めるだけなのですが、自分でロウソクを作ることに、Nは大張り切りでした。

 

Art_3
これも、幼稚園にて作成。厚紙を切った、そのシルエットがいい感じ。

 

Art_4
クルミの殻でカスタネット。結構、いい音が出ますよ。

 

Art_5

補習校で作ったもの。Nは、切り紙を貼りつけるの、好きなんですよね。ツリーも、根気よく塗りました。

 

Art_6
これまたクリスマス関連ですが、折り紙サンタ。お顔を描くのも一興。クリスマスカードに入れて、喜ばれたり。

 

Art_7_2
親子でクッキー作りもしました。綺麗なのは、友達から頂いたもの。懐かしくなって、思わずアップ。

 

Art_8_2

補習校にて作成。何かを見て描いたのかな。Nの割には、やけに丁寧な仕上がり。

 

Art_9_2
幼稚園の作品。やはり煙突からは煙ね。

 

Art_12

Nの力作。これは、トイレットペーパーの芯などに、プレイマイスをくっつけたもの。プレイマイス(Playmeis)とは、コーンを原料とした素材で、水にぬらすとくっつく性質があります。

 

Art_13_5

ほとんど、Nのオリジナル。お城の正面は、水で囲まれていて、橋がかかっていて、と想像しながら作ったんだろうな、とわかります。

 

Art_14
これも、Nが余った紙を部屋に持ち込んで何かやってるなぁと思ったら、形を変えてお目見え。重たいものは入れられないことに気が付いて、残念がってましたけど。

 

Art_10

絵を描くときは、こういう感じの絵が多いです。女の子(自分)の服や靴を自分好みで。 

 

Art_11
これは、友達に宛てたもの。右の絵は、今年はじめにチューリッヒで観た劇、Zwerg Naseを思い出して描いたそうです。一緒に観に行った友達にあげたいというので、送りました。

 

Art_16
夫の誕生日の時のカード。ちょっとした切り紙ブームなので、それを本人が貼り合わせて。重ねて貼るのも、本人のアイディア。

 

Art_15_4

カメラだそうで。この子は、紙と色鉛筆とハサミさえあれば、暇になることは無いようです。

|

« カリビアンパーティー | トップページ | 嬉しかったこと »

「育児」カテゴリの記事

コメント

くるみの殻のカスタネットは、Nちゃんのアイディアですか?ステキですね♡
 

投稿: mihoko | 2012年3月 3日 (土) 02時22分

子供って、ときどき天才じゃないかと思わせますよね。無邪気で途方も無い発想、いつまでもその力を持ち続けてほしいと思います。
それにしてもNちゃんの絵のしっかりしていることに驚きます。我が家のミーコが少し前に書いた女の子の絵は足だけがものすご~く長い…。たまたま遊びに来ていたミーコのグランマ(母方のおばあちゃん)も“すごく足が長いね!”とびっくり…。みーこは褒められたと思ったらしく、“うん”とにこにこしていました。
工作はといえば、先週遊びに来た時〝ばーちゃんに”とくれたのは紙を長く切っただけのカチューシャ?・・・。じいちゃんには牛乳パックに糸を付けた楽器?だそうです。結局ミーコとじいちゃんはそれで糸電話ごっこをして遊んでいました。Nちゃんの作品に比べるとなんと幼いこと、やっぱり自分の世界にいる子です。

今日は我が家でお雛祭りです。ミーコの家には狭くて飾れないお雛様を私が頭をひねりながら飾りました。
そちらではこんな風にお人形を主役にするようなお祭りってあるのでしょうか・・・

投稿: すーさん | 2012年3月 3日 (土) 14時16分

カラフルな色使いの絵と、丁寧な工作、ユニークな発想はNちゃんならではと、感心しています。トイレットペーパーの芯さえも立派な作品になるのですね。
ガラクタコレクション癖は将来の芸術家誕生の卵なのかも・・・。
髪をまとめたバンダナ写真、さあやるぞ!の熱意が伝わります。最後の写真、紙の穴から覗いてカメラに見立てるあたりは、矢張り5歳児、可愛いです。

投稿: papaya | 2012年3月 5日 (月) 13時54分

子供の工作をみると,こころが和みますよね。
とはいえ,我が家の場合,時期を見計らい夫婦の各実家へ送っています,,,。廃棄するのも,,といったわけです。

汚れちまった我々のような大人では想像もつかないような作品をいろいろな子供が工作し,,。うらやましい限りです。

投稿: かおさん | 2012年3月 6日 (火) 04時41分

mihokoさん、クルミのカスタネットは、幼稚園の作品なんです。素朴ながらに、いいアイディアですよね。クルミのカスタネットをたたきながら陽気に歌うNを見て、Lも相当欲しがり、家でも何個か作りました。クルミの殻だけでなく、太目の木の枝など、色々な物で、音の変化を楽しめます。

投稿: ハイジ | 2012年3月 6日 (火) 14時43分

すーさん、みーこちゃんの工作もほのぼのしますね。足の長~い絵も、子供目線ならではなのでしょうね。(ちなみに、Nの描く人物は、母親像をイメージしてか、みんなガニ股気味だったりします。)カチューシャも楽器も、想像力の産物ですよね。そして、作ったものをくれるところも、本人の誇りや、相手が好きだという気持ちなども現れているようで、可愛いな~、と思います。本当に、「無邪気で途方も無い発想」を持ち続けて欲しいですね。

お人形を主役にする行事ですか。。。お人形ではありませんが、まもなく始まるイースターにおいては、ウサギ(子供を沢山産むことから、繁栄の意味合い)とひよこ(蘇り)と子羊(人々の身代わりとなるキリスト)が象徴として使われていますね。

お雛様、飾られたんですね。先週日曜日は、日本人家族と一緒に総勢50名ほどで、ひな祭りのイベントをしました。雛人形は、昔は木などで作られていて、子供の厄をかぶり、身代わりとなって川に流されたそうですね。その流し雛の行事が今につながったということを紙芝居や解説などで、子供たちに聞かせました。日本の文化・伝統を継承しようと、必死です。(笑)

投稿: ハイジ | 2012年3月 6日 (火) 14時45分

papayaさん、トイレットペーパーやキッチンペーパーの芯、ティッシュボックスやプレゼントのリボン等、絶対に欲しがります。どこかしこで拾ってくる石や枝、ドングリなどもありますしね。(あまりにも、家の中がガラクタ化されるので、ある程度、こっそり捨てています。)すでに地下にも、Nの工作品が段ボールに2箱ほど。写真には収めてあるとは言え、お気に入りの物はなかなか捨てられませんね。カメラもささっと作ったんですよ。よく見ると、フラッシュの蓋や丸い設定ボタンなどがあり、記憶の範囲だけでよくかけたなぁ、と感心しちゃいます。

投稿: ハイジ | 2012年3月 6日 (火) 14時48分

かおさん、なるほど、実家に送るのも手ですね。(とは言え、海外に送るとなると、送料が。。。)なかなか廃棄できないのは、どこの親もそうなのでしょうね。(でも、溜まる一方なので、ある程度、エイヤッで捨ててしまっています。。。)
大人は、どうしても型にはまった考え方、綺麗という基準、こうあるべきという概念にとらわれてしまっているのでしょうね。子供の自由な発想、大事に見守っていたいです。

投稿: ハイジ | 2012年3月 6日 (火) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/44301946

この記事へのトラックバック一覧です: 5歳、冬の工作:

« カリビアンパーティー | トップページ | 嬉しかったこと »