« 日本酒の夜 | トップページ | ピクニック »

喜多方

Kitakata_3
蔵の街、喜多方へ。

 

Kitakata_1
高速バスの利用も考えたのですが、この時期、2席確保するのが難しく、電車で行くことに。途中、宇都宮を過ぎたあたりで桜を車窓ごしに愛でたり、磐越西線からは、磐梯山などの眺めもよろしく、電車の旅を満喫。

 

Kitakata_2
磐越西線の駅では、SLともすれ違いました。まじかに黒い煙をあげる蒸気機関車は迫力満点。L用にと、写真をパチリ。

 

Kitakata_5

まずは、蔵を改装した雰囲気のある「ぬりの里」で、腹ごしらえ。つきたてのお餅を朱膳で食します。お祝いの席でも振る舞われるという「こづゆ」という郷土料理もなかなか好み。Nはお餅も大好きですが、氷の入ったお冷に関心がいくようで、氷のおかわり(?)をしていました。(氷の入ったお冷やおしぼりが出されるのは、日本ならではです。)

 

Kitakata_6
隣接された漆器蔵では、うるしの工程を伯父が説明してくれました。その直後に、Nも負けじ(?)とNなりの解釈をとくとくと語ります。伯母・伯父との距離も急速に縮まり、N節も炸裂。

 

Kitakata_9
夜の食卓。伯母さんが腕を振るってくれた海の幸、山の幸がズラリと並びました。新聞のレシピ欄の切り抜きを毎日クリップして、何でも手作りしてしまう伯母さんが腕によりをかけて作ってくれた、魚のホイル焼き、青のり入りの卵焼き、キンピラごぼう、切り干し大根(干した大根も勿論手作りです。)など、どれも美味しいこと!「あさずき」や「くにたち」といった珍しい山菜にも舌鼓をうちつつ、どぶろくをチビチビと。

 

Kitakata_10_3
おばぁちゃんにも会いに行きました。容態は、伯母さん、母経由で時々聞いていましたが、いざ祖母に対面すると、祖母との思い出がフラッシュバックし、感情がこみあげてきて、胸が張り裂けそうでした。現在と過去が結びつかないような淋しさ、でも、祖母の腕に触れて、ぬくもりを感じながら、おばぁちゃんはおばぁちゃんだと再会を喜ぶ気持ちが交錯しました。

 

Kitakata_11
思い返すと、ハイカラでグルメな祖母は、よく私や妹を連れて、美味しい物を食べに連れていってくれましたね。大学の時も、恵比須のアパートに泊めてもらったり、相当可愛がってもらった記憶があります。また、私の記憶の中では、おばぁちゃんは、いつも人助けをしていました。私にとっておばぁちゃんは、いつだって甘えられる、かけがえのない存在。その人助けの精神は、おばぁちゃんの原点でもあり、確実に伯母さん・伯父さん、母にも受け継がれているように感じます。

 

Kitakata_19
さて、その夜は、伯父さんとNは、お庭の畑にあるペットボトルの鳥よけ用風車を作ってみようと、仲良く工作タイム。Nは伯父さんにすっかり懐いたようで、そんなNを、伯父さんも「可愛いね~」と連発。賑やかだけど、ほのぼのとした夜は、アッと言う間に更けていきました。

 

Kitakata_14

翌日は、「喜一」で朝ラー(=朝ラーメン)。一杯500円の幸せです。サッパリ系なので、ツルツルいけちゃいますね。店内は、老若男女で一杯でした。「納豆とカップラーメンが一番好き!」と自称するNも、朝からラーメンを食べれて嬉しかったようです。ただ、食べるのがスローペースのNは、のびゆく麺に追いつけず、途中でリタイア。

 

Kitakata_15
木之本」では漆器やガラス細工で目の保養。木くずで固めたお人形にも癒されて。

 

Kitakata_16

三段重も気になるところでしたが、お値段もお見事ですな。

 

Kitakata_20
「太郎庵」では、お土産を数点購入。家族でハマったメープル入りのバウムクーヘンを。(バウムクーヘンはドイツ人の友達にもお土産に買ってきてねとリクエストをもらいましたが、ドイツのより確実に美味しいです。)コーヒーやジュースが無料で提供されている喫茶コーナーで一服。田舎ならではの大らかさを感じます。

Kitakata_18
おばさんの手にかかった、その他のご馳走たち。

 

Kitakata_17
片道400km。遠い上に、駆け足の旅行でしたが、それでも、ギューッと色々なことが詰まった旅となりました。Nにとっても、「Hじぃ」と「Mばぁ」の優しさをしっかり感じたようで、また喜多方にお邪魔出来る日を楽しみにしているようです。

喜多方。そこは優しさが身に沁みる、じわっとあたたかい、大好きな街です。

|

« 日本酒の夜 | トップページ | ピクニック »

帰省」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/45510609

この記事へのトラックバック一覧です: 喜多方:

« 日本酒の夜 | トップページ | ピクニック »