« 合同誕生日会 | トップページ | ご馳走三昧 »

日本語継承の手がかり

201206_4
海外で子育てをするにあたって、子供の言語教育をどうするかというのは大きなテーマであり、自分自身も、試行錯誤しながらの状況ではあるのですが、昨年、継承語という言葉に出会って以来、その視点に共感し、道しるべが少し見えたような気さえしています。

 

201206_1

そして、今回、プリンストン日本語学校理事長でもあり、継承語の第一人者でもあるカルダー淑子先生がドイツをご訪問されました。プリンストン日本語学校では、いわゆる「国語」を教える「文科省コース」だけでなく、小学部から高等部まで継承語教育を行う「プリンストンコース」、「JFL(外国語としての日本語コース」という三本柱でカリキュラムを構成し、様々なバックグラウンドの生徒のための幅広い日本語教育に成功している学校です。

 

201206_2

ニュルンベルクでは、「補習校における母語支援」と「海外で子供の言葉を伸ばす」というタイトルで講演会が二度行われましたが、両方ともに参加してきました。日本語・英語両方のテスト結果をもとに、渡米年齢と在米年数が言語力やアイデンティティに与える影響や、成功しているプリンストン日本人学校でのプロジェクト学習の具体的な内容、補習校および家庭での言語支援など、カルダー先生のご経験や研究結果に裏打ちされた、素晴らしい講演でした。

講演で使われた資料の集約版は、7月いっぱいという期間限定で、こちらに掲載されています。

 

201206_3
先生から頂いた貴重な話を反芻しながら、なんらかの形で子供たちが自然な形で日本語での社会体験が出来るように模索していきたい、そして、子供に対して上から目線で言葉を教えるというスタンスではなく、楽しい共有体験が後々花開いていくといった事から、子供と一緒に肌で感じるような体験を重ねていきたい、と痛感しました。

 

201206_5
先生は、我が家にも二泊滞在なさったのですが、普段のままの私たちの生活を見ていただき、個人的なお話が出来たことも嬉しく思っています。どうしても子供たちがいると、バタバタ感が色濃く出てしまいましたが、そんなところも先生は暖かい目で見守られ、時折り手を差し伸べて下さり、先生のお人柄に心があたたまる思いでした。講演を通して、そして一緒に過ごさせていただいた時間を通して、子供たちに対する愛情、ポジティブ思考がとても印象に残っています。

|

« 合同誕生日会 | トップページ | ご馳走三昧 »

継承語」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。ドイツ、Stuttgart
在住2児の母です。

継承語の検索で、こちらに伺いました。

勉強会のページも見させていただき、ニュールンベルグとても素敵な活動をされているなぁ、とうらやましく思いました。とともに、少しづつ、私たちも始めてみよう!という思いが湧き始めました。

つきましては、近々勉強会を始めるにあたり、ぜひこちらの記事に書かれていた「資料の集約版」を、参考にさせていただくことはできないかと思って、こちらに書かせていただきました。

連絡いただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

投稿: あちゃ | 2013年6月10日 (月) 03時04分

あちゃさん、コメント有難うございました。カルダー先生の講演会は非常に有意義なものでした。またいずれかの機会に継承語に興味を持っていらっしゃる方々が集まって、こういった講演会や話し合いの場を作っていけたらいいですね。資料に関して確認をとりますので、もうしばらくお待ちくださいませ。
月一回の継承語の勉強会では、中島和子さんの本を皆で読み進めています。ドイツで子供の言語教育について悩む親同士で学び合ったり、知恵を出し合ったりすることは、大きな励みになっています。Stuttgartでも、何かが出来るといいですね。

投稿: ハイジ | 2013年6月14日 (金) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本語継承の手がかり:

« 合同誕生日会 | トップページ | ご馳走三昧 »