« 夏祭り | トップページ | ひと夏のプール »

お誕生日会

20120701_2
またまたTucherlandでのお誕生日会。

 

20120701_7
今回は、友達のF君にお呼ばれしました。利発で口も達者なF君とNは、口喧嘩もしますが、案外仲良しだったりします。
参加したのは、同じ幼稚園の同じグループから14人。まるで幼稚園の遠足の雰囲気。みんな大いにはしゃいでいました。

 

20120701_3

お母さんは、週に3回は出張に行くなど、バリバリのキャリアウーマンですが、普段からオーガナイズが上手で効率的。今回もその手腕も見せつけてくれました。
最初に、皆が同じ部屋に集まった段階で、簡潔に当日の流れとルールと説明。要は、F君の誕生日なので、F君を優先させるということと、皆がバラバラに勝手気ままに動くのではなく、まとまって行動しようということ。実際、子供達は、それほど散らばることなく、比較的統一がとれていました。少し前にNの誕生日会をホストした時の、子供たちの散らばり用を思えば、これはかなりの快挙かと思われ。素晴らしい~。

 

  
20120701_6_2
手品を披露してくれるピエロも登場しましたよ。


20120701_1

一名、若干キカンボウのお子さんが、注意を無視してF君の風船を割ってしまった時も、F君のお母さんは、割った子を叱るだけではなく、その子のお母さんにも事情を説明し、「注意してもきかないので、もしまた割ったら、あなたの風船も割るわよと言ったの。」とキッパリ。こういう、いささか潔過ぎる言い方をしても、後腐れがないのは、ドイツ人の良いところでしょうね。

 

20120701_5
とまぁ、誕生会も十人十色。色々と勉強になります。来年こそは、私も上手に誕生会をオーガナイズしなくっちゃ。

|

« 夏祭り | トップページ | ひと夏のプール »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

どの子が主人公のF君でしょう?写真を見る限りどの子もお誕生会の主人公のようです。いいですね、こんなパーテイ!!

読んでいて感心したのは、F君のママ。日本もこのような対応が出来る大人が多くなればいいなとつくづく思います。今マスコミが取り上げる大きな問題は、いじめが横行して自殺者を出した大津の中学校です。生徒も、親も、教師も、教育委員会も誰一人毅然とした態度でいじめる子供を叱ったり、注意していないのです。要は無関心の結果が一人の大事な命を奪ってしまいました。いじめられ命をなくした子の親はどんなに辛い思いをしているでしょう。心が塞ぎます。

そろそろ梅雨が明けそうです。西日本は豪雨で大変な被害を受けました。いよいよ暑いの夏到来です。

投稿: papaya | 2012年7月16日 (月) 02時24分

papayaさん、毅然とした態度、大事ですよね。なかなか難しくはありますが。信念・勇気・忍耐が必要かと。いじめの問題も、実際、中学のときにいじめにあった私としては、ひとごとではありません。胸が痛みます。

今日は、Lの幼稚園での「お試し」がありました。私が他のママとお喋りしていたときに、Lは私の姿が見えずに大泣きする場面もありました。その後も、他の子供達と関わり合いたいけれど、どうしていいか分からない(女の子がもっていた玩具を奪ったり、他の子がLに話しかけるとプイッと逃げたり)様子でした。ま、初日ですからね、、、ゆっくり長期戦で見守りたいです。

これからが夏本場ですね。どうぞお大事に。

投稿: ハイジ | 2012年7月17日 (火) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/46308212

この記事へのトラックバック一覧です: お誕生日会:

« 夏祭り | トップページ | ひと夏のプール »