« 再会 | トップページ | リトルペットショップ »

再び湖へ

Brombachsee_1
懲りずに。今度はBrombachsee(ブロンバッハ湖)。
 
先日Rothsee(ロート湖)には行ったばかりですが、今度は同じ方面に、さらに距離を伸ばしてBrombachsee(ブロンバッハ湖)まで行ってきました。
ここは、岸の長さが26kmほどの大きな湖です。 Rothsee(ロート湖)と同様、貯水の目的があるようですが、それより、フランケン地方の人々が余暇を過ごす場所として有名。ヨットなどの水上スポーツの他、湖の周りでは、サイクリングやビーチバレーに興じることができます。
 
 
Brombachsee_2
私たちが選んだのは、Absbergにある「小さいブロンバッハ湖」と呼ばれる一角。ジリジリと日照りの強い日だったので、木陰が有難かったです。
 
 
 
Brombachsee_3
広々~。
 
 
 
Brombachsee_4
砂は若干赤みを帯びているせいか、遠くから見るとそうでもないのですが、水はとても澄んでいました。よく見ると、魚が泳いでいます。
海水と違って、肌にべとつかないことも、湖で泳ぐことの利点。
 
 
 
Brombachsee_5
ジーッとしていると、魚(ドクターフィッシュ?!)が足に寄ってくるので、Nが喜んでいました。
 
 
Brombachsee_6
Lも果敢に水の中で歩き回っています。
 
 
Nと岸から30mほど離れた筏までひと泳ぎした後は、お昼休憩。近くのカフェでカツレツとフレンチフライを。(こんな時、日本だったら、地域の名物料理も含めてより取り見取りの選択が出来るのでしょうけれどね。。。)
 
 
Brombachsee_8
空手軍団も発見。威勢の良い声で、なかなか激しい動きは、テコンドーでした。
 
 
Brombachsee_9
板を叩き割ったり、なかなか迫力があり、Nはガン見していました。
ちなみに、小学校に入りイジメられないようにと、子供に空手を習わせているという親御さんを二人知っています。
 
 
 
Brombachsee_10
元黒帯の夫も、触発されて再起してくれれば、と思ったのですが、、、、無理みたい。見ている方が良いようで。
 
 
 
Brombachsee_11
キャンプ場ものぞいてきましたが、どちらかと言うと若者向けで、大きな音楽がかかり、目のやりばに困るようなポスターがテントに掲げられていて、家族向けじゃないなぁ、と。
 
 
 
Brombachsee_12
駐車場近くには、ミニ動物園と、キャンプファイヤーやアーチェリーなど出来る場所もありました。どうやら学校や団体向きの場所のようですね。 
子供のアーチェリーは吸盤式。N、顔で弓を射っています。
 
 
 
Brombachsee_13
Lはヤギのトラウマを克服したようです。
 
 
 
Brombachsee_7
ブロンバッハ湖は、とロート湖と比べると、賑やかで観光地化されているという印象を受けました。若者も多く、ワイワイやるんだったらこちらでしょう。個人的には、こじんまりとしたロート湖が好みかな。
 

|

« 再会 | トップページ | リトルペットショップ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

木立の影の具合から日差しの強さがわかります。暑そうですね。ロート湖にブロンバッハ湖、ビーチもあって、泳げて、キャンプもできてサイクリングも楽しめるこんな Man Made Lakeが近くにある環境をEnjoyしなくては勿体無い。活動半径が広がってきたのはニュルンベルグに根を下ろした証拠でしょうかね。Lくん、Nちゃんの水を怖がらない雄姿にうっとりです。はんしてアーチェリーを打つNちゃんの表情にくっくっくっと笑ってしまいました。

投稿: papaya | 2012年8月26日 (日) 04時30分

papayaさん、ドイツでは、湖や森など、こういった計画的に作ったことが分かる自然の余暇地が多い気がします。あまりにも綺麗だし、周りののどかな雰囲気に押されて、私も冷たい湖や自然プールで今夏は合計4回も泳ぎました。(私としては快挙かと。)
アーチェリーの顔は笑っちゃうでしょう?表情豊かな子です。Lもお風呂でパチャパチャやっている甲斐あってか、水を怖がらないですね。いずれLも水泳教室に連れていってあげたいと思っています。

投稿: ハイジ | 2012年8月26日 (日) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/46811160

この記事へのトラックバック一覧です: 再び湖へ:

« 再会 | トップページ | リトルペットショップ »