« ファミリーデイ | トップページ | ブルーベリー三昧 »

義理の両親と

Mit_omaopa_1
今回も助けを乞うかたちで呼び寄せてしまいました。

 

Mit_omaopa_2
ちょうどLの幼稚園が始まる前に、ドイツ語強化をした方がよさそうだということと、Nの夏休みが始まったのに、手根管症候群の兆候を見せ始めめている私の左手のことを鑑みて、(夫は、8月はあいにく仕事が忙しく夏休みがとれません。)早々と応援を頼んでしまったという訳です。

 

Mit_omaopa_3
子供達を公園やプールに連れ出してくれたり、買い物に行ってくれたり、それだけでも有難いのですが、子供たちの自主的な言動を尊重しながらも毅然とした態度で子供達と接してくれることが、家中にいい影響をもたらしている気がします。私の場合、気分などによって叱り方が変わってしまったり、子供に甘んじてしまったり妥協し過ぎてしまったりする面がありますからねぇ。。。

 

Mit_omaopa_4
たまに、義父の厳しさと義母の寛大さがかみ合っていないと思うことがあるものの、義両親の言うことは、分かりやすくハッキリしていて、大抵、子供たちの頭にストンと入るようです。口を酸っぱくして言い続けなくてはならない私としては、一体何でだろうと思ったり。威厳の問題なのかしらん。。。

 

Mit_omaopa_5
とは言っても、義両親でも手に負えないことももちろんあります。先日は、NとLは義父の注意をきかずに、トランポリン上でふざけ合いを止めなかったのですが、結局、Nがトランポリンから落下、そして大泣きという結果になってしまった時のこと。義父は「どうして一回で言うことをきかないのか。大けがをするところだった。」とNとLを、かなり厳しく叱りました。

 

Mit_omaopa_7
普段は冷静な義父でも、子供達と接していると、気持ちが動揺することもあるということが分かったこと、そして、私の言いたいことも代弁してくれたことで、私は少しは客観的になれました。Nは痛い目にあってもう懲りただろうと思って、すぐに慰めたい気持ちもあったものの、ここで私が介入して子供を混乱させるべきではないと判断し、義父に任せました。
それにしても、育児って本当に難しい。。。でも、夫が激務の今、義両親が居てくれることで、私一人で子供たちに言い聞かせる重荷が軽減され、気分的にも助かっています。

 

Mit_omaopa_6_2
でも、親は私。任せっきりにしないよう注意しなくちゃです。

|

« ファミリーデイ | トップページ | ブルーベリー三昧 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

手根管症候群、大丈夫ですか?
義理のご両親が助けに来られているようで、少し体力的にも精神的にも助かりますね。
ゆっくり休養してください。

投稿: mihoko | 2012年8月11日 (土) 07時38分

義両親は「飴と鞭」の使い分けが上手なんだと思います。つまり「叱る、褒める」のメリハリがはっきりしていて、子供にわかりやすいってことでしょうか。これって大事ですよね。頭ごなしに叱ったり、わけ分からないことで叱られたりすれば、不愉快さだけが残りますから。それに飴と鞭の飴で思うのですが、叱ったあとはしっかりたっぷり孫と楽しい時間を作ってくれる、本当に素晴らしい祖父母です。こんないい関係の舅姑、嫁、回りを見渡してもそうそういませんよ。ラッキーな縁に感謝ですね。

投稿: papaya | 2012年8月14日 (火) 03時58分

mihokoさん、ご心配、有難うございます。でも、たまにご馳走を作ったり、抱っこが多かったり、沢山働いた(手を動かした)日の明方、痺れを感じて起きてしまうぐらいで、痛みというほどではないんです。手術した方の手は既に管が広がって、神経の通りがよくなっているのか、痺れることはなくなったので、いっそのこと、左手も手術しちゃった方がいいのかな、とお気楽に考えている程度なんです。ここだけの話、「手」はちょっぴり言い訳で、義理の両親に手伝って欲しいなと思っただけなのかもしれません。怠け上手なだけですね。(*^.^*)

投稿: ハイジ | 2012年8月14日 (火) 21時31分

papayaさん、そうですね、義父は、自分は時間があるから、とよく言いますが、義両親は、本当に「待つ」余裕があって、心から楽しんで子供たちと接しているなぁと思います。(私なんて、夜になって子供たちが寝静まるのが待ち遠しかったりすることもあるというのに。。)
褒めたり、叱ったりに関しては、難しいですよね。聞いた話、子供を操るためのごとく、褒め過ぎるのも良くないとか。そうでないと、子供も賢いので、褒められるのを目的に「良い子」に振る舞ったり、人の顔色を見て行動するようになってしまうそうです。義両親を見ていると、感情的に叱ったり、必要以上に褒めたりといったことはなく、淡々としている(一歩離れて子供たちを見守っている)感じもします。でも、根底には、「そのままでいいよ」という子供に対する愛情があるのでしょう。いい義両親で、本当に感謝です。

投稿: ハイジ | 2012年8月14日 (火) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/46602135

この記事へのトラックバック一覧です: 義理の両親と:

« ファミリーデイ | トップページ | ブルーベリー三昧 »