« お泊り会第二弾 | トップページ | バーゼルからの来客 »

L、2歳10ヶ月

L_1
L、来月は3歳になりますが、その前に最近の成長記録を。
 
言葉: ドイツ語に比べて日本語が優勢です。といっても、まだ簡単なフレーズや単語レベルにとどまっていますが。「そうね。」「ご飯よー。」などと、若干女性っぽい話し方をします。「大きい⇔小さい」「多い⇔少ない」「重たい⇔軽い」といった反対語もいつの間にか出来るように。ドイツ語の方も少しずつですが増えてきました。動詞の活用はまだ難しく、原型不定詞のままで、"Papi spielen" (要は、「パパ、一緒に遊ぼう。」)といった話し方をしています。「Manno!(ちっ、やれやれ、くそ)」といった園児が使うような言葉はしっかり覚えてきて、家でも連発しています。
 
体力: よじ登るのは、お姉ちゃん同様、得意中の得意。体力もずいぶんついたようで、(機嫌さえ良ければ)長いこと歩けるようになりましたし、走るのも早くなり(トランポリン上でグルグル走っておいかけっこをする時があるのですが、すばしっこいのなんのって、私が本気で走っても、なかなか追いつけません。)、鉄棒に10秒ほどぶら下がることもできます。
 
イヤイヤ期: 朝起きた瞬間から機嫌が悪く、「ヤダ!」を連発することがあります。今日も、  コロンビアの国旗を指さして「ドイツよ。」なんて言っているので、やんわり訂正すると、「違う!」とムキになっていました。こうなると、何を言っても無理。「ちょっと似てるけど違うね。ドイツの旗は上が黒だよ。」と言いきかせても「違う!」の一辺倒。今週は幼稚園で歯科検査があったのですが、Lは頑なに、お口アーンを拒否。ま、予想通りの結果だった訳ですが、嫌な物は嫌!と断固拒否する強さがあります。
 
身の回りのこと: トイレトレーニングは停滞しています。(というか、あまりやっていない。。。) たまに、教えてくれるので、半信半疑でトイレに連れていくと成功することもあります。靴や靴下を自分で履いたり、ジャケットの脱ぎ着なども出来るようになりました。(あくまでも気が向けば、ですが。)手を洗うのも出来ますが、腕まくりに関しては「ママ、まっくりしてー。」と甘えます。
 
共感: しまじろうの本で、しまじろうが友達の作った積木の家をうっかり壊してしまい、謝って仲直りするというストーリーがあるのですが、「(積木の家を)もっと壊す?」とニヤリと挑戦的に私を見たりします。私が「お友達が作った積木を壊しちゃってもいいの?」と聞くと、すかさず「いいのー!」と笑顔。半分遊び感覚なのでしょうけれど、良いこと・悪いことの区別をつけさせるのが、Nの時より難しいと感じます。
 
数: 1から10まで数えられます。(「しち」と「はち」を時々間違うことはあるようですが。)これは、「ノンタン」の本のおかげかと。お風呂から出るときも10まで数え「おまけのおまけの(きしゃ)ぽっぽー、ぽーっとなったら、(かわり)ましょ。」と付け加えます。でも、実際に数として認識できるのは4ぐらいまで。ミニカーを数えて、「4個ある。」と言ったりします。年齢に関して、もうすぐ3歳になることは分かっているようですが、時々「L、2歳。だんだん5歳になるよ。」とお茶らけたりします。
 
車: 相変わらず車好き。車のロゴを見て、アウディ、メルセーデベンツ、ベーエムベー、フォード、プジョー、ルノー、トヨータ、ニッサン、ホンダ、(ミツ)ビシ、スコーダ、ボルボ、ヒュンダイなどとL式の発音でちゃんと言い当てます。
幼稚園の帰り道、道路脇に駐車している車を一通りチェックしたいらしく、「もっとゆっくり行って!」と毎日のように催促されます。
 
歌:ようやく一緒に歌ったり、手遊び歌をしてくれるようになりました。Nが1歳半頃から「結んで開いて」を見よう見まねで喜んでやっていたのと比べると、大分遅いのですが、Lは今は「糸巻き巻き~」を好んで一緒にやりたがります。「大きな古時計」だったら「チクタクチクタク」のところで一緒に歌いますし、「まいごのこねこちゃん」だったら「ワンワンワワーン」と参加します。
 
怖いもの:「おしいれのぼうけん」に出てくるねずみばあさんを心底怖がります。本当はいけないのでしょうけれど、利かん坊になっている時に、「ねずみばあさんが来ちゃうよ。」と言うと、一時的に効果があります。ま、そのうちその効果も薄れてくるのでしょうけれど。
 
  
絵・工作: まだ絵と呼べるかわかりませんが、描くことには興味があるようです。丸らしき形も登場するように。工作はほとんどやってあげていません。。。幼稚園では、先生の膝に座って工作するところを見ていたりするようですが、もう少し家で工作を身近なものにしてあげなくては。 
 
 
L_2
 
L_5_2
 
L_4
 
L_3_3

|

« お泊り会第二弾 | トップページ | バーゼルからの来客 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

こないだ生まれたばかりのようなLくんがもう2歳10ヶ月とは。成長の早さに驚くとともに、その様子を細かく観察し、丁寧に記録するハイジさんにも驚きです。私は母子手帳に5、6行しか書いていないので、感心しています。

車を見分けるL君の目、どうやったらできるんでしょうね。これもオドロキです。かたや、お話の中のねずみばあさんを怖がるなんて、ヤッパリ2歳児。安心しました。アハハ。

投稿: papaya | 2012年10月 5日 (金) 06時39分

Lくん、もうすぐ3歳ですかぁ。早いものですね。
成長記録、今はホントに記録を残さなくなってしまいました(^^;;
こちらに伺うと学ぶことがたくさんです。
ハッと気づかされることがよくあります。
でも、そう思っても忙しさにかまけて、
実行に移せない自分が情けないです。
Nちゃんの通うボルダリング施設いいですね。
日本(横浜)にこういう施設があるといいのですが、
全身を動かすスポーツ、とても大事だと思います。

投稿: グリンデル | 2012年10月 5日 (金) 22時47分

Lくん、もうじき3歳なんですね。
成長記録、細かい所まで観察していて素晴らしいです。いいママさんですね♡
 ノンタンの絵本も、おしいれのぼうけんも我が子に何度も読まされたなぁ(^^ゞ懐かしい。

投稿: mihoko | 2012年10月 6日 (土) 14時14分

papayaさん、子供が二人になってからは、毎日密度の濃い日々を過ごしているので、Lが生まれたのはもうずっと前のことのようにも思えます。1歳までは、本当に自分から寝入っていく手のかからない子でしたが、やはり自我が発達してきて、きかん坊全開!といった感じで、別人のようにも思えます。(汗)
先ほど、「おしいれのぼうけん」を読んだ後、すやすや眠っています。「ねずみばぁさん」が登場するときは、目を手で押さえるのですが、指の隙間からちょっと覗いている姿が笑えます。

投稿: ハイジ | 2012年10月11日 (木) 15時00分

グリンデルさん、まったく月日のたつのは早いものですね。こちらは、スーパーなどでは既にクリスマスのシュトーレンやレーブクーヘンなどが売り出されていますが、年末まで怒涛のように過ぎていきそうで怖いくらいです。私は午前中は少し時間が出来るようになりましたが、グリンデルさんはお仕事もされているんですものね。それでも、休日になるとシュン君とハル君を連れ出してあげていて、素晴らしいなって思います。物より思い出ですよね。
ボルダリングはこちらでは地味に流行っていますが、いずれ日本でも受け入れられるのではと思っています。施設の場所もそれ程とらないですし。ただ、こちらは自己責任の世界だから成り立つのかな、、、とも思ったりします。

投稿: ハイジ | 2012年10月11日 (木) 15時01分

mihokoさん、成長記録はなるべく思いついたときにメモ書きをしていて、まとまったらブログにアップする、といったことが多いのですが、1、2週間もすると、状況や成長具合も変わってくることがあるんですよね。その度に、今だけしかない姿を、そのままの形で留めておかなくっちゃ、と思うのですが、どうしてもズレてしまうことが多いです。
ノンタンもおしいれも、定番ですよね。「おしいれ」の方は、一部を読んだ夫が「これって体罰?幼稚園の先生、こんなことするの?」と怪訝な顔をしていましたが、私は気に入っています。

投稿: ハイジ | 2012年10月11日 (木) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/47315841

この記事へのトラックバック一覧です: L、2歳10ヶ月:

« お泊り会第二弾 | トップページ | バーゼルからの来客 »