« 秋色の時間 | トップページ | 切り絵教室 »

健康第一

20121027_hatsuyuki
ドイツには人間ドックのような総合健診は無いのです。

 

Resultat
ドイツは自己責任の国であることに加え、医者にかかるのは病気を招いている疾患そのものを治療をするためという考えが浸透しているのに対して、日本は節目節目に健診を行い、健康を崩す前に予防策をうち、「安心」を求める傾向があるように思います。
 
夫と私もここ何年か、特に痛みや病気の症状が無かったので、特に医者に出向くこともなかったのです。でも、このたび思い立って、夫とともに血液検査をしてくれる医者へ行ってきました。
 
そして、血液検査の結果ですが、私の方はヘモグロビン濃度、赤血球数、赤血球容積率、フェリチン(貯蔵鉄)の値がすべて正常値以下ということで、ただちに点滴とferro sanol duodenalという錠剤を処方してもらいました。
 
よくよく思えば、貧血の症状である倦怠感、動悸はありました。でも、体が鉄不足の状態に慣れてしまったいたせいなのか、それほど酷い症状だとは思っておらず、あえていえば、自分の年齢によるものだぐらいに思っていたんですよね。今後、週一ペースで点滴を打つ予定にはなっているものの、家での食事にも十分気を付けなければならないと思った次第です。
 
 
Rotbaeckchen
とは言っても、鉄分の多い食事は、日本であれば、魚介類、ほうれん草、小松菜、ひじき、青のり、きな粉といったものを手軽に利用できるのですが、こちらで鉄分の多い食品といったら、身近なところではレバーやビーツ、卵の黄身、ということになるのでしょうか。心もとないので、Rotbäckchen という薬局でも取り扱いのある、鉄分豊富なジュースも買ってきました。鉄分は、体内で蓄えておくことが出来ないためマメにとる必要があるそうです。ともかく、日々の食事の見直しを、です。
 
あとは、気になるのが、一週間ほど前から続いているLの咳と鼻水。あたたかい恰好をさせ、ハチミツを入れたお茶を飲ませ、咳止めシロップなど与えたり、色々と手を尽くしてはいるのですが、なかなか治らず。食欲も落ちているのが気がかりです。。。

ともかく。健康第一ですね。
 
 
Img_6631
 
Img_6660_2
 
Img_6694
 

|

« 秋色の時間 | トップページ | 切り絵教室 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あら~、お若い二人が気が付いたら病気持ちだったとは、驚かれたことでしょう。
大体、動悸や倦怠感を年のせいと考えるトシでもないでしょうに、子育て中のお母さんは自分のことに無関心すぎ、いけないいけない・・・。心臓は薄い血液を全身に回すのに必死になっていたのですよ。
でも、日本では今、一病息災という言葉が主流です。何か病気があって体に気を使っている方が健康を保てると…。プラス思考でまいりましょう。
お薬は鉄材ですね?。お便が真っ黒になってもびっくりされませんように。
検査データの表現がほとんど日本と変わらず、面白がって読んでいます。そういえば、日本の医学用語ってかつてはドイツ語中心だったのを思い出しました。心電図の略語もかつてはEKG(エーカーゲー)、今はECG(イーシージー)などと変わっています。古い私などは未だにEKGと云っていますが…
看護学校でドイツ語ならったんですよ。グーテンモールゲン・ヘル・プロフェッソール、とグーテンターハ・ヘル・プロフェッソールしか覚えていません。あはは・・・

投稿: すーさん | 2012年10月29日 (月) 16時36分

最近、私の周りで、人間ドック行った!って話よく聞きます。 予防医療って、世界的にあるものではないのですねw
まだ一度もいったことないし、乳がん検査も
いつも授乳期だったりしてなかなか行けないままだったけど、今回はミルクだし、行けるときにいろいろ行っとこう、とは思います。

Lくんの咳き、鼻水、心配ですね。
ちょうどうちもダイ、ユウともに咳きして、特に寝入り、朝が多く、昼間も咳きしてて、病院行きました。

ユウに関しては去年もおととしも同じ時期に来てて、同じような症状、ということで、喘息疑いであるそうです。 季節の変わり目、急に寒くなったり、でちいさな体に負担がかかるのでしょうね、、

こういうことで、初めて「かかりつけ」って大事だなーって思いました。 毎回同じとこにかかる、って長い目で見てやっぱり需要なのね、と。


そうそう、今日、ハルのお手紙と、少しですが、細々したものを送りました。
ドイツへの荷物は、いろいろ卵や乳製品に関して厳しいそうで、手続きが終わるまでに
いろいろ職員のかたも四苦八苦(#^.^#)
英語が苦手な日本人には海外への荷物発送はなかなかの一大事だなーと実感。

ハルたちに習わせてて、出産を機に休んでる英語レッスンをまた再開しなければ・・・と思いました。  少しでも英語に慣れ親しんで、苦手意識だけでもなくしてもらいたいものですw 

で、いつかは簡単な通訳くらいできるようになってもらって、ドイツに遊びに行ける日がくるといいなーw

あ、ドイツ語じゃないけどw

今週末くらいには届くのでは。ってことでしたので、受け取ってやってくださいねw

本当にごちゃごちゃしたものばかりなんですが、、、(~_~;)

投稿: はるみみ | 2012年10月29日 (月) 17時08分

すーさん、またまた楽しいコメントを有難うございます。すーさんにかかると、深刻そうで暗めの話も、笑い話に変えてもらえるので、すーっと気が楽になります。一病息災という面も確かにありますね。今回を機に、食生活の改善が図られれば、それにこしたことは無いですもんね。自分の体力を過信していた20台後半が、一番危なっかしい時期だったかもしれません。

妊娠期から授乳期にかけてははElevitという鉄やヨードの配合されたサプリメントを飲んでいましたが、今回のは、まさに鉄剤です。大きくて喉を通りづらく、すーさんのおっしゃる副作用もあって、出来ればふつうの食生活の中で鉄分を補いたいなぁと思っているところです。

フラウすーさん、たしかに医療用語はドイツ語が多いですね。レントゲン、カイザーシュニット(帝王切開)、カルテなど、結構あるので、面白いなぁと思います。でも、今や英語に移り変わりつつあるんですね。

そちらも寒いのでしょうね。昨日は朝は-7度、今朝は3度、しばれます!

投稿: ハイジ | 2012年10月30日 (火) 15時48分

はるみみさん、人間ドック、至れり尽くせりの日本らしいいいシステムだなぁと思います。やはり私の歳になると、あちこちガタが出てきます。なので、安心料を買うためにも、人間ドックがあればよいのに、と思います。(調べたら、日本人街のあるデュッセルドルフにはあるようですが。あと、一応、55歳だか過ぎれば、さすがにこちらでも定期健診があるそうです。)

ユウちゃん、ダイくんの咳も心配ですね。。。病院行くのも4人連れて行くとなると大変でしょう。。。早くよくなるといいですね。ルーカスも、やはり朝と寝入りに咳をよくしています。でも、止まらなくて眠れない、というほど重症でもありません。昨日、寒い中30分間散歩に出たら、少し収まっていたので、新鮮な空気もいいのかも、と勝手に解釈したりもしていますが、よくならないようであれば、お医者さんにみてもらおうと思っています。

お手紙や荷物、なんだかお手数おかけしちゃってごめんなさいね。私たちも本当に気持ちだけ、ということでお送りしたのですが、逆に気を遣わせてしまって。。。でも、Nはハルちゃんからのお手紙をとても楽しみにしているようです。ありがとうございます。

PSダイ君、いいお名前ですね~。でも、ここでは一応、ダイくん(あとユウちゃんも)の愛称にかえておきますね。

投稿: ハイジ | 2012年10月30日 (火) 15時51分

検査、お疲れ様でした。
癌のような重い病気がなくて良かったですね。

わたしも、2年前に貧血がみつかり、鉄剤飲んでいました(^^ゞ便がね~本当びっくりしますよね(*^。^*)その後、数カ月服用して回復しましたけど。ハイジさんも、早く治るといいですね。

Lくんの咳・鼻水、その後どうですか?
マスクすると、少し楽になると思うのですが、小さい子には嫌がられるかな?
お大事にしてくださいね。

投稿: mihoko | 2012年10月31日 (水) 01時45分

mihokoさん、そうですよね、貧血ぐらいで良かったなぁと思います。鉄の錠剤は確かに副作用が。。。便秘にもなりますし。。。でも、気分も上々、元気が出てきたように感じます。それに、手の痺れも少なくなり、快適です。

Lの鼻水と咳は、アップダウンを繰り返しながら、少しずつ良くなっています。こちらの秋冬は、空気がとても乾燥するので、喉を痛めやすいにでしょうね。おっしゃる通り、マスクをすると、保湿効果もあり、良いと思うのですが、Lが嫌がる可能性は大です。あと、こちらでは、マスクをする人が居ないので、( 豚インフルの時だけ、一時期使い捨てのが出回りましたが。)スーパーでも売っておらず、日本で買ってきた貴重な1枚があるだけなので、使い惜しんでいるという事情もあったりします。(←これじゃ意味ないですね。)

投稿: ハイジ | 2012年11月 2日 (金) 13時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/47614645

この記事へのトラックバック一覧です: 健康第一:

« 秋色の時間 | トップページ | 切り絵教室 »