« 親子ワークショップ | トップページ | Sweet December »

11月のとある週末

201211_16
つらつらと。

 

201211_3
比較的天気の良かった先週末。貴重な日差しです。少しでも太陽を拝むべく、お庭で補習校の宿題をやる友達のSちゃんとN。(Sちゃんはこの日、我が家にお泊りでした。)干支をさっさと書き終えた後は、お絵描きの宿題に命をかけています。几帳面な二人、一時間近く机に向かっていました。

 
 

 

201211_15_2
集中力が途切れてきた頃、お茶らけがはじまり、勉強も中断。

 

 

 

201211_4
そんな頃、嬉しい来客。忘れ物を取りにきてくれたCちゃん親子が、少しの間、立ち寄ってくれて、いっそう場が華やぎました。Nは「Cちゃんも泊まっていかない?」としつこくラブコールまで送っていましたっけ。
 
この年頃の女の子は、小さい子の面倒をみるのは嫌いではないようで、Cちゃんの宿題のお手伝いに名乗りを上げた二人。でも、Sちゃんが先に手を差し伸べると、Nは「じゃ、私はいいや。一人でいいもんね。」とあっけなく引き下がります。効率がいいというか、現金というか。
 
 
 
201211_5
 
たまたま同じ服を着ていて、双子のようなCちゃんとN。
 
 
 
201211_6
そして、その夜は、Sちゃん家族が合流し、皆でチーズフォンデューを囲みました。 お構いなしの食卓ですが、何よりも会話がご馳走。
 
 
 
201211_7
Sちゃんの妹、Mちゃんは、Lとほぼ同い年。めずらしくLが概ね仲良く遊べる友達です。上の子同士、下の子同士が遊べて、理想形。
 
 
 
201211_9
翌朝は、Sちゃんも連れて、Kindergottesdienstに参加。初めての場所でも物怖じせず、堂々と質問に答えるSちゃん。Nもつられて挙手していましたが、友達の効果ってすごいですね。 
 
 
 
201211_10
思い立って、カスパリーへ。Nは昨年、大いにハマっていたのですが、今年は生返事であまり行きたがらず。どうやら、自分は小学生なんだからという変な自負があったようです。でも、Lの付き添いということで渋々付き合ってくれたのですが、昨年同様、楽しんでいたようです。Lはもちろん、口を半開きにして、凝視。ワニが登場するところなど、ちょっと怖かったかな。
 
 
 
201211_11
子供たちは前方に座っていたのですが、休憩時間にテントの外に出た隙に椅子をとられてしまい、親同士でちょっとした言い合いに。その親は、息子はずっとそこに座っていたと言い張るんですよね。でも、結局、余っている椅子を持ってくるという形で落着。こんな風に、時々、ドイツではきちんと主張していかなくては押し切られてしまうことがあるので、どうしても肩に力が入ります。
 
 
201211_1
 
とまぁ、いざこざの話で終わるのも何なので、おまけの写真を。
哺乳瓶片手にたそがれるL。そう、いまだに哺乳瓶でミルクを飲むのが好きなのです。いい加減、哺乳瓶を卒業してはどうかとも思うのですが、本人にとっては、おしゃぶりのように、落ち着くひと時のようで。
 
 
201211_2
 
3歳児によるチョコドーナッツの食べ方。
 
 
 
 
 
201211_12
聖ニコラウスからもらったチョコやクッキーでおやつタイム。
 
 
 
201211_14
 
今日は、みぞれが降る寒い一日でした。普段行くショッピングセンターも、クリスマス仕様。 今週末はクリスマスマーケットも始まり、街中にムードが漂う本格的なクリスマシーズンの到来です。

|

« 親子ワークショップ | トップページ | Sweet December »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

わぁ~楽しそうですね!
我が家も、今月2回程チーズフォンデューしました。むか~しスイスへ行った時に、レストランで日本人向けのチーズフォンデューを食べたのですが、ワインがきつく(わたしあまりお酒が飲めないのです)本場のスイス人はどんなチーズフォンデュー食べているんだろう??と驚きました。周囲を見ると、みなさんミートフォンデューを食べていましたよ。でもやっぱり、本場のチーズフォンデュー気になります♡良かったら、使っているチーズなどレシピ教えてください(^^ゞ
 うちのレシピは、白ワインとピザ用チーズです。

椅子の件ですが、大変でしたね(+o+)わたしは、そういうの苦手。ピシッと言えるハイジさんが羨ましいです。「ずっとここに座ってた」と言い張られて何て言い返したんですか??気になります。

哺乳瓶でミルクを飲んでいるL君の後ろ姿、かわいいですね。大人でいう、午後のティータイムみたいな時間なのかな♡

投稿: mihoko | 2012年11月30日 (金) 01時50分

mihokoさん、チーズフォンデューは、オーソドックスなのが、エメンタールとグリュイエールチーズを半々ぐらい入れて作ります。最初は、ガーリックを鍋底にこすり付けて香りを出し、その後にチーズ、お好みでキルシュ(さくらんぼの醸造酒)や白ワインを入れます。でも、今回は、簡単に、アッペンツェラーチーズがたっぷり入った市販のパックを使ってしまいました。ちょっと邪道かもしれませんが、アッペンツェラーはちょっとクセがあって、個人的にはとても好きなチーズです。
ちなみに、日本で見かけるトマトフォンデューなどは、あまりスイス人の間では食べないようですね。
チーズフォンデューの時には、サラダなども無く、ひたすらパンをチーズにつけて食べます。あとは、大事なのが、冷たい飲み物を飲まないこと。お腹の中でチーズが固まっちゃうとか。白ワイン(スイスのフォンダンがあいます)かお茶がいいようです。
ミートフォンデューとは、スイスではフォンデューシノワーズと呼ばれているものかしら?私はスイスのしゃぶしゃぶと呼んでいますが、薄切り肉を煮立ったブイヨンにくぐらせて食べるお料理です。なぜシノワーズ(=中国風)と呼ばれるのか知りませんが、夫の実家では、クリスマスや大晦日によく登場します。おそらく今年も出てくると思うので、またアップしますね。
椅子の件は、私もカチンと来て、言いかえしました。「何を言っているんですか。子供達は最初っからここに座っていました。」みたいな。子供たちは私をジッと見ているし、間違ったことは言っていないので、ここで引き下がってはいけないという思いを強くしたようです。でも、疲れましたー。

投稿: ハイジ | 2012年12月 2日 (日) 23時20分

頭をくっつけあって新聞を読んでいるのでしょうか。トップの二人、い~い写真です。こんな仲のいい様子をカメラのフィルターから覗くと、子育ても悪くないと思わない?姉弟や友達同士、こどもが仲良く遊んでいる光景は親にとっても至福の時間ですよね。
椅子の件ではよく頑張りましたね。(一目瞭然の正しいことでも)主張しなければ押し切られそうな図太さを持った人を相手にするのはホントに大変、よ~く分かります。凛とした強さと、ぶれない姿勢は文化圏の違う国で暮すほど大事なんでしょうね。。子供たちもお母さんをきっと頼もしく思ったことでしょう。子供にいい教育が出来たと思います。論争を嫌い、あいまいに妥協する事が美徳とする風潮がある日本、政治家の外交力不足は、こんなところから来ているのかも・・。それにいじめの問題も・・。子供の頃から自分の意見をはっきり言う訓練が必要ですね。明日は衆議院選挙の告示です。民主、公明、自民、未来の党維新の会、みんなの党、などなど多党の出現に戸惑っています。16日が総選挙です。年の瀬が近づいたこの忙しいときに・・と、そちらのクリスマスイルミネーションに彩られた、落ち着いた街の様子が羨ましいです。

投稿: papaya | 2012年12月 3日 (月) 13時17分

papayaさん、最初の写真、実はかなりピンぼけなのですが(縮小してあるので、あまり目立たないかもしれませんが)雰囲気重視ということで。昨年の幼稚園の写真が載っていて、Nや、Lも知っているクラスメイトが写っているので、二人で夢中になってみていました。短い時間ですが、確かに癒される瞬間でした。
でも、現実は厳しいです。今朝も、朝っぱらから喧嘩勃発。Lが咳をしているのですが、Nは「Lったら、わざと前を向いて(Nの方へ)咳をする!」と怒り、Lも「違うよ!」と言いながら、わざと咳を吹きかけたり。それぞれ言い分はあると思うのですが、ギャーギャー甲高い声で叫ぶのはやめて欲しいとつくづく思います。でも、「もう朝からウルサイ!」と叫んでいるのは私なので、傍から見ると、どいつもこいつも、という感じなのかもしれません。
言い分を通すこと、折れること、どちらも大事なのかもしれませんが、外では、しっかりと言い分を通し、内では(家族内では)妥協もしながら穏やかに過ごしたいものですね。

投稿: ハイジ | 2012年12月 4日 (火) 13時15分

遅くなりましたが、チーズフォンデューの本場の作り方、ありがとうございます♡
わたし、前世はスイス人かと思う程チーズが大好きなんです(笑)ロックフォールとか大好きです。滅多に売ってないし(田舎なので)高いけど、見つけるとうれしくて買ってしまいます(笑)スイスは、ロックフォールも安く簡単に手に入るんでしょうね。
  ミートフォンデューですが、確かオリーブ油に肉や野菜を入れて(揚げる)食べた記憶があります。やり方はチーズフォンデューと同じでした。ハイジさんわかります??場所はグリンデルワルドだったかな??多分。

投稿: mihoko | 2012年12月17日 (月) 06時28分

mihokoさん、ロークフォールがお好きとは、相当イケる口ですね。青カビ系は、イチジクのソースやハチミツをつけて食べたりするのが好きです。私はウォッシュタイプのエポワスが好き。これまた相当強い香りがしますけどね。これと、赤ワインと新鮮なパンがあれば、幸せです。mihokoさんだったら、ハード系のチーズのアッペンツェラー(黒ラベルが特に熟成度が高い)も大丈夫でしょうね。これらのチーズは、義父がダメで(スイス人なのに)、きっちりラップしていても、冷蔵庫を開ける度に、 「クサい」と文句を言われます。
いつか私もミートフォンデュー食べてみますね。

投稿: ハイジ | 2012年12月18日 (火) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/48028797

この記事へのトラックバック一覧です: 11月のとある週末:

« 親子ワークショップ | トップページ | Sweet December »