« Sweet December | トップページ | クリスマスマーケット »

冬の楽しみ

Winter_1
どんよりとした鉛色の雲に覆われ、空気も凍りつくような天気が続いています。

 


Winter_2_2
日の出時刻は8時頃、日の入りも16時過ぎ。今週は、太陽が顔を覗かせることは
殆どなさそうです。。。
 
 
 
Winter_3
こうも寒くて、ウェットで、暗くなるのが早いと、外遊びもなかなかできません。
  
 

Winter_4_2
ということで、必然的に、この11月から4月まで続く閉ざされた季節の楽しみ方と言えば、
芸術鑑賞と相成ります。 今、読んでいる「ドイツ人の心(著者:高橋義人)」には、「ドイツ人の内省的な性格はこうした風土によって培われたものであり、ドイツで学問と音楽が栄えたのも、冬の長い風土と決して無縁ではない。」とありますが、そうかもなぁ、と同感したりも。
 
ちょうど12月は、コンサート、バレエ観賞などと、目白押し。そういう楽しみを見つけていかないと冬を乗り切れないという事情もありますが、冬ならではの過ごし方を模索していきたいところ。
 
 
 
Winter_5
先週末は、第一弾、Nの友達Sちゃんが演奏するバイオリンコンサートに行ってきました。
 
 
Sちゃんが堂々とソロでバイオリンを演奏したり、大きな子供達に間に入って演奏する姿は心打たれました。Nにも刺激になったようですが、本人は楽器はやらないとピシャリ。ま、本人の好き嫌いもあるし、向き不向きもありますからねぇ。
 
 
 
Winter_6
そうそう、コンサートの途中で、演技派のサンタさんが現れ、出演者の子供達だけでなく、観客席にいる子供達にもチョコを配ってくれました。Nは「あれは、本物じゃないね。毛の辺りが違うもん。変身してるんだよ。」と見抜いていましたが、なかなか騙されてくれないお年頃になってきたようです。
 
 
 
Dvd
そうそう、数か月前から lovefilm.de
という、いわゆるポスレンのようなDVDレンタルサービスに加入しています。通常は月12ユーロの会費(一枚ずつ好きなだけ借りる場合)ですが、お試し期間ということで、6ヶ月間18ユーロというお値段。
 
これまで、印象に残ったものでは、下記三つ。メモメモ。
 
  • 「英国王のスピーチ」: 吃音症に悩むイギリス国王王ジョージ6世と、言語療法士のライオネル・ローグの関係性の描写を軸にした物語。コリン・ファースの抑制された演技が見もの。
  • 「申告するもの、なし」: フランスとベルギーの国境を舞台とした、二国の税関職員によるいざこざを面白おかしく描いている、ヨーロッパならではの問題を扱った映画。ひねたユーモアが効いています。  
  • 「スリーデイズ」: 無実の罪で投獄された妻を助けるため、命を掛けた脱獄計画を実行に移す男の姿を描いています。ありえないよね、とツッコミどころ満載なのですが、スリルは味わえます。
 

Winter_15
今も雪が降り続いているようで、しんしんと冷え込んでいます。

 

|

« Sweet December | トップページ | クリスマスマーケット »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/48075428

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の楽しみ:

« Sweet December | トップページ | クリスマスマーケット »