« 中間成績表 | トップページ | 羽を伸ばして »

ドカ雪とコラージュ

Schnee_4
いや~、よく降ります。

 

Schnee_3
つい少し前までは、日差しもわずかながら暖かく、小鳥のさえずりも聞こえ、春も間近だと思えたのですが、そんな期待をあざ笑うかのような大雪です。

 

Schnee_1
朝の雪かきも大わらわ。業者に申し込めば、1シーズン160ユーロだかで家の前の歩道の除雪をしてもらえるのですが、最初の冬は殆ど降らず、無駄金になってしまったので、以降は、自力で雪かきをしています。でも、業者に頼んでいる隣近所の歩道が朝から綺麗なのに対し、我が家の前の歩道10mほどだけがきっちり雪に覆われているのは、やや虚しいのです。

 

Schnee_5
こう見ると、雪に覆われた木々も綺麗なんですけれどねぇ。。。 

 

Collage
雪の日は、家の中の作業もはかどるようで、写真のコラージュが完成。NとLが生まれた時からの写真の寄せ集め。家族の履歴です。

それにしても、車がスリップして仕方ないので、困ります。春よ来い!

|

« 中間成績表 | トップページ | 羽を伸ばして »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こちらは今日は小春日和です。
梅も少し遅れて咲き出しました。
私としてはまだまだ雪や冬を楽しみたいところですが・・季節は待ってくれません。
今は春から通園する幼稚園の準備をしているところです。どんなにミシンが便利になったとはいえ慣れないので失敗ばかりです。
保育園と違いお迎えが早くなるので、降園後どのように過ごすことになるのか・・今からちょっと心配でもありワクワクもします。
ハイジさん、降園後の過ごし方でアドバイスがあったら宜しくお願いします。

投稿: yellowcow | 2013年2月28日 (木) 06時22分

車の運転、気をつけてね。

投稿: papaya | 2013年2月28日 (木) 14時17分

yellowcowさん、おそらく12時頃にはお迎えに行かれるのでしょうか。そうすると、午後はずっとYくんと一緒に過ごされるのでしょうね。長いかなと感じるかもしれませんが、最初の頃は、Yくんにとって刺激が多い幼稚園での出来事を消化するために、一番安心できる家でゆっくり過ごすことはとても意味があることなのかもしれませんね。Lの幼稚園やNの学校が始まった直後は、お出かけやお稽古事はなるべく控えて、穏やかな時間を過ごすようにしました。(Lに関しては、四か月たった辺りから、体操教室に行くようにしました。)家でただ遊ぶだけだったり、まったりするだけだと親が気が抜けて余計に疲れてしまうこともあるんですけどね。そこは敢えて我慢して。子供の性格にもよると思うのですが、我が家の場合、習い事や「やらなくてはならないこと」が多過ぎるとオーバーフローしてしまうので、学校・幼稚園がはじまってから数か月はなるべくまったりと過ごしました。
Nが日本の幼稚園に体験入園させてもらっていた時期は、午後は公園に行ったり、(日本は冬場も天気が良いので、公園遊びが楽しめました。)買い物に行ったり、(可愛いものが沢山。買い物嫌いなNも日本でお店をブラブラするのは好きだったようです。)、楽しんでいました。友達が出来てからは、ママ友と一緒に公園でピクニックもしました。年少さんだと、まだ友達にそれほど固執しないかもしれませんが、年長さんになるに従い、徐々にいい友達が自然に見つかるといいですね。

投稿: ハイジ | 2013年2月28日 (木) 14時30分

papayaさん、ありがとう。でも、この記事を書いた後ぐらいから、大分気温も上昇し、来週は12℃ぐらいまで上がるとか。夏タイヤに交換する時期も近そうです。

投稿: ハイジ | 2013年2月28日 (木) 14時32分

ハイジさん、貴重なアドバイスありがとうございました。そうですよね、子供の様子をみながら時間の過ごし方みつけたいと思います。
来週は坊ちゃん列車に乗りに愛媛県に行ってきま~す。

投稿: yellowcow | 2013年3月 1日 (金) 07時53分

yellowcowさん、坊ちゃん列車、いいですね。道後温泉にも入れたら、さらに素敵かな。思い出に残るご旅行となりますように。
入園前までの期間、旅行やミシンがけ、楽しまれて下さいね~。

投稿: ハイジ | 2013年3月 1日 (金) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/49664154

この記事へのトラックバック一覧です: ドカ雪とコラージュ:

« 中間成績表 | トップページ | 羽を伸ばして »