« ドカ雪とコラージュ | トップページ | ようやく到着 »

羽を伸ばして

Tucherland_1
はじけていました。

 

Tucherland_2
1年生の前期も無事に終え、宿題もない週末は、とことん遊ぶぞー、とNの学校の友達を誘ってTucherlandに行ってきました。子供たち4人も面倒みきれるかなと心細かったので、最初だけ夫にもついてきてもらったのですが、全く問題無し。  

 

Tucherland_7

 Tucherland_8

二人の友達は、Nにとってはクラスだけでなく、その後の学童も一緒ですし、年明けから週一ペースで互いの家に行き交う間柄なのですが、大胆なところや羽目をはずすタイミングなども似ていて、兄弟が増えたような錯覚さえしました。一同に、「アイス食べたい!」「またゴーカートに乗りたい!」(ゴーカートは追加料金が発生します)「喉がかわいたー。ジュースがいい!」などと欲求を通そうとする場面もありましたが、基本的には、元気で素直で可愛らしい子供たちです。自分の荷物などは放置せずきちんと責任を持って管理しているし、自然にLを守ってくれたりしてくれて、私も子供たちの熱気に圧倒されつつ、連れて行った甲斐あり、と大満足。

 

Tucherland_4

  Tucherland_3
Lの方は、あぶれたら可哀相だなと思っていたのですが、こういう時は、NもLを構ってちゃんと一緒の輪に入れてあげようとするんですね。友達もLを煙たがることなく、時折り2対2に分かれて遊んでいました。Lも、すっかり友達にも馴染んで、名前をよんだり、最後までお姉ちゃんたちにくっついて走り回っていましたよ。

 

Tucherland_5

Tucherland_6
16時頃友達を送り届けると、ビールでもと誘われ、そのうちに夜ご飯も一緒に、ということになり、彼らが行きつけのピッツェリアへ行くことに。

 

 

Tucherland_9
こうして、長くも充実した日曜日が終わりました。

 

|

« ドカ雪とコラージュ | トップページ | ようやく到着 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

ハイジさん、Nちゃんの笑顔最高!
ハイジさんも、その子たちがおとなしいかやんちゃか関係なく人の子の面倒を見るのって責任があって気疲れて大変だった事と思います。お疲れさま!

ハイジさんのブログを読むと、ずっと日本で育ってきた私の語彙の少なさとか、言葉の選び方の貧弱さに恥ずかしくなるんだけれど、でもすごく勉強になる。前向きで建設的な考えにうんうんと唸っちゃうし。

中学、高校あたりによく読んでいた本なんかもし覚えてたら教えてください。多分あの頃本をしっかり読んでなかった事が今の自分の表現能力に影響がある気がして。
またね!

投稿: zurigo | 2013年2月28日 (木) 17時23分

zurigoさん、この友達二人は双子なんだけど、うち一人とはNは素手で喧嘩した過去もあるんです。その時に、Nは、「あの子はなかなか強いよ。」と喧嘩しながらも妙に感心していたんだよね。今ではすっかり仲良しになっちゃった。私としては、そういう一対一の喧嘩は、奨励するわけではないけれど、起きてもしまっても仕方がない、ある意味健全な成長過程だとも思っているの。幸い、相手の親がガミガミ騒ぎ立てるような人でなくて良かったです。

読書家のzurigoさんに語彙に関して褒められるなんて、恐れ多いわ。日本語が変だよー、と家族に時々指摘されているし、先ほどは友達へのメールで「無味無臭」と書いたけど「無味乾燥」じゃなかったっけ、と気が付いて慌てているような状態なのよ。それでも、ちょくちょくブログを書き綴っているので、多少なりとも日本語の忘却を食い止める手立てになっているのかもしれないけどね。

高校の時は、ユニークな英語の先生に恵まれて、ひたすら「英語じゃなくて日本語をやれ」と言われたんです。「母語が上手くならないと、外国語だって上手くならないんだな。」と。で、いわゆる日本文学を手当たり次第に読んでたの。(当時、付き合っていた人が勉強家だったので、私もつられて、という不純な動機があったのも確かだけどね。)

今日は、Nに「『真っ赤』とは言うけど、どうして『真っ綺麗』」とは言わないの?」、「『お邪魔します』って何?邪魔するって変じゃない?」なんて質問にあったばかり。日本語って本当に難しいよね。

投稿: ハイジ | 2013年3月 1日 (金) 21時14分

Nちゃんのアイデア、頂きです。フレンチフライも食べ方一つで鬼になるんですね。いままでL君の食べ方しか知りませんでした。(アハハ)

よそのお子さんも一緒に遊ばせているハイジさんをえらいなァと思います。
この頃日本は何かと責任問題がとわれ、何かあったらどうしようと人様のお子さんを連れ出したり、遊ばせたりすることを躊躇するお母さんが増えています。子供は子供同士で楽しく遊ぶので、手がかからないって云ういい面もあるのにね。

投稿: papaya | 2013年3月 6日 (水) 03時42分

papayaさん、フレンチフライの鬼ですが、確か前には柿ピーでそんなことをやっていましたっけ。。。テーブルマナーが相変わらず悪いです。(汗)

今回連れ出したNの友達二人は、これまでにもお互いの家に行き来していたので、ある程度勝手がわかっているので、問題ありませんでした。先方のお母さんも、日曜日に静かな時間が出来たことをとても喜んでいました。(でも、それでも心配しているといけないと思い、途中でSMSで彼女にメッセージを送りましたけどね。)幼稚園の子供たちだと、私一人では心配かもしれませんが、小学生になると、ちゃんと自分の出来る範囲をわきまえてくれるので、楽なもんでしたね。

投稿: ハイジ | 2013年3月12日 (火) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/49724993

この記事へのトラックバック一覧です: 羽を伸ばして:

« ドカ雪とコラージュ | トップページ | ようやく到着 »