« 仲良しこよし | トップページ | オランダ1~2日目 »

本読みのすすめ

N
本の虫になるために。

 

Nは日本語もドイツ語も大分読めるようになったのですが、自主的に本を読むことはまだ少ないです。でも、本自体は大好き。読み聞かせると没頭します。補習校から借りた「シートン動物記」など、内容的にまだ難しいかなと思うものも、読んであげればのめり込んで聞いているので、おそらく原因はまだ字を読む速度が遅いことに起因しているようです。一つ一つ字を拾って読んでいるうちに、内容が薄れてしまうのでしょうね。

「読みなさい」と押しつけても決して本読みが好きな子にならないでしょうから、何か他の方法を見つけたいところ。とは言え、夜の読み聞かせの時に、Nが読む出番をさりげなく作ろうなんて思っても、「ママが読んでぇ。」とかわされちゃいます。プリキュア関連の本(マンガ)なら、ペラペラとめくっていることがあるので、それをもう少し揃えてあげるのもいいかなぁと思ったり。

 

Leseausweis_2
少し前に、担任の先生との面談の際に相談してみたところ、こんな冊子をもらいました。読んだ時間を分単位で記入し、都度親にサインしてもらい、たまったらご褒美、という仕組みです。勉強にご褒美を与えるのは、賛否両論あるかと思うのですが、きっかけとしては良いと思いますし、現にNはやる気になっているようです。

あとは、周りでも評判のアントリン。これは、本を読み終えた後に、パソコン上で内容に関するクイズをし、ポイントをかせいでいくプログラムです。使用にあたっては、学校からユーザーネームとパスワードをもらう必要があるのですが、昨日、登録情報を先生がメールで知らせてくれました。早速、やってみたいと思っています。

 

Nl
と、こんな風に模索中ですが、先日、私の手がふさがっていた時に、NがLに「Anton und der große Streit」という本を読んであげていました。Lも耳を傾けられるような簡単かつ愉快な内容なのですが、10分ほどかけて最後まで読んであげていました。年齢に見合った内容の本であること、聞き手がいること、親が子供をある程度放っておくこと、が大事だなぁと思った次第です。

|

« 仲良しこよし | トップページ | オランダ1~2日目 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

「本読みのすすめ」には子供の成長に見合った、いろいろな方法があるものですね~。感心しました。先生もよく理解(協力)してくれて素晴らしいですね。

シートン動物記はハイジさんの秘蔵の本じゃなかったですか。「狼王・ロボ」の話は、読むたびに涙を流していたのを思い出します。Nちゃんも動物や昆虫などすべての生き物に感情移入しそうな子。ますます本が好きになるでしょう。

「本読みのすすめ」の極めつけは、ハイジさんが最後に書いた、年齢にあった本、聞き手がいること、親が適度にほっておくこと、これが一番。大変ためになりました。一生懸命読んでいるNちゃん、しっかり聞いているL君、2人の姿がなんともほほえましいです。

投稿: papaya | 2013年4月 8日 (月) 10時01分

Nちゃんと2か月違いのわが孫ミーコは本好きらしいのです。で、ばーちゃんとしてはたまに本を買ってあげようと思うのですがどんな本が良いのかさっぱりわかりません。そこでお兄ちゃんたるカズの出番、ミーコはね、この本持ってるよ、この本いつも読んでるよ…そこから傾向をつかみ対策を練るのです。あはは
みーこはNちゃんに半年遅れて今日入学式です。あののんびりミーコが1年生の課題についていけるのか…ばーちゃんはドキドキしています。Nちゃんのしっかりぶりに、2つも3つも年上に見えてしまいます。

投稿: すーさん | 2013年4月 8日 (月) 13時20分

そうそう、小学5年になるお兄ちゃんカズ君に怪盗ルパンシリーズを買ってあげたら面白がって読んでいます。次はシャーロック・ホームズを考えています。どちらも私が小学生の時大好きだった本なのです。ばーちゃんの好みを押し付けてゴメン!

投稿: | 2013年4月 8日 (月) 13時32分

papayaさん、ははは、まさの親の好みを押しつけてしまっているのかな。幸い、補習校で本の貸し出しを行っているので、毎週5冊程度借りてきて、二人に読み聞かせています。(字の本は、Lにはまだ無理ですが。)多少の単語が分からなくても、なんとなく意味や雰囲気をつかみとっているようで、子供の頭の柔らかさ・想像力には感心しています。今読んでいるのは「やさい町どんどん」。私も楽しんでいます。

投稿: ハイジ | 2013年4月 9日 (火) 17時18分

すーさん、ミーコちゃんも新一年生ですね。ご入学、おめでとうございます。幼稚園とは違った大変さもあるかもしえませんが、ミーコちゃんにとって可能性がぐーんと広がるはず。いい友達が見つかって、自分の居場所を早く見つけられるといいですね。
カズ君はしっかりおばあさまの好みも受け継いでいるようで嬉しいですね。私も探偵者系は好きでした。シャーロック・ホームズは(本も映画も)大好きでしたし、江戸川乱歩もハマった時期もありました。シートン動物記に続き、好みを押し付けることになるでしょう。私もゴメン!

投稿: ハイジ | 2013年4月 9日 (火) 18時17分

子育てで本を読む時間がなかった時、子供が幼稚園に行き出したら、絶対にたくさん読むぞ!と心に決めていたけどいざそうなってみると、日中に読むってすごく贅沢って思った記憶があります。そんな難しい本は読まない(読めない)けど、読書ってなんか好き♡

うちの子たちは、長男・長女は読書好き。でも、次男は読書というと図鑑系。物語を読んでほしいけれど、どうも好きになれないらしいです。担任の先生に相談したところ、図鑑から習慣づけしていくのもありだそうです。シートン動物記なら大丈夫かな?うちに1冊あった気がするので、探してみます!

投稿: mihoko | 2013年4月17日 (水) 02時33分

mihokoさん、日中に読書って確かに贅沢ですよね。日が降り注ぐリビングで横になって、煎れたばかりのコーヒーでも片手に。実現させたいと思ってもなかなか。。。少なくとも午前中は、一人時間があっても、買い物・夜の食事の下ごしらえ、子供の関連のこと等で、アッと言う間に時間が過ぎてしまいます。Lが昼寝をしてくれたら午後にも1時間は出来るのですが、それでも、あれもしなきゃ、これもしなきゃ、なんて思っていると集中できないんですよね。ということで、読書は就寝前、というのが常になってしまっています。本当は親が本を楽しむ姿を子供が目にするのも悪くはないのかもしれませんけどね。
図鑑が好きなのもいいことだと思います。そういうLもレゴやプレイモービルのカタログが大好き。いずれ読書も好きになってくれればなぁとは思っています。動物が好きだったら、シートン動物記、おススメです。

投稿: ハイジ | 2013年4月17日 (水) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/51101667

この記事へのトラックバック一覧です: 本読みのすすめ:

« 仲良しこよし | トップページ | オランダ1~2日目 »