« Volksfest | トップページ | カレーの効用 »

新学期

20120406_1_2
補習校でも一年生になりました。
 
 
 
20120406_3_2
現地校はすでに一年生になっているので、これでどちらの文化においても胸を張って一年生!と言えます。
 
 
 
Textbooks
もちろん、喜んでばかりではいられなく、とうとう勉強の方も本格始動です。初日に配布された教科書類もどっさり。私が若干の威圧感を感じているのを余所に、張り切っているNは早速宿題にとりかかっていました。分かりやすい宿題項目の書かれたリストに従い、音読やドリルなどをこなしていくのですが、音読一つとってもやはりまだ親が傍にいて聞いていてあげないといけないのが現状です。これが忍耐を要する時もありますが、補習校の先生がたが口を揃えて言われるように、家でのフォローが肝心だと思うので、良い距離を保ちながら見守っていこうと思っています。
 
そして、何よりも、良い先生や良い仲間に恵まれていることに感謝し、楽しんで通って欲しい、と思います。
 
 
 
20130407_2

Lも勉強中。迷路が主で、たまに間違い探し。
 

|

« Volksfest | トップページ | カレーの効用 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

教材がどっさりですね。

音読・・他の県は分からないけど、こちらでは6年間毎日宿題にあります。もちろん親が聞いてあげて、カードに評価を記入して提出なんですが、聞いてあげるのが本当面倒くさいです(子供には秘密(笑))ちゃんとその時間を確保してあげるべきなんでしょうけど、上の子の時から数えると、10年になるので家事をしながら適当に流しながら聞いてます(汗)

最初は、時間割から全て一緒にやらないといけないですから、大変ですね。でも、Nちゃんはしっかりしていそうなので、あっという間に一人で出来るようになるんじゃないかな♡

投稿: mihoko | 2013年4月18日 (木) 05時51分

mihokoさん、音読の宿題が毎日とは大変ですね。補習校の宿題にも音読はありますが、なんせ週に一回なので、前日の金曜日にまとめてやることも可能といえば可能なんです。でも、毎日の積み重ねを大事にしなくてはいけないのでしょうね。一年生なので読む量は少ないのですが、まだつっかえつっかえ読むので、時間はかかります。上級生になれば、ある程度スラスラと読めるようにはなるのでしょうけれど、今度は読む量が増えるのでしょうね。私も上手に聞くふりをしながら(笑)、子供の音読が続けられるようにと思っています。

投稿: ハイジ | 2013年4月19日 (金) 14時19分

Nちゃんの1年生入学おめでとう!!宮本武蔵の両刀使いのように、二つの言葉を自在に話す頭の中はさぞ大変だろうと思うのですが、Nちゃんなら難なくやっていきそう・・。楽しく学ばせるコツってありますか?・・・やっぱり「褒めて育てよう」ですかね~。

投稿: papaya | 2013年4月23日 (火) 14時36分

papayaさん、きっと二言語を学ぶことによるストレスは少なからずあると思います。高学年になると、半分泣きながら宿題をやる、なんてこともあるようですし。当面は、Nは補習校を楽しみにして通っているようなので(休む?と聞くと必ず行く!と答えます。)そういう環境に感謝して、朝のお弁当作りも頑張るかー、って思っています。

投稿: ハイジ | 2013年4月23日 (火) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/51270670

この記事へのトラックバック一覧です: 新学期:

« Volksfest | トップページ | カレーの効用 »