« 新学期 | トップページ | Lの休暇 »

カレーの効用

Curry_1
カレーはカレーでも、この日はスリランカのカレーです。
 
Curry_4
バトミントンメイト(週一のペースで続けています)がおススメのMount Laviniaへ。
 
三人集まったので、幾つかの種類を取り分けることにしました。選んだのは、レンズ豆、オクラ、なす、カンクン、Kresse(コショウソウ)のカレー。スリランカのカレーは具材が一種類の単品カレーが主流です。それぞれが小さな器に盛られて登場。
 
 
 
Curry_2_2
 
インド系シンガポール人の友人曰く、日本のカレーは甘くて、スターチ系の味がするとのこと。確かにルウには澱粉が含まれますからね。対して、スリランカのカレーはココナッツミルクが豊富に使われてコクが加わり、豆や野菜が煮込まれてとろみが出るそうです。
 
辛さに関しては、1から6まで選べるので、私たちは4を選んだのですが、十分辛かったです。でも、体がポカポカとして、新陳代謝もアップ。お喋りも、食文化の話から掃除のポイントの違いまで多岐にわたり、楽しかったです。
 
 
 
Curry_3
残りはドギーバッグにしてもらい、私のお昼ご飯に。ご馳走様でした~。

|

« 新学期 | トップページ | Lの休暇 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

1枚目の写真、美味しそうですね!私も食べたい(笑)
基本、カレーならどのタイプも好き。
日本のカレーは甘くてカレーじゃないって言う人もいるけれど、いろんな野菜がゴロゴロ入っていて家によって、入ってる野菜が違ったり隠し味が違ったり、面白いです。

あと、カルディーなどで売っているメ―プロイ カレーペーストのグリーンカレーたまに作ります。ドライカレーも、久しく作ってないな・・カレーが無性に食べたくなりました(笑)今晩はカレーに決定!

投稿: mihoko | 2013年4月23日 (火) 02時43分

このブログに触発されて今日はカレーを食べました。ソースやしょうゆやケッチャプを入れてお砂糖も少し入れて、ヤッパリ甘口です。スリランカのカレーは種類も多そうだけど、辛さも16段階ですか!数字が大きくなるほど辛いのですか?春が行きつ戻りつしている寒い日は、カレーで体を温めましょう。ここ数日の日本もメチャ寒い!東北の方では桜と雪が混在しています。

投稿: papaya | 2013年4月23日 (火) 14時27分

mihokoさん、タイのグリーンカレーもいいですよね~。時々むしょうに食べたくなります。
あとは、大事だなぁと思うのが適したお米。インドのカレーにはバスマティライスだし、タイならジャスミン米。日本のカレーにはやはり日本米がぴったりくるんですよね。今回食べた赤米も、雑穀っぽいのですが、それはそれでこのカレーに合っていました。
そういえば、スイスでは、カシミールカレーがポピュラーだったりしますが、これはレーズンやナッツ、パイナップルなどが入ったカレーで、これはこれで美味しかったりします。
たかがカレー、されどカレー。思ったより奥が深そうです。

投稿: ハイジ | 2013年4月23日 (火) 22時09分

papayaさん、私も小さい頃に食べたのは日本のカレーなので、それがやはりカレーの基本になっていると思います。隠し味の醤油も良さそうですね。
このスリランカのお店ではカレーは1から6までの辛さで、6が一番辛いそうです。私は4で十分でした。
カレーといえば、昔、カレーパイが美味しくって食べすぎた記憶があります。その後、しばらくカレーパイは見たくもなくって。。。好きだと言っても食べ過ぎは禁物。何事も中庸が大事ですね。

投稿: ハイジ | 2013年4月23日 (火) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/51270701

この記事へのトラックバック一覧です: カレーの効用:

« 新学期 | トップページ | Lの休暇 »