« Erfahrungsfeld 2013 | トップページ | イタリア一日目 »

Pfingstenの休暇

Portofelice_15
早めの夏休み。

 

 

Portofelice_4_2
Pfingstenの学校休みの間に、イタリアにあるPortofeliceというキャンピングサイトに滞在してきました。

 

 

Portofelice_14
この場所を紹介してもらった友達Yさん家族と一緒に行ったのですが、理想的な休暇になりました。

 

  

Portofelice_16
ドイツ人のママ友からも、キャンピングカーでクロアチアに行った、イタリアでキャンプした、といった話を聞くことがあったのですが、いざ自分たちも経験してみて、その良さを実感。

 

 

Portofelice_3
陸続きだからこそできる、国を越えての車旅行の醍醐味は、ヨーロッパに住む人が味わえる特権かもしれません。

 

 

  
Portofelice_1
イタリアまでは700km。休憩をはさみながら、なんとか乗り切りました。

 

 

  
Portofelice_2
子供たちは車内では、携帯DVDプレーヤーでトトロや長靴下のピッピを観ていました。休憩中は、できるだけ体をほぐして。

 

 

Portofelice_18
ようやく到着したときは、安著と高揚した気持ちとが織り交ざり、なんともいえぬ心もちに。

 

 

Portofelice_11
Portofelice_9
ここは、キャンプ場といっても、施設が充実しており、敷地内にはプールも公園もスーパーもレストランも備わっています。

 

 

Portofelice_10

海へは徒歩で10分程度、子供のためのアクティビティーは毎日開催され、子供にとってもパラダイスのような場所でした。

 

 

  
Portofelice_5
私たちが宿泊したのは、Chaletという宿泊施設。

 

 

Portofelice_6

 
まだ子供が小さいうちは、テントを張ったり、キャンプファイヤーをするのは、しんどいですからね。キッチンやバスルームが備わっていて正解でした。

 

 

Portofelice_7

ベッドルームも二部屋あります。リビングのソファはベッドになるので、最大6人で泊まれます。

 

 

  
Portofelice_20
内装もさることながら、子供たちが自分たちで家の外に出ても安心な環境は、本当に有難かったです。

 

  
Portofelice_21
ちょうど、同じ通りには、同じ時期に学校休みがあるドイツ人(特にバイエルン州から来ているドイツ人)が多く、子供同士で遊んだりもしていました。

 

 

  
Portofelice_19
夫とは、子供たちが道路に出て適当に隣近所の子と遊んでいた古き良き時代を思い出すね、なんて話ながら、ゆっくり本を読んだり(夫は仕事をしたり)できました。

 

 

  
Portofelice_23
そして、何よりも友達の存在。Nは、徒歩1分で行けるYさんの宿泊先に上がり込んで遊んでいたようです。滞在中は、「Mちゃんと遊びたい」「明日もMちゃんに会える?」が口癖でした。

しばらくの間、休暇中の話が続きます。

 

|

« Erfahrungsfeld 2013 | トップページ | イタリア一日目 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさ~い。首を長~くして待っていました。2週間のキャンプ生活はへとへと~になっていないか心配してましたが、見事に外れました。こんな充実した施設があるんですね~。写真の子供達から実入りの多い体験だったことが分かります。どの顔も嬉々としている・・・でも700㌔のドライブは疲れたでしょ?ゆっくり休んでくださいね。

投稿: papaya | 2013年6月 1日 (土) 10時18分

ハイジさん、
ここすっごく素敵〜!
でも私ペーパーだし、夫は免許とってまだ数年でキャンピングカーなんか運転できないし、ここに行けるかしら、、、。
とりあえずリンクを保存したので、いつか行ってみたいな。
続編期待してます。

投稿: zurigo | 2013年6月 1日 (土) 19時25分

papayaさん、このキャンプサイトには、こういったロッジタイプのアパートだけでなく、バンガローやキャラバンもあるんですよ。テントを持参すれば、さらに安上がり。いつか、テントでのキャンプも子供たちに体験させてあげたいなぁって思っています。(親としては、居心地のよい台所やシャワーが付いているアパートに慣れてしまうと、なかなかテントに戻りたくないという気持ちもあるんですけれどね。。。)
車の移動は、ドイツに来てからというもの、それほど苦ではなくなりました。子供たちも、すっかり慣れて、殆ど愚図らなくなりましたし。アウトバーンはさすがに注意が必要ですが、集中できるので、時間がたつのがアッと言う間だったりします。

投稿: ハイジ | 2013年6月 2日 (日) 08時48分

zurigoさん、でしょ、でしょう?子供たちも自由にのびのびと遊べるし、親もある程度ゆっくり出来るし、一週間がアッと言う間でした。二週間ぐらい平気で居られそうかも。
ドイツはスイスと比べると車重視の社会のように感じます。オランダ人ほどではないかもしれないけれど、キャンピングカーを保有している人もいるし、日帰りでフランクフルトに行ったり、ミュンヘンまでここから車通勤しているご近所さんもいるくらい。スイスだったら、電車の旅が便利だものね。でも、スイスからだと尚更近いし、是非ご主人に頑張ってもらって、いつかイタリアでのキャンプを味わってみてね。
のちほど別件でメールしまーす。

投稿: ハイジ | 2013年6月 2日 (日) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/51854758

この記事へのトラックバック一覧です: Pfingstenの休暇:

« Erfahrungsfeld 2013 | トップページ | イタリア一日目 »