« 芝の手入れ | トップページ | 父の日、母の日 »

子供の日

20130505_1
晴れて汗ばむほどの陽気の中、仲間と一緒に子どもの日をお祝いしました。

 

 

20130505_2
Mさんがあれこれ企画・調整役を買って出て下さり、とても充実したイベントとなりました。
 

邪気祓いのための菖蒲が、武士の時代に「勝負」とつながり、男の子が強く逞しく成長するようにと願う行事となった由来などを聞きました。
 
 
 
20130505_3
鯉のぼりの工作もしましたよ。
 
 
 
20130505_11
黒やピンクの激しい配色で鯉のぼりの色塗りをするL。
 
 
 
20130505_4
その後にはお昼ご飯。ズラリとご馳走が並びました。
 
 
 
 
20130505_7
ピアノが途方もなく上手なYちゃん。食事中に生演奏が聞けるなんて、贅沢~。
 
 
 
20130505_5
 
 
柏餅も作りました。柏餅の葉は、Mさんが日本から調達してくださったもの。配送ですったもんだがあったようですが、それでも、こうして無事に柏のなんともいえない香りを堪能できたことに感謝
 
 
 
20130505_6
 
柏餅作りは3歳以下の子供達にとっては難し過ぎるだろうと、別途、紙の兜作りをすることを考えていたのですが、小さい子供たちも、お姉ちゃんとお兄ちゃんに混じって問題なく参加していました。少し前だったら、Lはこういう輪に入ることさえ拒否していたと思うのですが、よくぞ頑張りました!
 
 
20130505_9
今回は特に年上の子たちが、下の子たちの面倒をみている姿が見られた気がします。そんな光景にも和みました。
 
 
20130505_8
つくづく思うのですが、海外にいると不便なことも多いのですが、日本の行事や文化に子供たちを触れさせよう、そしてまたそういった活動を親も楽しんじゃおう、といった思いを共有しながら、一緒にこういった活動が出来ることを幸せに思います。
 
 
 
20130505_10
Nは全部楽しかったー、とノリノリなところを見せてくれました。Lもこれまでこういったイベントの時には、途中で愚図りだしパパと退散、、、と相成っていましたが、今回はお姉ちゃんたちに構ってもらいながら、最後まで持ちこたえました。これからも元気に成長していってね。
 

|

« 芝の手入れ | トップページ | 父の日、母の日 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

日本在住の私たちよりも日本的な季節の行事を大事にされている様子に、いつも驚きます。
離れているからこそ大事にしようという思いなのでしょうね。

この4月に若い看護師が採用になりました。性格はよく仕事も出来そう、ず~ッといて私の後継者になってほしいと期待します。
でも、問題はカナダ帰りなのです。お年頃、向こうに彼はいないの?と探りを入れました。実はいるのですと彼女…。でも自分は一人娘、カナダに行ってしまったら一人で自分を育ててくれた母がどうなるか、すごく悩んでいるといいます。

国際結婚はいろいろ大変だよ~と、事実無根の脅しをかけて寿退社を阻止しようとたくらむ悪~い先輩です。
ハイジさんのブログを読ませていただくと、大変さよりも楽しさいっぱいに見えるのですけどね、あはは

投稿: すーさん | 2013年5月13日 (月) 15時45分

すーさん、いつもすーさんの達筆でユーモラスな文才には感嘆したり、楽しい気分にさせてもらったりしています。
国際結婚は、確かに色々と大変です。(まんざら脅しではないと思います。)なんせ、言葉も文化も違う二人が一緒に暮らすのですからねぇ。私たちも最初の頃は問題だらけでした。結婚一年目はカウンセリングも受け、私は日本の「察する・気がつく・配慮する」文化が夫には通用せず、どんな事でも言葉にしなくてはならないことを学び、夫は「相槌」をうつことを覚えました。今では、雨降って地固まった、、、なんて言えるかもしれませんが、夫の忍耐力でここまで持ちこたえたのでしょう。
ちなみに、国際結婚の友達を見ていると、奥さんの出身地で暮らす場合の方が、上手くいくような気もしないでもありません。どうせなら、カナダ人のBFを呼び寄せちゃう方法もありますね。すーさんの後継者育てがうまくいきますように。

投稿: ハイジ | 2013年5月18日 (土) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/51602342

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の日:

« 芝の手入れ | トップページ | 父の日、母の日 »