« ファーストバースデー | トップページ | 真夏日 »

ザルツブルク近郊

1
もう少しお天道様の機嫌が良い時に、ぜひまた訪れたいです。

 

 

Salzburg_1

ザルツブルク滞在中、一日だけカ~ッと晴れてくれた日がありました。
折しも同じ時期に旅行中の友達家族としめしあわせて、ザルツブルクの動物園で落ち合うことに。

 

 

Salzburg_2

市内からも車で20分ほどのヘルブルンという場所にありますが、待ち合わせまでの時間、ヘルブルン宮殿をささっと見学。仕掛けありの噴水ショーが面白いらしいのですが、時間も着替えも無いので、スキップ。

 

 

Salzburg_3
サウンド・オブ・ミュージックのダンスシーンに登場したパビリオンも見ました。「I am sixteen,,,,♪」と蘇ってきます。

 

 

Salzburg_4
そうこうしているうちに、友達家族も到着し、一緒にマロニエのトンネルを歩いて、いざ動物園へ。

 

 

Salzburg_7
ザルツブルク動物園は、欧州によくある、自然と調和された動物園です。規模はニュルンベルクのと比べるとこじんまりとしていて、順路もわかりやすく、散歩にもお手頃でした。

 

 

 

Salzburg_18
途中、こんな所でひっかかったり、

 

 

Salzburg_6
カメになったりしながら。

 

 

 

Salzburg_9
観光らしき観光はまだ苦手なうちの子供たち。この日は思いっきり体を動かせて良かったね。

 

 

Salzburg_10
別の日には、オーストリアとの国境沿いにあるバイエルン州のベルヒテスガーデンを訪れました。ドイツアルプスの魅力が凝縮された土地です。

 

 

Salzburg_11

まずは、ヒトラーが50歳の誕生日プレゼントとして山頂に建てさせた山荘、ケールシュタインハウス(英語では、Eagle's Nest)へ。

 

 

Salzburg_12
山頂までは、麓から途中まで崖の多い道を専用バスで進み、その後、127mのトンネルをくぐり、大きな黄金色のエレベーターに乗り換えます。

 

 

Salzburg_13
山頂は、雲に包まれ、雪がたっぷりと残っていました。晴れていれば、素晴らしいパノラマが望めたはずなのですが。

 

 

Salzburg_14
気を取り直して、岩塩坑ツアーに参加。この地域は、昔から岩塩の採掘でも有名です。まずは貸与された作業服を上に着ます。Lもいっちょまえに坑夫姿。

 

 

Salzzeitreise
そして、トロッコに乗車し、細くて暗い坑道を走ります。その後は、勾配のある木製の滑り台に家族一緒にまたがり、暗い地底へと滑り降りていくのです。これがなかなかのスリル感。NもLも大喜びでした。

塩の採掘方法などの説明(日本語のオーディオあり)があったり、地底湖での光と音楽のミニスペクタクルショーがあったりと、なかなか楽しめるツアーでした。

 

 

Salzburg_15
その後は、切り立った美しい山々と澄んだ湖水で有名なケーニッヒ湖一目見ておこうと、立ち寄ります。でも、あいにくの霧。夫は、以前、セグウェイで周辺を回ったそうですが、風向明媚な景色とセグウェイの浮遊感に大満足だったそうです。

 

 

Salzburg_16
それにしても滞在中は冷たい雨がよく降りました。数時間置きにカフェやレストランに入って、休憩をしたものです。シュニッツェル、確実に食べ過ぎた。。。

 

 

Salzburg_17
夜は早々と貸しアパートに戻って、UNOをしたりしてまったりと過ごしました。Lはニュルンベルクに戻ってきてからも何度かホテルに行きたい!と行っていますが、終始家族がくっついて過ごせる時間が良かったのでしょうね。

休暇の話もこれでおしまい。当面は通常運行、頑張ります。

|

« ファーストバースデー | トップページ | 真夏日 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

シュニッツェルとビール美味しそう!
私達家族もそろそろ遠出したいと思いながら・・なかなか国内から出れません。
今年国立博物館の改修工事が終わったと聞きとてもオランダに行きたかったのですが、幼稚園年中さんになる来年6月頃にすることにしました。
ヨーロッパは陸続きで本当に羨ましい。
家族の誰よりも遠出が待ちきれないのですが、今年はとりあえず慣れない幼稚園行事やまだ経験したことのないサーカスや果物狩りを計画しています。
保育園と違って幼稚園は夏休みがあるので毎日どうなることやら(笑)
癇癪は一時ほど見られなくなってきました。
次は何時期がやって来るのかな?(笑)

投稿: YELLOW | 2013年6月18日 (火) 04時33分

YELLOWさん、まもなく夏休み。サーカスや果物狩り、Y君は喜ばれることでしょうね。小さい子供にとって遠出することや観光することは、あまり魅力的ではないのかもしれません。それこそ、釣り堀やヘリコプターなど、自ら体験できることが印象深いのかもしれませんね。

癇癪もおさまりつつあるそうで、ホッとされていることかと思います。我が家は、Lがまだ真っ盛り。朝起きて、着替えをするところから、「ヤダー!」が始まり、「朝ごはん、いらなーい!」「(チェリーの種は)食べれるもん!」「違う!」「幼稚園、行きたくなーい!」と次から次へと駄々こねします。普段は忍耐強い夫まで根をあげている状況です。もしかしてフラストレーションがたまっているのかな。。。Lは今だに幼稚園に行きたがらないことも気になってはいますが、8月に予定されている引っ越しも原因になっているのかもしれません。もうちょっとケアしてあげる必要がありそうです。

子供って波もありますからね。また何かの時期がやってくるかもしれないので、今の穏やかな時期を楽しまれて下さいね!

投稿: ハイジ | 2013年6月18日 (火) 23時15分

旅行記、楽しく拝読させてもらいました♡
友達家族と一緒だと、楽しさも倍増でしょうね。
来年、長男が修学旅行でロンドンに行きます。スイス・フランスしか行ったことがないわたしとしては、ロンドンいいな~と思ってしまいます。ヨーロッパはやぱりどこも素敵。あ~わたしもヨーロッパ行きたいです(笑)

投稿: mihoko | 2013年6月26日 (水) 01時47分

mihokoさん、修学旅行でロンドンとは、時代が違いますね~。私の時は、中学の時は秋田県のわらび座でソーラン節を踊り(シブ過ぎ)、高校の時は京都・奈良で観光およびテーブルマナー(?!)を学びました。
ロンドンは都会ですよね~。夫と二人で一回だけ行ったことがありますが、ミュージカルを観て、パブに入り、ビクトリア調の友人宅に泊まり、良い思い出があります。楽しまれるといいですね。

投稿: ハイジ | 2013年7月 1日 (月) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/51980825

この記事へのトラックバック一覧です: ザルツブルク近郊:

« ファーストバースデー | トップページ | 真夏日 »