出産記録

20091126_nl

 

 

 

 

 

 

 

 

すっかり育児に追われる毎日。特に何をしたという訳ではないのに、日々、飛ぶように過ぎていきます。夜も、3時間置きに起こされるので、どうしても寝不足。。。頭がボーっとしていて、PCに向かうことさえやっとの日も。昨晩は、どうしてもまとまった睡眠が欲しくて、夫にナイトシフトを依頼。夫は粉ミルクと格闘していたようですが、おかげで今日の私は幾分すっきり。今のうちに、出産当日の流れ、それから感じたことを備忘録として記しておきます。

08:30 検診。(子宮口がすでに開いているので、当日入院することに。
     これまで初老(?)の先生に診てもらってきましたが、まさか当の本人が
     メスを握るとは思えなかったので、手術は腕のいい先生にお願いしようと
     手術担当の先生が誰になるのか尋ねたところ、本人が担当するとのこと。 
     心の中で唖然。)
09:30 いったん自宅に戻り荷造り。(この頃には心を決めたのか、家族・親しい友人への
     連絡、両親とSkype、洗濯、夫と娘にお昼ご飯の準備とまめまめしく動き回る。
     ちなみに、私は飲食禁止。)
12:00 病院到着。入院。
12:30 諸々の手続き。(必要書類に記入したり、まだ決まっていなかったミドルネームを
     考えた後、家族3人そろって昼寝。モニターをつけ、赤ちゃんの心拍など確認。)
17:00 手術準備開始。(Nは研修生の方に、預かってもらう。夫は立会い。)
17:20 手術開始。
18:01 誕生!
18:30 手術室を出て別室に移動。
19:30 麻酔が切れる頃なのか、痛みが強くなる→痛みどめを打ってもらう。
20:00 我が子との対面。(初乳与える。)
21:00 軽食。(パン、ビスケット、ヨーグルト、フェンネルのお茶)
22:00 病室に移動。(点滴、尿管はつけたままだが、この日から母子同室。)

 

200911_wartezimmer  

 

 

 

 

 

 

 

突然決まった手術ではあったものの、医師に信頼をおいていたのと、助産婦さんや麻酔などその他の担当医がそれぞれ丁寧に説明してくれたので、安心して手術にのぞめました。実際、スイスの医療技術水準の高さなのか、麻酔の種類なのか、医師の腕なのか、痛みも少なかったです。Nのときは、手術直後は痛みが酷く、リクライニングのベッドの傾斜を変えるだけでも痛みが走ったものでした。今回は、当日から母子同室を申し出る元気さえ残っていて、翌日には立って、少しずつ歩けるようにもなりました。

手術は硬膜外麻酔。よって、胸から下は麻酔がきいていて感覚が全くありませんが、意識はハッキリしているので、Lが生まれた瞬間の産声もしっかりと聞くことが出来ましたし、枕元で立ち会っていた夫とともに、少しの間、Lを抱っこすることも出来ました。Nのときともそうでしたが、この時ばかりは自然と涙が出て胸が熱くなりました。小さくともよくぞ頑張って生まれてきてくれたという感激と、この子がずっとお腹にいたんだなぁという感慨深さ。わが子に対する愛おしさでいっぱいになりました。

 

200911_wochenbett

 

 

 

 

 

 

 

  

授乳に関しては、Lとの愛称は良いようです。Nのときは、授乳の途中でNが寝てしまったり、乳首を口に持っていっても、のけぞって手足をばたつかせたり、一苦労。私自身も母乳だけで足りているのか心配で、ミルクを足したり、痣が出来るほど搾乳したりと、母乳育児が起動に乗るまで3ヶ月はかかりましたっけ。。。対して、小柄で弱々しく見えたLですが、頑張って大きくなろうとしているのかな、、、とてもよく飲みます。黄疸が酷かったときは若干飲む量が減ったものの、今ではすっかりよい飲みっぷり。

 

200911_stillen

 

 

 

 

 

 

 

 

順調な母乳育児ですが、産後4日目には、おっぱいが張ってしまって助産婦さんに手を借りることになりました。授乳後に、PastaboliやQuark(フレッシュチーズの一種)を塗ってクールオフするそうです。入院中は、Pastaboliを貼ってもらいましたが、これ、独特のにおいがする湿布のようなもので、ひんやりと気持ちがいい上、炎症をおさえる効果もあるそうです。日本では、ジャガイモ湿布などが使われますが、所変わればですね。

 

200911_essen_3

 

 

 

 

 

さて、食事編です。日本で帝王切開の手術をしたときは、24時間以上食べ物・飲み物を口にすることが出来ず、ようやく食事にありつけると思ったら、10倍粥、5倍粥とおかゆから段階的にスタート。これが、結構、ひもじかったんですよね。。。スイスでは、手術3時間後には、パンやヨーグルトを口にすることが出来ました。その後も、朝・昼・おやつ・夜、とボリュームある食事が続きました。決してスイスの病院の食事が美味しい訳ではありませんが(失礼!)、私の場合、高カロリーの食事は体力の回復に役立ったようです。

 

200911_zimmer

 

 

 

 

 

 

 

 

病室です。広さもあり、シンプルながら、機能的。

 

200911_badezimmer

 

 

 

 

 

 

      

  

シャワー・トイレ。

 

200911_wickeltisch

 

 

 

 

 

 

 

 

室内には、オムツ替えの台もあります。これが結構便利。かがんだり、しゃがんだりする動作が傷にひびくので、立ったままオムツ交換が出来るのは有難かったです。その他、台の上には、オムツの他、Octenisept(おへそ用消毒液)、Milchzucker(粉末タイプの乳糖。消毒液を乾かすため。)、体温計なども完備されています。

 

200911_aussicht

 

 

 

 

 

 

 

 

病室からの眺め。うっすら明るくなりはじめる7時頃、この景色を眺めながら、赤ちゃん誕生の嬉しさをかみしめていたものです。

赤ちゃんの沐浴指導も一回受けました。お湯の温度は37℃で石鹸やシャンプーはいっさい使わず、ガーゼでささっとなでておしまい。上がり湯も無し。水が硬水意で皮膚が乾燥しやすいのと、西洋の赤ちゃんの皮膚の違いといった理由もあるのかな。皮膚が乾燥している場合は、オリーブ油をたらして入れるとよいそうです。それにしても、ものの3分程度の簡単沐浴、まさにカラスの行水です。そして、沐浴は毎日ではなく、週に1~2回程度でよいというから驚きです。今、家では、折り合いをつけて(?)二日にいっぺんの沐浴です。

 

200911_zeichnung

 

 

 

 

 

 

 

 

ドタバタ出産でしたが、Lが元気に生まれてきてくれたことと、私自身の回復も早かったことを改めて嬉しく思うとともに、産後も家族や友達、病院の方々たくさんの人に支えてもらえたことに感謝して。

 

20091203_l

 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

33週妊婦検診

20091026_ultraschau_2前回の検診から4週間ちょっと経ちました。はやいものです。

今回の検診は、体重測定、血圧測定、尿チェック、超音波、子宮底測定、問診といった内容。一番嬉しかったのは、超音波を通して赤ちゃんの様子を見れたこと。皮下脂肪が増えて、ふっくらとした赤ちゃんらしい体つきになっていました。

34週の胎児といえば、内臓器官や肺の機能などもほぼ完成し、お乳を吸う力も備わり、たとえ早産で生まれても、成熟児と変わらずに育つことができるようになるとのこと。あとは、出産までの間、母体から胎盤を通して病気に対する免疫を吸収し、抵抗力をつけていくそうです。ですから、早くベビに会いたい逸る気持ちは抑えて、もうちょっとお腹の中に居てもらうことにしましょう。

Nのときは頭が上になる逆子の姿勢(骨盤位)でしたが、今回は正常位。子宮いっぱいに大きくなったので、今後、逆子になる可能性は低いとのことでした。ただ、胎児の大きさ+骨盤の大きさなどを鑑み、前回同様、帝王切開で産むことになりそうです。

私の状態といえば、お腹の張りが増えたこと、足の付け根が時折痛むこと、胃が圧迫されて食欲が落ちたこと、息切れしやすいこと、などです。赤ちゃんの胎動も激しくなり、服の上からでもお腹が変形するのが分かるほど。靴下を履くのも一苦労、落ちた物を拾うのにも「よいしょ」と掛け声が必要。精神面では、色々やりたくてエネルギーに満ち溢れている日と、家でただぐーたらしていたい日と、波があるようです。

20091026_spital_3Nは、「ママのお腹大っきいねぇ。もう産まれてきてもいいのにね。」と言いながら、弟の誕生を楽しみにしている様子。名前も勝手に決めたそうです。「キュプシーって言う名前にした。『きゅうり』の『きゅ』と一緒。ハハハー。」と相変わらず意味不明なことを言って笑っています。世話好きなNは良いお姉ちゃんになりそうな反面、赤ちゃん返りの兆候もあり、就寝前や、新しい場所に来た時は、私の耳たぶをよく触ったり舐めたりします。おっぱいの代用らしいのですが、どうなのでしょう。。。
赤ちゃんがやってくることは、上の子にとっては、親が想像する以上に衝撃的な出来事だと聞きましたが、上の子は甘えっ子になるのも当然だと思って覚悟をし、期待も先入観も抱かずに、あるがままを受け入れることの出来る母になりたいです。 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

29週妊婦検診

20090926_spital

 

 

 

 

 

 

 

  

 

29週の妊婦検診。
超音波も無く、体重・血圧測定、触診、ドップラーだけで、20分以内にあっけなく終了。
母子手帳といった記録も無いし、持ち帰るものといったら、Nが待合室でぬった絵だけ。
赤ちゃんの心音が元気よく診察室に響いていたのが、せめてもの満足です。

それにしても、自分のお腹を見ると、異様に大きくて唖然とします。
ひょうたん?バーバパパ?はたまた、くまのプーさんを彷彿させる体つき。
でも、なんだか愛嬌があって、自分のことながら笑ってしまいます。

ポンポコリンのお腹になってから、Nはまだ見ぬ赤ちゃんを一段と意識し始めました。
私が小走りをすると、「赤ちゃんがビックリしちゃうよ。」と咎められます。
また、ちょくちょく私のお腹を触っては、「あ、今動いたー。」と嬉しそうにしたり、
お腹に口をくっつけて話しかけた後、「赤ちゃんは何て言った?」と反応を気にしたり。

私自身は、息切れ状態になることが多く、夕方からはドッと疲れが出ます。
夜は夜で、胎動が激しく眠れなかったり、トイレに起きたりと、
熟睡することが難しくなりました。

これまではどちらかというと思い立ったら即行動!を信条としていましたが、
今はスローダウンするようにとの体からのSOSを優先しています。
「本当に今やらねばならないことだろうか?」と一度自分に問うようにして、
自分の欲望や都合といったものをどんどん削って、ぐうたらなシンプルな生活を
送っています。(勿論、3歳児の娘がいるので、完全なるぐうたらは不可能ですが。。。)
無理をしないことを第一に、Nと一緒に昼寝をし、疲れたら横になるといったレベルで。

赤ちゃんが生まれたら、それこそ自分の都合は二の次となり、寝れる時に寝て、
食べれる時に食べて、といった生活がはじまりますからね。
自然に帰るというか、本能に従いながら、出産前からこうやって赤ちゃんとの
生活ペースに馴染んでいく過程は、案外、楽しいもの。
「命を授かることは、赤ちゃんとの一体感を楽しむ」とどこかで聞きましたが、
まったくその通りだな~と思います。

秋晴れに誘われ、気が付けば、4日連続で公園遊び。
芝生でゴロンとし 、気が向くままに娘の写真を撮っているのが今週の私。

20090930_park2_3

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

25週妊婦検診

20090831_baby1_425週の妊婦検診。尿検査、血圧測定、心拍確認、問診。すべて順調です。体重は9kg増とスゴイことになっていますが、日本のように注意されることはありません。 腹囲と子宮底長は測定するものの、聞かない限り教えてもらえません。数字など細かいことや、平均より小さいだの大きいだのを気にせずに、リラックスすること!が大事なのでしょう。超音波が無いので残念だと思っていたのですが、次回4週後の検診では4D超音波(動画)を撮ってもらいたい旨を伝えたところ、その場で撮ってくれることに。 ふっくらとして、より赤ちゃんらしくなっていました。やはり兄弟、お腹にいたときのNと似ています。

最近は、体の不調といえば体が重たいこと、階段の上り下りで息切れがするぐらいで、幸い、腰痛や静脈瘤、恥骨の痛みなどからはまだ免れています。睡眠に関しても、就寝前の水分摂取を控えめにして、大きめの枕を2つ駆使しながら、大抵夜通し眠れています。

翌日は、同病院で行われた出産説明会に参加してきました。1ヶ月に1回、夜19:30から行われるのですが、殆どが夫婦同伴。30組ほどの参加。2時間の説明会のはずが、初産の人達は熱心に質問を続けるので、終わったのは22時をオーバーしていました。会陰切開などについて、なかなか大胆に、はっきりと質問するんですねー。私は一人で参加しましたが、経産婦ということで、すずしい表情(?)。周りのういういしい人達から新鮮な刺激をもらって帰途につきました。

胎動は激しさを増しています。以前はおヘソより下の方で胎動を感じていたのですが、今は胎盤も上がってきたおかげか、右脇腹辺りでポコポコと感じることが多くなりました。キッチンでお料理しているときなどでも、しっかり感じます。同時に二箇所でポコポコと感じたりもしますが、赤ちゃんが回転?伸びでもしているのかな?8ヶ月目は、一番胎動が激しくなる時期らしいですので、どうなることやら。。。。

性別に関しては、前回の健診で男の子だと判明したので、夫と名前を検討中。でも今回は、夫も主張があるようで、私が提案する名前にはなかなか首を振ってくれません。日本では画数などを気にしますが、こちらでは、名前の由来・意味が重要なんですね。Babynames.comや友達から教えてもらった「さらに怪しい人名事典」 などを、暇を見つけては物色中です。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

一安心

22週の妊婦検診。
これまでの検診と言えば、毎回不安な面持ちで病院に足を運んでいましたが、
今回ばかりは、胎動もしっかり感じていたし、出血も全く無く体の調子も良かったので、
(エコーを通して)赤ちゃんに会える!という嬉しい期待と確固たる自信のもと、
病院に向かいました。

約20分間、超音波で頭の大きさ、身長、推定体重、心臓の動き、指の骨、
などなど綿密に検査をしましたが、すべての点において成長具合は妊娠数週に
沿っているということで、”Alles in Ordnung(すべて順調)"と太鼓判を押されました。
位置が低いと言われ続けてきた胎盤も改善が見られ、胸をなでおろしています。

赤ちゃんはよーく動いていました。
この時期の赤ちゃんは20分間隔で寝たり起きたりを繰り返しているそうですが、
ちょうど起きている時間帯だったのでしょう。
動き回るベビーを捉えるのは難しく、なんとか撮ってもらったエコー写真を
Nに見せたら、「どこがしっぽなの?」というリアクション。

検診を終えて痛感していることですが、お腹の赤ちゃんも私もこうして
元気でいられるのは、家族や友達のおかげです。
特に、何度もチューリッヒから足を運んでくれた義父や、日本から大変な思いをして
駆けつけてくれて、一ヶ月ちょっとの間、支えてくれた私の母のおかげ。
美味しい栄養たっぷりの食事から得られる安心感・エネルギーは計り知れないですね。
もちろん、食事や、Nのお世話といった肉体的なヘルプだけでなく、体調が悪く、
精神的にも不安定だった時期に一緒に居てもらえたことは、本当にありがたい限り。
留守を守ってくれた父にも声を大にしてありがとうと言いたいです。

経過が順調ということで、私の母は、滞在日程を早めて今週日本に戻ります。

色々あっても親子。
過去は戻せませんが、これからお互いの歩み寄りが大事なのかなと。
私は、まずは、今の感謝の気持ちを忘れず、良いことに目を向けていこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

妊娠事情 日本とスイスの違い

20090617_spital_zimmer

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイスでは初めての妊娠・出産になりますが、日本との違いを、妊娠17週までに気が付いた範囲で、備忘録として少し書き留めておこうと思います。

★検診と出産の場所が違う。(日本では、通常、診察から出産まで同じ病院に通うことになりますが、こちらでは、診察は個人の産婦人科医にて、出産は総合病院でするのが一般的。ただ、私の場合、出血などの問題を抱えていた為、すでに総合病院での検診に変更。)
★夫と一緒に診療を受けられる。(周りでも、夫婦揃って診察を受けているカップルが多い。)
★行きつけの総合病院では、先生が毎回違う。(希望する先生がいる場合、予約の時点でその先生の診察日を選ぶようにすることは出来る。)
★妊婦用栄養剤を摂るように言われる。(妊娠前から初期にかけてはElevit、現在はGynefamという葉酸なども含む総合妊婦用サプリメントを服用。加えて、私の場合、お腹の張りを和らげるためのマグネシウム、血液検査の結果から足りないと判明したカリウムも処方される。)
★体重・腹囲の管理がアバウト(体重は一応病院で測定するものの、既に5Kg増でも一切注意無し。自己管理あるのみ、触診も今のところ無し。)
★先天性疾患の検査には熱心。(希望者だけじゃなく、普通の検査の一環として行う傾向。)
★エコーは初期と安定期と出産前に3回ぐらい行うのが一般的。(だた、私の場合は、低置胎盤ということで、臨時診察が多かったため、エコーは妊娠4ヶ月の間に10回ほど。やはり、毎回赤ちゃんの姿を確認出来るのは嬉しい。今後もしばらくは二週間に一回のペースで経過を見守る予定。)
★生ハムや肉などを良く食べる習慣がある欧州では、生ハムや加熱処理の不十分なお肉だけでなく、生チーズやカビ系のチーズなどもトキソプラズマ(原虫の一種)の恐れがるので、避けるように注意される。生野菜も良く洗うようにとのこと。お寿司もNGらしい。
★60%が無痛分娩。SwissInfoによると、帝王切開も年々増えており、2全出産のうち約30%が帝王切開。

 

20090617_spital_essen1    

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、妊娠15週で入院した時の病院食はこちらです。最初の夕食は、鶏肉のクリーム煮に、伸びきったパスタとクタクタのほうれん草煮の付け合せ。

 

20090617_spital_essen2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリーム煮はヘビーだったので、次ぎの日は、「軽い食事」を選んだのですが、出てきたのがこちらのチーズプレートでした。茹でジャガイモもてんこ盛り。いやはや、、、ボリュームが違います。そうそう、コーヒーがデフォルトで付いてきたのには意外。

 

20060601_dinner_at_sanno1

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに、Nを出産した山王病院の食事はこちら。和食か洋食を選ぶことが出来ました。比べちゃいけませんね。。。ホテルと見まごう綺麗な施設に、サービスも至れり尽くせりで、入院期間を延ばしたかった程でした。

 

20090622_spital_with_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイスでも暑さが続いていますが、なかなか出歩くのも億劫になってきました。私のお腹は、母の作るお料理のおかげもあってか、日増しに大きくなっているようです。周りの友達にも「目立つね」「大きいね」「さすが二人目」などと言われています。5ヶ月に入る前からすでに普通のズボンはアウト。マタニティ仕様のズボンに切り替え済みです。でも、なんだか、大きなお腹が愛おしい今日この頃。
"Golden Trimester"を穏やかに迎えられるのも、何よりも母のおかげ。それから、周りに妊婦友達が多いことにも勇気づけられています。秋から出産ラッシュ。賑やかになりそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)