バブルバスラブ

Farfalla
スイス製のオーガニックコスメのご紹介。

 

続きを読む "バブルバスラブ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

おうちでフェイシャル

20090425_lesnaturelles2 毎日使う化粧品。これまでは馴れ親しんだ化粧品を日本から送ってもらったり、里帰り中にドサッとまとめ買いをしていました。でも、いつまでもそういう訳にもいきませんからね。スイスで買える化粧品で肌に合うものが見つかればと思って、あれこれ試している最中だったりします。

今回出合ったのが、Les Naturelles。動物性由来成分を一切配合しない、自然を取り込むという発想から開発された化粧品です。1978年の創立以来、ヨーロッパの厳しい基準(GMPやIFRA)をクリアしたコスメ。店頭販売は行っておらず、人件費の高いスイスで、紹介による訪問販売という、強気の姿勢。

フェイシャル自体は、日本のきめ細やかなエステと比べてはいけませんが、自宅で子供を時折りあやしながらトリートメントを受けられるなんて、ある意味、贅沢なのかもしれません。まずは顔の水分量を測り、カウンセリングをしながら進められます。

結局、(上手く乗せられてしまい?)ふき取り専用のクレンジング、化粧水、クレイパックを買うことに。硬水で空気が乾燥したヨーロッパでは、クレンジングはふき取るタイプが主流です。「朝の洗顔は必要は無い、化粧水で拭き取るだけで良い」と諭されてしまいました。本当はパチャパチャ洗ってさっぱりしたいところだけれど。。。そういえば、あの年齢不詳の黒木瞳も洗わない洗顔を実践しているのでしたっけ。やはり洗顔をすることのデメリットって大きいのかな。。。ぶつぶつ。。。

セールスの方は22年前にペルーからスイスにやってきたそうです。ミニスカートを履き、大ぶりのピアスを揺らしながら、「今日はお料理しない日なの。」などとさらっと言いのける彼女。そんな自由な雰囲気の、彼女の身の上話などまで聞けて、とても楽しい2時間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初のエステ

20080816_facialなにやら怪しげな雰囲気の写真ですが、スイスで初めてエステ行ってきました。エステに行く時間があるなら、ジョギングしたいと思う方ですが、トレンドセッター的なアメリカ人の友達のレコメンドがあったのと、夫に背中を押されたこともあって。(それほど、酷い有り様だったのかしら?!)

結論から言うと、2時間240Frは高いなぁ、ということ。1時間のマッサージと1時間のフレイシャルコースを選択したのですが、マッサージに関しては、全身をやってもらったものの、イマイチ。。。肘を多用していたようですが、指先でツボをゴリゴリ、という指圧タイプが個人的には好きなので。新橋の足裏マッサージが懐かしくなりました。

20080816_massage1 フェイシャルは、超音波を使い、毛穴ケアもしてもらいましたが、どうもピリピリして、落ち着きません。タオルも日本のように、ハーブの香る蒸しタオルを多用するのではなく、同じタオルを都度、洗面器で洗ってました。。。そして、顔の拭き方やマッサージも、かなり大胆というか大雑把。途中、ひぇ~、そんなにゴシゴシしたら皺になるぅ、なんて思ったのですが、自信に満ち溢れている担当の方に、ドイツ語で指摘するのも面倒になり、ぐっと飲み込んじゃいました。

リラックスのために行ったエステでしたが、なんだか、緊張してしまったような。とは言え、自分のための時間を持つということは、贅沢ですものね。夫の善意に感謝することにしましょう。ちなみに、今回初めて「美容・コスメ」のカテゴリーなんて付けてしまいましたが、おそらく最初で最後になる予感。

| | コメント (4) | トラックバック (0)